ローディング中

Loading...

子ども用の甘口カレーではなく、大人の舌に合わせた辛口カレーが食べたい!カレーを辛くする方法、ご存じですか?今回は、甘口カレーを辛くするのに役立つスパイスをたくさんご紹介します。また、辛口カレーレシピもぜひ参考にしてください!

カレーを辛くしたい!

大人も子供も大好きなカレーは、すっかり日本人の国民食ですよね。ご家庭によっては、月に何度か食卓に上ることもあるのではないでしょうか。

そんなカレーですが、家族が数人いる場合、辛さの好みは同じでしょうか?夫婦間でも好みが違うことは当然ありますよね。子供が食べるカレーはもちろん甘口ですが、大人は辛口を食べたいということもあります。

そういった状況でカレーを作る場合は、夫婦のどちらかが我慢するか、大人が我慢することになるのではないでしょうか。あるいは、辛さの違うカレーを2種類作られる方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、2種類作るとなると鍋は2つになるし、大量に作りすぎることにもなりえます。そんな時は、自分用のカレーだけを辛くできれば一番いいと思いませんか?そこで今回は、甘いカレーを辛くするスパイスをたくさんご紹介します。激辛すぎて注意が必要なスパイスもありますよ!

カレーを辛くするスパイス

一味唐辛子

手軽に確実に辛くしたい場合は、自宅にある一味唐辛子を食べる直前にカレーに振りかけることをおすすめします。

カレーの辛さとは少し違う辛さになるような気がしますね。しかし、カレールウを生産販売しているあるメーカーでは、カレーの辛さは、唐辛子の辛み成分カプサイシンと、こしょうの辛み成分ピペリンの量で決めているようです。この2つの成分で甘口・中辛・辛口が決まっているのです。

つまり、一味唐辛子を使うことは理にかなっているようですね。

コショウ

先ほどお伝えしたように、コショウの辛味成分のピペリンもカレーの辛さを決めるのに使われています。

コショウには、白コショウ、ブラックペッパー、グリーンペッパー、ピンクペッパーなどの種類がありますが、ご家庭に必ずある白コショウであれば、手軽にカレーにかけられますよね。また、ブラックペッパーは牛肉料理に合うコショウですから、ビーフカレーにかけるとよりおいしく食べられますよ。

鷹の爪

鷹の爪を使う場合は、食べる直前にかけるだけというわけにはいきません。ただ、カレールウが甘口しかないけれど辛くしたい、子供用のカレーとは鍋を分けて作るという場合には、有効です。

使用方法は、カレーを作る際の一番最初の工程の、肉や野菜を油で炒める前に、輪切りにした鷹の爪を油で炒めてから調理にかかるといいでしょう。または、具材を煮込む時に種を抜いた鷹の爪を2~3本入れて一緒に煮込む方法もあります。食べた瞬間より、後からくる辛さになり、次の日になるとさらに辛さが増すようです。

ラー油

ラー油とは唐辛子などの香辛料を植物油の中で加熱して辛味成分を抽出した調味料です。ラー油をカレーにかけると、カレーの味とは少し変わってしまいますが、独特の辛さが加わり、好んでラー油をかけるという方もいるようです。ぜひ一度、試してみてくださいね。

ガラムマサラ

ガラムマサラは、複数のスパイスをミックスした、インド生まれのミックススパイスです。
基本はシナモン・クローブ・ナツメグの3種類を使い合わせたもので、香りを引き立てるための香辛料です。基本の3種類の他には、カルダモン、ペッパー、クミンなど配合に決まりはなく、商品によって辛いもの、辛くないものと様々です。

カレーを辛くするために選ぶ場合は、商品成分をしっかりと確認して、辛味成分が入っているものを選びましょう。辛さだけではなく、カレー独特の香りが増すため、カレーにぴったりですね。

使用方法は香りと辛味がなくならないように、火を止める直前に加えて混ぜ、必要なら蓋をしてしばらく蒸らしましょう

カイエンペッパー

スパイス売り場には様々な種類のスパイスが並んでいます。中には、名前は聞くけれど、内容がよく分からないものもありますよね。カイエンペッパーもその1つではないでしょうか。

簡単にご紹介すると、カイエンペッパー=カイエンヌペッパー=チリペッパー=唐辛子です。

唐辛子の原産は熱帯アメリカです。そこから世界中に広まり、品種改良され、パプリカの様に甘みのあるものからハバネロのように激辛なものまで、形や大きさ、辛さが違う様々な種類のものが生産されるようになりました。

こうして広まっていくうちに、それぞれの地域で地名や形などを表す名前が付けられてきたため、唐辛子の呼び名は同じものでも呼び名が違うことがあり、分かりにくいのです。確かに、唐辛子と呼ぶよりも、カイエンペッパーと呼ぶ方がかっこいい感じはしますね。

カイエンペッパーは、特定の栽培品種や学名上の種の分類を指す名称ではなく、赤く長細く粉末状のスパイスに適した辛味と風味を持つ品種全てを総称して、そのように呼ばれています。粉末状のものだけをカイエンペッパーと呼ぶと勘違いされがちですが、実際は粉末化されていないものでもカイエンペッパーと呼ばれているのです。

日本で販売されているカイエンペッパーは、粉末状のものがほとんどです。使い方は一味唐辛子と同じく、食べる直前にお好みの量を振りかけましょう

カレーを激辛にするスパイス2つ

カレーを辛くする方法はたくさんありましたね。しかし、世の中にはカレーをさらに辛くするスパイスがあるのです。次に、危険なほどに激辛なスパイスをご紹介しましょう。

デスソース

デスソースの起源は、1990年代です。レストランでバーテンダーをしていたブレア・ラザーさんが閉店時間になっても帰らない客に、激辛ソースを塗りたくったチキンウィングをだし、「完食できれば店に残って遊んでもよい」というゲームを持ちかけたことのようです。

これが噂になり、完食チャレンジのために店を訪れる客が続出。ブレア氏は、さらに辛いソースを作り、「これを完食したらチキンは無料」というチャレンジ企画を始めました。この激辛ソースは商売になると考えたブレア氏は、ソース工場を設立。限定版として発売された『ブレア氏の午前2時』は即完売するほどの人気でした。その後、量産品が欲しいという激辛ファンの要望に応え『デスソース』が発売されました。

デスソースは、半固体状のどろっとした状態で、トウガラシの種が浮かんでいます。ビネガーの酸味がありますが、タバスコと比べると、デスソースはトウガラシの含有量が多いせいか生っぽい味がするようです。

現在では、辛さの異なるデスソースがいくつも販売されています。日本では『サドンデスジョロキア』、『アフターデスジョロキア』、『サルサデスソース』、『オリジナルデスソース』の4種類が正規に輸入されており、この中でも、『アフターデス(死後)ソース』と『サドンデス(突然死)ソース』がとても辛いです。特に『サドンデスソース』は1滴でも、とてつもない辛さなので十分に注意してください。

ジョロキアパウダー

激辛な唐辛子といえばハバネロが有名ですが、このハバネロの2倍くらいの辛味成分が含まれている唐辛子があることをご存知ですか?それが、ジョロキアです。ジョロキアは、なんとギネスブックから「世界一辛いトウガラシ」と認定されているのです。

このジョロキアを粉末にしたのが、ジョロキアパウダーです。唐辛子の粉末だけですから、激辛調味料のような作られた辛さではなく、純粋な唐辛子の爆発的な辛さのようです。1舐めしただけで、口の中がチクチクと刺されるような、痛辛いシャープな辛さ。激辛好きの方であれば、きっとチャレンジしてみたくなるのではないでしょうか。香りもいいので家で激辛料理を作る人にもおすすめです。

しかし、ジョロキアパウダーはとにかく危険です。とくに販売されている袋から、ビンに詰めなおす際に被害者が続出しているようです。というのも、このパウダーは一味唐辛子よりも細かい粉末で、軽いため、詰めなおす時にはどうしても空気中に舞ってしまい、意図せず鼻や肌に影響がでてしまうのです。

例えば、吸い込んでしまった鼻の穴の中がヒリヒリしたり、詰め替え中にジョロキアパウダーを手に付けたまま、触ってしまった顔が痛くなるなどです。

ですから、詰め替える時には必ずマスクと手袋をしましょう。他にも、お子様の手の届く場所に絶対に置かない、人ごみのある所で開封しない、素手で触らないということを十分にご注意ください。また食べる際には、一味唐辛子のように振りかけると、かけすぎてしまいます。そーっと様子をみながらかけましょう。

このジョロキアは生育環境で辛さが大きく変わることが知られています。中でもバングラデシュ産のものが一番辛く、インド、アッサム地方側で栽培されたジョロキアはそれほど辛くないと言われているようです。購入する際には産地にも注目してみましょう。

おすすめのスパイシーカレーレシピ!

1 スパイシーチキンカレー

ヨーグルトやしょうが、にんにくなどにぶつ切りにした鶏もも肉を入れて冷蔵庫で寝かします。寝かした後、漬け込んだ下味ごと炒め、肉の色が変わるまで炒めましょう。中まで火が通ってきたら、炒めた玉ねぎやガラムマサラなどの調味料とトマト缶を入れ、煮込めばできあがり。食べる直前に生クリームを入れていただきましょう。

香辛料などを入れて自分で作る本格チキンカレーです。ヨーグルトに漬け込むことで、鶏肉が柔らかくなり、にんにくやしょうがの風味も加わって、美味しそうですね。

2 豆腐のキーマカレー

フライパンで、すりおろしたにんにくとみじん切りにした生姜、合いびき肉を入れ炒めます。ひき肉に焼き色が付いてきたら、玉ねぎ、セロリを加え炒め、カレー粉などの調味料で下味をつけます。そこに、木綿豆腐を加えて炒め、水煮大豆、醤油、カレーのルウなどの調味料を加えて煮込みます。全体に味がなじんだら、ご飯の上にかけてできあがり。

豆腐と大豆で作ったヘルシーなキーマカレーです。 カロリーが低いことからダイエット中なのにカレーが食べたいという時にもいいですね。豆腐の水分を使って煮詰めていくので手早く手軽に作れるようですから、ぜひお試しください。

3 茄子のドライカレー

オイルににんにくとクミンシードをいれ、香りが出るまで炒めたら、玉ねぎとひき肉を炒めます。カレー粉を加え、全体になじんだら、茄子を加え、サッと油が回るまで炒める。蓋をし、弱火で蒸し、茄子がしんなりしてきたら、ガラムマサラやカレールウ等の調味料を加え、炒めればできあがり。

カレーと茄子は相性抜群ですよね。自宅で短時間でできる茄子のドライカレーは、ランチにもぴったり。ぜひ、作ってみてください。

カレーを自分好みの辛さにしよう!

カレーを辛くする方法はたくさんありましたね。これで、家族のことは気にしなくても、自分好みの辛いカレーが手軽に作れます。様々なスパイスを試してみて、自分好みの辛さを発見し、自分が好きな辛さのカレーを思う存分味わいましょう。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

ほうれん草 パスタ レシピ まとめ

柔らかく甘味のあるほうれん草。パスタのレシピにもよく使われますよね。おいしく人気のほうれん草のパスタレシピですが、どんなレシピがお好みですか?和風、クリーム系、どんなソースとも相性の良いほうれん草、おいしいパ…

さんま パスタ レシピ 炊き込みご飯 まとめ

脂ののった、さんまの塩焼きはもちろんおいしいのですが、さんまの絶品レシピはまだあります。揚げたり煮たり、パスタや混ぜご飯、さんまは色々な方法で食べられます。旬のさんまをおいしく食べられるレシピを28選ご紹介!…

レモン レモネード レシピ

海外で人気のグリルドレモネード、ご存知ですか?BBQやホームパーティーなどで作られるドリンクで、レモンと砂糖さえあれば簡単に作れます。そんなグリルドレモネードをお家でも作ってみることに♩詳しい作り方やアレンジ…

キャベツ レシピ 豚肉 まとめ

おいしくてすぐ手に入る、何よりお財布にやさしい、豚こまとキャベツは主婦の味方!そんな豚こまとキャベツを使って簡単&コスパ最高!な、家計も胃袋も大満足なレシピをご紹介。安い・簡単・おいしいの三拍子揃ったレシピを…

おにぎり トースト レシピ

インスタグラムなどでは次から次へと斬新なアイデアのトーストレシピがアップされ話題になっています。今回ご紹介するのは、三角形がかわいい「おにぎりトースト」の作り方です。アレンジは自由自在!簡単でかわいい「おにぎ…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

バジル ローズマリー まとめ

普段料理をするとき、いつも決まったハーブばかり使っていませんか?ハーブの使い分けを覚えることで、あなたの料理の幅がぐっと美味しくなりますよ。それぞれのハーブの特徴と相性の良い料理ジャンルを紹介します。

レシピ フルーツ まとめ

デトックスウォーターとは、ミネラルウォーターに果物や野菜のエキスを加えたドリンク。今回は、デトックスウォーターの効能や人気レシピ、残ったフルーツの活用方法などをまとめてご紹介します。お好きな食材を使って、ご自…

レシピ 和食 まとめ

炊きたてのホカホカご飯に合うおかずと言えば、やっぱり「和」のメニューが1番。人気の和食サイト『白ご飯.com』から、ご飯と相性バッチリの美味しい「和おかず」をピックアップしました!サクッとマスターして、料理の…

レシピ まとめ

餃子の皮=餃子を包むものという認識でいましたが、これが意外にも他の料理にも参加できてしまうらしいんです。餃子の皮があまって困ったことはありませんか?このレシピを使ってあまった皮も上手に料理に使っちゃいましょう!

アレンジレシピ おつまみ おやつ ピザ まとめ

おつまみやおやつとしてもピッタリな「油揚げピザ」のレシピを8つご紹介します。ピザは食べたいけど、作るのはめんどう……。そんな方は手軽に作れる油揚げピザを作りませんか?フライパンで作れる(レシピ)もあるので、挑…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

レシピ お弁当

お茶碗に盛られたごはんの中からひつじがひょっこり顔を出しているという「ひつじごはん」をご存じでしょうか。そのビジュアルがかわいすぎるとSNSやレシピサイトで話題なんです。今回はそんなかわいい「ひつじごはん」に…

大阪 おしゃれ パフェ コーヒー カフェ まとめ

ふくろうの絵が目を引く、大阪のカフェ「GUFO(グルービーアイスクリーム グーフォ)」。こちらのソフトクリームが絶品と、話題になっています。どんな味があるのか、人気のメニューなどご紹介します。地元の方はもちろ…

ちあき

育児のかたわらライターをしています。元出版社勤務、料理も食べ歩きも...

ページTOPに戻る