ローディング中

Loading...

カレーに牛乳なんて想像つかないよ!という声が聞こえてきそうですが、実は意外にもカレーと牛乳は相性がよいのです!隠し味に加えるとまろやかな風味になるんですよ。今回は、カレーに入れる牛乳のタイミング、おすすめレシピをご紹介します。

カレーと牛乳の深い関係

カレーの隠し味に牛乳を使う?考えられない!と思われるかたもいらっしゃるかもしれません。実は、カレーの隠し味に牛乳を使うことはけっして珍しいことではないのです。

牛乳を加えることで、風味がまろやかに、甘みも加わって口当たりもよく仕上がるため、小さなお子様がいるご家庭ではカレーの隠し味として牛乳を使用することがよくあります。地方によっては、なんとラーメンの隠し味としても使われているそうですよ。ラーメンに牛乳は想像できなさそうな感じがしますが、味噌ラーメンの味噌と牛乳の相性は抜群なのです。

今回は、一見異色の組合せに思えるカレーと牛乳について、実際おいしいのか、牛乳をいれることでどのように変化するかなど徹底的に解説します。

カレーに牛乳って、実際どうなの?

スパイシーなカレーにまろやかな牛乳。なんだかおいしくなさそうと感じる方も多いのではないでしょうか。いや、実はそんなことはないのです。

カレーをルーからご自分で作るという方はご存じかもしれませんが、実はカレーのルーはシチューのルーを作る過程と同じなのです。シチュー、特にクリームシチューは最後に牛乳を加えて完成させますよね。そう考えると、大元が同じならばカレーも違和感ないように感じませんか?

カレーのスパイスが強すぎたりする場合、少量の牛乳を加えることでスパイスの風味がまろやかになり、とても食べやすくなりますよ。

どんな味か

実際、牛乳を加えることで味はどう変わるの?と疑問に思う方も多いでしょう。あくまで隠し味ですから、加えるのは少量でOKです。大さじ1杯くらいでよいでしょう。

牛乳を加えることでコク深くなり、スパイスの風味を程よくまろやかにしてくれる効果が期待できます。食感や見た目は普通のカレーを作る場合とさほど変わりません。

入れない時との違いは?

カレーに牛乳を入れた場合と入れない場合の違いですが、入れた場合の方が味はまろやかになります。スパイスなどの香辛料の風味を少し抑えたいという場合に、牛乳を加えることでまろやかになりますよ。

入れない場合はあとから辛みが出てきたり、少々塩辛く感じられるかもしれません。インドカレーを食べたことがある方は想像できるかと思いますが、インドカレーは香辛料があとからじわじわ効いてくることが多くありませんか?

そんな時に欠かせないのが「ラッシー」です。「ラッシー」とは、ヨーグルトを主材料とする乳飲料なのですが、インド系のカレー屋さんには必ずといっていいほどこの飲み物がメニューにあります。

ラッシーを飲むことで香辛料の辛みが和らぎ、食べやすくなるのです。このように、カレーとラッシーは切っても切れない関係であり、カレーと乳製品は相性のよいものだということが分かります。
▼カレーのお肉が固い……そんなときは、こちら!

カレーに牛乳を入れるタイミングと分量

牛乳を入れるタイミングと分量について、シチューを作る時にシチューのルーの箱に「牛乳は最後に火をとめて加える」と書いてあるのが多いかと思います。

牛乳は沸騰させてしまうと成分が分離し凝固してしまい、口当たりがザラザラとした食感になってしまいます。そのため、牛乳は沸騰しないように入れることが大切です。分量はご家庭のお好みでOKです。入れれば入れるぼどマイルドな味わいになりますよ。

カレーに牛乳を入れたレシピ

それではカレーに牛乳を入れた料理を4品ご紹介します。それぞれの材料と牛乳がほどよくマッチしていて、どの料理も納得の味です。また、ラーメンに牛乳を入れたメニューが話題のお店も併せてご紹介しましょう。

ミートボールカレー

お子様が大好きなミートボール入りのカレーです。ミートボールを作る時に牛乳を加えているのが特徴です。牛乳を加えることでお肉がやわらかくなり、風味も増しますね。

あらかじめミートボールを作っておき、それを一般的なカレーに加えています。牛のかたまり肉を使うより、合い挽き肉で作ったミートボールを使うことで食べやすく、カレーの風味をまろやかになります。

牛乳をたっぷりホワイトカレー

一見シチューのようなホワイトカレーです。実は、小麦粉を炒めて作るカレーの過程とシチューのルーを作る過程はほぼ同じ。小麦粉を焦がさないように炒め、スパイスとなるカレー粉を入れてカレーの風味を引き立たせているレシピです。

色は白ですが味はカレー。なんとも不思議な感覚ですが、カレー風味のシチューなのか、シチュー風味のカレーなのか意見が分かれそうですね。実際に食べてみると、カレー粉の風味が効いた本格的なカレーです。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

材料3つ!キャラメルポップコーンの簡単な作り方&スイーツアレンジ

レシピ

映画館やディズニーランドなどで人気の「キャラメルポップコーン」を自宅で作ってみませんか?市販のポップコーンに混ぜるだけのものや豆から作るもの、ちょい足しするとおいしいレシピをご紹介。レンジで簡単にできるものも…

ふっくら作る!基本のいなり寿司レシピ&簡単アレンジ10選

いなり寿司 レシピ

お弁当や行楽時に人気のいなり寿司。みなさんのいなり寿司レシピはどんなものですか?お揚げも酢飯もふっくらおいしく作る基本のレシピと材料を1つ加えるだけでおいしくなる簡単なアレンジいなりをご紹介!お祝い事やホムパ…

秋のカルディはエビづくし!エビ好きが泣いてよろこぶ限定商品5つ♩

海老

カルディから、エビを使った新商品が続々と発売されています!牛乳で作る新感覚のインスタントラーメンや、お店レベルの品質の濃厚スープなど、どれをとってもエビの風味たっぷり♩エビの旨味を存分に味わいながら、秋の夜長…

秋の食卓に新星!熟し方で変わる「柿のサラダ」レシピ10選

サラダ フルーツ レシピ まとめ

秋といえば柿!こっくりとした甘みが特徴です。そのまま切って食べてもおいしいですが、実は料理にもとても重宝する果物なのです。まずは手始めにサラダから。この秋はおやつやデザートだけではなく、ぜひ酒の肴や副菜にも活…

カルディの新作!コーンポタージュのおせんべいに禁断の追いコンポタしたら…♩

おやつ お菓子

この秋冬カルディから注目の新商品が登場!なんでも、冬になると飲みたくなるアレの味を再現したおせんべいなんだとか…。その名も「コーンポタージュのおせんべい」!気になる味わいやアレンジ方法を実食レビューします♩…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

お酒の〆に食べたい♡お茶漬けのレシピ8選

お茶漬け レシピ まとめ 〆ご飯

お酒を飲んだ後は、やっぱりお茶漬け♡そんな方に読んで欲しい、お茶漬けのレシピです。お茶漬けもアレンジ次第でたくさんレパートリーがあります。その中の8選をご紹介しますね。

簡単ヘルシー!ホイル焼きのレシピはいかが?9選

レシピ まとめ

ホイル焼きというと、「魚のホイル焼き」が浮かぶ方が多いのではないかと思いますが、実はあんなものもこんなものもホイルに包んで焼くとおいしいんです。そんなレシピを今回はご紹介していきます。

簡単でかわいい♡ココットを使ったアイデアレシピ10選

レシピ スイーツ まとめ アレンジレシピ

ココットを使用したレシピのご紹介です。アイデア次第で、多彩な料理に使えるココット。朝食からしっかり系のごはん、そしてスイーツまでも作れます。ご家庭にココットがある方はぜひ参考にしてみてください。

アイスクリームを溶かして使う!?簡単スイーツレシピまとめ

レシピ アイスクリーム まとめ スイーツ

アイスクリームを溶かして使うことで、簡単にスイーツが出来るって、知っていますか?ここでは、アイスクリームを溶かして使う、美味しいスイーツレシピを紹介します。あなたも意外な方法で、簡単にスイーツを作ってみましょ…

夏にピッタリ♪ひんやり涼しげ☆ゼリーのレシピ「9」選☆

フルーツ ゼリー まとめ レシピ

夏になると、やっぱり食べたくなるのがゼリー。冷蔵庫でよく冷やしておいしく食べたいですよね♪暑い夏を乗り切るための見た目にも涼やかなゼリーのレシピをご紹介します。是非あなたも作ってみてくださいね^^お友達へのプ…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

新宿で人気の鍋料理店5選!濃厚なスープを堪能しちゃおう♡

新宿 まとめ

新宿にはたくさんの鍋料理屋さんがあります。濃厚なスープを堪能できる水たきや漢方食材を配合したスープを味わいませんか?今回は新宿で人気の鍋料理店をまとめました。ぜひヘルシーで人気の味を楽しんでみて下さい!

ひつじのショーンのキャラ弁アイデアまとめ☆キャラ弁初心者でもできます!

お弁当 おにぎり サンドイッチ まとめ

ひつじのショーンは大人気のクレイアニメ。ひつじのもこもこ感と顔をちょっと工夫すれば作りやすいキャラ弁です!おにぎりで!パンで!いろんなショーンがお弁当箱の中で遊んでいますよ♡開けた瞬間笑顔になるひつじのショー…

インスタグラムで憧れの的♡macaronyuuさんの素敵朝ご飯♪

おしゃれ まとめ

インスタグラムで、macaronyuuさんの朝食が素敵!と今話題に。フードスタイリストさんですか?と思わず聞きたくなる、おしゃれな食卓を再現されていますよ。一児のママで働く女性でもあるmacaronyuuさん…

ちあき

育児のかたわらライターをしています。元出版社勤務、料理も食べ歩きも...

ページTOPに戻る