ローディング中

Loading...

カレーを作る際には隠し味を加えることも多いでしょう。カレーにコクを加えるためにはコーヒーが良いということをご存知ですか?どのようにコーヒーを加えればよいのか、どのくらい入れたらよいのかなどについてお話しましょう。

カレーにコーヒー入れるとおいしいの?

カレーの隠し味としてコーヒーを加えるってよく耳にしませんか?しかし、本当にコーヒーを加えることでおいしくなるのか、と疑問に感じてしまう方もいるでしょう。スイーツに使うことはありますが、まさかお料理にコーヒーを使うなんて…と驚いてしまう方もいるようです。本当に、カレーにコーヒーを加えることによっておいしくなるのでしょうか?

じつはこれ、本当なのです!コーヒーを加えることで、カレーにコクと深みがしっかりプラスされます。ここでは、カレーをおいしくするコーヒーの加え方、そしてその他の隠し味として使える調味料などをご紹介していきます。

コーヒーを入れるとコクが深まる

カレーは作った当日よりも翌日食べる方がおいしいと言われています。翌日の方がカレーにコクが出て良いとされていますが、これを当日でも実現するためにコーヒーがおすすめなのです。コーヒーを加えることによって、作った翌日と同じようなコクが出るとともに、ほろ苦さが加えられ、ただ辛いだけではなく深みのある味わいになるのも大きな特徴です。

ただし、カレーの隠し味としてコーヒーを加える際には、ペットボトルなどで販売されているコーヒーを入れるわけではありません。後ほど詳しくご紹介していきますが、どのようなコーヒーを使えばよいのかについても把握しておきましょう。

ビターチョコレートもおすすめ

ビターチョコレートを隠し味としてカレーに加えるのもおすすめです。コーヒーを加えた場合に比べ、ビターチョコレートは苦味が弱く、コクもマイルドになります。ただし、ビターチョコレートを入れ過ぎてしまうとチョコレートに含まれる油脂でカレーが食べにくくなったり、胃もたれを起こしたりする原因になってしまいます。加えるのは「ひとかけ」で十分ですよ。

カレーにコーヒーを入れる方法

カレーの隠し味にコーヒーを使う際には、コーヒーを加えるタイミングがとても重要になります。お野菜などを煮こむ段階からコーヒーを加えてしまうのではなく、以下でご紹介するポイントを押さえながらコーヒーを加えてください。

タイミングが重要!

カレーの隠し味として加えるコーヒーは、インスタントコーヒーがベスト。インスタントコーヒーならば量を調節しやすいだけではなく、ぐつぐつ煮込んでいるお鍋の中で溶けやすいという特徴を持っていますよね。コーヒーがきちんと溶けるように、小さなコップなどでコーヒーをあらかじめ溶いてからお鍋に加える方法もおすすめです。

お鍋に加えるタイミングはカレーのルーをプラスし、ルーがしっかりと溶けた後です。タイミングも間違えないようにしてくださいね。

ドリップコーヒー・濃いめのコーヒーを入れる場合

インスタントコーヒーではなく、ドリップコーヒーや濃い目のコーヒーなどを入れる場合もタイミングが必要です。カレーができ上がり火を止める直前に入れて、お鍋の中にひとまわししましょう。

量も大切

コクを出すための隠し味としてコーヒーを加えることは非常におすすめですが、加える量には注意しなければなりません。たくさん入れすぎると、コーヒーの苦味ばかりが目立ってしまい、おいしいカレーを食べることができなくなります。

小鍋一つに対し、コーヒースプーン半分から一杯程度をまずは加えてみましょう。もちろん好みやカレーを作る量によって、微調整をすることが大切です。

またコーヒーの種類によっても量を少しずつ調節すると良いでしょう。コーヒーには酸味の強いものやコクの強いものなどそれぞれ特徴があります。酸味の強いコーヒーを加えてしまうとカレーの味はバランスを崩すので、酸味の強いものは少量、コクの強いものは少し多めに加えても良いでしょう。
▼カレーにとろみをつけるなら、こんな方法もおすすめ!

カレーにコーヒー牛乳はどう?

コーヒーを直接加えるのではなく、コーヒー牛乳があるときにはコーヒー牛乳を加えても良いのかな?と思う方もいるようです。

コーヒー牛乳はコーヒーの代わりに加えても問題はありません。ただしコーヒー牛乳の場合には、牛乳、そしてお砂糖がたっぷりと含まれていますので、小鍋に対し大さじ一杯から二杯程度を加えるようにしましょう。それ以上を加えてしまうとコーヒー牛乳の甘みがカレーのおいしさを崩してしまうことがあります。

コーヒー牛乳を加えることによって、ミルクのまろやかさ、そしてコーヒーのコクがプラスされます。量にさえ気をつければ、ベストバランスでお好みのカレーを作ることができますよ。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

炊飯器でぷりぷり!おいしいたこ飯レシピ&下ごしらえの基本

レシピ

ご飯がちょっと贅沢になる炊き込みご飯。ぷりぷり食感のおいしい、たこ飯レシピに挑戦しませんか?たこの下ごしらえの基本や、炊き込みご飯をおいしくつくるコツも実践編でご紹介。炊き込みご飯はちょっと苦手な方も、失敗し…

おうちで手作りできる♩自然派おやつ「干し芋」の作り方!

おやつ レシピ さつまいも アレンジレシピ

炊飯器を活用した干し芋の作り方やおいしい食べ方、アレンジレシピなどご紹介。蒸して天日干しにするだけで簡単に作れます。そのまま食べるもよし、炙ったりバターで焼いたりしてもよし、おかずやスイーツにアレンジしてもよ…

材料3つ!キャラメルポップコーンの簡単な作り方&スイーツアレンジ

レシピ

映画館やディズニーランドなどで人気の「キャラメルポップコーン」を自宅で作ってみませんか?市販のポップコーンに混ぜるだけのものや豆から作るもの、ちょい足しするとおいしいレシピをご紹介。レンジで簡単にできるものも…

おかずもサラダも絶品!捨てずに食べたい人参の葉レシピ10選

レシピ まとめ

葉っぱ付きの人参、どのように使っていますか?葉は捨てているという方、それはもったいないですよ!人参の葉は捨てないで活用することができます。無駄にせず、すみずみまで食べるために人参の葉を使ったおすすめレシピをご…

ふっくら作る!基本のいなり寿司レシピ&簡単アレンジ10選

いなり寿司 レシピ

お弁当や行楽時に人気のいなり寿司。みなさんのいなり寿司レシピはどんなものですか?お揚げも酢飯もふっくらおいしく作る基本のレシピと材料を1つ加えるだけでおいしくなる簡単なアレンジいなりをご紹介!お祝い事やホムパ…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

余ったカレールーでちょい足しアレンジレシピ8選

レシピ まとめ カレー アレンジレシピ

家庭料理で、子供受けがよく簡単に作れる定番料理といえばカレーですよね!カレールーを買いだめしてストックしておくも、カレールーって結構あまりやすい... 余ってしまったカレールーを活用できるレシピをご紹介します。

飽きるのはまだ早い!?「おにぎらず」のエスニックアレンジレシピ「6」選

まとめ レシピ おにぎらず エスニック

さいきんお昼はいつもおにぎらずを持参。でも、具材がワンパターン化してるんだよねー・・。そんなあなたにとっておきのアレンジレシピを紹介します。ちょっと変わったエスニックアレンジでおにぎらずをもっともっと満喫しま…

食べてキレイになる麹レシピまとめ

塩麹 甘酒 レシピ まとめ

今なにかと話題の酵素が豊富で旨みもたっぷりの麹。日本伝統の調味料のもとでもある麹は、体にいいとわかっていても実際どう使っていいかよくわからないという人も多いのでは?そんな麹を使った簡単レシピをご紹介いたします!

ちょっと豪華な朝ごはんに!人気のサラダトースト8選

トースト サラダ まとめ レシピ

トーストとサラダの組み合わせが、密かに話題上昇中です♪前日の残りのサラダでももちろんOK!いつものトーストが栄養満点のボリュームプレートに早変わり!?野菜もお肉も一気にのせて、ガブッと食べちゃいましょう☆

夏バテにもGood♪ゴーヤレシピまとめ

夏野菜 レシピ 沖縄料理 サラダ まとめ

苦みがおいしい夏野菜ゴーヤ、栄養も満点で夏バテ予防にも積極的にとりたいゴーヤ、でもいざ食べるとなるとゴーヤチャンプルーくらいしか知らなかったりしませんか?そこでおすすめのおいしいゴーヤレシピをまとめてみました!

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

エルカフェ新作も登場!2017年のとろ甘「桃スイーツ」おすすめ11選♩

スイーツ ケーキ まとめ

みずみずしい桃を使ったスイーツの新作が、2017年夏にも続々と登場して話題になっています。どれも桃好きにはたまらない、果実感あふれるものばかり。今回はそんな桃スイーツの中でも、エルカフェやハーゲンダッツ、キハ…

連載記事

ガツンときた!「香る珈琲バニラ」の深〜いコクに鼻もよろこぶ♩

コーヒー

ハーゲンダッツで人気の「珈琲バニラ」がリニューアル!「香る珈琲バニラ」が登場しました!コーヒー豆本来の香りと、キレのある苦味が追求されているとのこと。いったいどのように進化しているのでしょうか。いざ、食べ比べ…

新宿で極上サムギョプサル!【エリア別】人気店15選

サムギョプサル 新宿 新宿三丁目 韓国料理 まとめ

韓国を代表する、人気豚肉料理「サムギョプサル」。今回は、新宿でサムギョプサルを食べられるおすすめ店をご紹介したいと思います。エリア別にまとめているので、お出かけの際にはチェックしてみてください♩食べ放題のお店…

ちあき

育児のかたわらライターをしています。元出版社勤務、料理も食べ歩きも...

ページTOPに戻る