薄いだけじゃない!「アメリカンコーヒー」の正体について解明してみた

商品名は違えど、コーヒー店に必ずといっていいほどあるアメリカンコーヒー。しかし、アメリカンコーヒーとは何かと聞かれたときに、詳しく説明できる人はそう多くはないはずです。今回は、アメリカンコーヒーについての基礎知識をまとめてみました!

薄いコーヒー=アメリカンコーヒー?

人気コーヒーチェーン店やレストランに行くと、必ずといっていいほどあるアメリカンコーヒー。日本では「薄いコーヒー=アメリカンコーヒー」との印象が広がっているようです。しかし、本当にアメリカンコーヒーとは、ただ単に薄いコーヒーを指しているのでしょうか?

今回は、アメリカンコーヒーとはなんなのか。なぜ「アメリカン」とつくのか。アメリカンコーヒーに関するさまざまな疑問に加え、作り方や由来について詳しくお話していきましょう。

アメリカンコーヒーとは

アメリカンコーヒーとは単純に薄いコーヒーではなく、浅く焙煎したコーヒー豆を使用したものを指します。豆には深煎り・浅煎りがあり、一般的に、コーヒー豆はその焙煎具合によって8段階に分けられます。深く煎ったものほど見た目は黒く、苦みも増します。

どちらが豆として優れているということはなく、苦みを楽しみたい方は深煎り、コーヒー豆そのものの酸味や軽めの飲み口が好みの方は浅煎りがおすすめです。

お湯割りは日本独自の作り方

日本では、コーヒーを淹れたあとにお湯を加えるものがアメリカンコーヒーだと思っている方が、まだまだ多いようです。しかし、このような作り方は日本独自の方法であり、本来のものとは違います。

これは、かつてコーヒーが日本に入ってきたころの名残であると考えられています。当時のコーヒーは今と比べ物にならないほど高価。そこで、お客さんにとってお得感はそのままに、赤字にならないように生み出されたのがお水やお茶を入れてカサ増しするという作戦だったようです。

アメリカンコーヒーの味とカフェイン量

アメリカンコーヒーは一般的なコーヒーと比べると苦味が弱く、その分コーヒー豆本来がもつ酸味が強く感じられます。すっきりとした飲み口で、眠気覚ましのコーヒーとしてもおすすめです。

浅く焙煎していて色が薄いとなると、カフェイン量も少なく感じられますが、実はその逆。深く煎ったコーヒーよりもわずかながらカフェイン量は高いのです。

アメリカンコーヒーの名前の由来

さて、気になる名前の由来ですが、なぜ「アメリカン」とついているのでしょうか。コーヒーの豆がアメリカ原産だからと思っている方も多いようですが、それは間違いです。

コーヒーが普及しはじめたとき、浅く焙煎したコーヒーをアメリカ人が好んで飲んでいたことから、「アメリカンコーヒー」と呼ぶようになったとされています。豆の原産地が関係しているわけではないようですね。

アメリカ人が浅い焙煎のコーヒーを好む理由

アメリカ人がこのようなコーヒーを好む理由について、コーヒーや紅茶に似せて作ったという説や、アメリカの水が浅煎り焙煎の豆に合っていたという説がありますが、どれも定かではありません。

諸説あれども、一般的にアメリカ人は浅く煎ったコーヒーが好きなようです。すっきりとした飲みやすさが好まれるのかもしれませんね。

英語ではなんて言う?

「アメリカンコーヒー」をこのまま海外で使っても通じません。英語では「weak coffee(ウィーク コーヒー)」といいます。これは「弱めのコーヒー」という意味で、浅い焙煎で苦みを和らげ、風味そのものや、苦味が弱めのコーヒーという意味からきています。

旅行の際にさらっと使えると、なんだかかっこいいですよね。

アメリカンコーヒーとブレンドコーヒーの違い

アメリカンコーヒーと、ブレンドコーヒーにはどのような違いがあるのでしょうか。前述の通り、アメリカンコーヒーとは浅く焙煎した豆を使ったコーヒー。一方でブレンドコーヒーは、さまざまなコーヒー豆がミックスされたものを指します。

すっきりとした風味のアメリカンに対し、ブレンドは複数のコーヒー豆を合わせることで、単品では味わえないコクや風味が感じられるのです。

アメリカーノコーヒーとの違い

似たようなネーミングのコーヒーに、アメリカーノコーヒーがあります。アメリカーノコーヒーとは、エスプレッソにお湯を注ぐコーヒー。使用する豆や淹れ方も、アメリカンコーヒーとは大きな違いがあるのですね。

具体的な違いを知っておくと、専門店でも困らずに注文することができますよ。

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

ちあき

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう