ライター : ちあき

育児のかたわらライターをしています。元出版社勤務、料理も食べ歩きも大好きです。母になっても好奇心を大切にしていきたいと常々思っています。みんながハッピーになれるグルメ情報が…もっとみる

固まっても捨てるのはもったいない!

栄養価が高く、優しい甘みが特徴のはちみつ。天然甘味料の一つでカロリーが低めということもあり、砂糖の代用として使われている人もいると思います。 一方で、体に良いと聞いて買ってみたものの、あまり使わず冷蔵庫の中に長期間放置してしまい、いざ使おうと思ったら固まっていた、なんてことありませんか?そして、固まったはちみつを「腐ってしまった」と思い、廃棄してはいませんか?はちみつは固まってしまっても、品質には問題なく食べられるのです! 今回は、そもそもなぜはちみつは固まってしまうのか、固まってしまった際の戻し方、溶かし方、そして白く固まったはちみつを上手に活用するレシピをご紹介します。

はちみつが固まる理由は?

はちみつが固まる主な原因は温度です。寒い室温や冷蔵庫で保存しておくと、固まることが多くなります。それは、はちみつに含まれるブドウ糖の性質によるものです。しかし、低温であればあるほど、固まりやすいというわけではなく、5℃〜14℃の間が結晶化しやすく、マイナス18℃以下になると結晶化しなくなるようです。 また、はちみつの種類によって、ブドウ糖と果糖の割合が変わり、果糖が多く含まれるはちみつは結晶化しにくいとされています。

固まっても食べてもいいの?

はちみつは白く固まってしまっても、品質や成分が変わったわけではなく、また腐っているわけでもありません。そのためそのままでも問題なく食べることができます。しかしこれからご紹介する溶かし方で元に戻せば、溶かした状態で食べられますよ。

固いはちみつの溶かし方

はちみつは固まっても味や風味、品質には全く問題はありませんが、使いにくく困ってしまいますよね。そこで固まってしまったはちみつを戻す方法をいくつかご紹介します。

湯せんで溶かす

この方法は手間と時間がかかりますが、滑らかな舌触りのはちみつに戻すことができますので、そのまま食べたいときなどにおすすめです。 1.まず鍋に水を入れます。そこに蓋を外した状態ではちみつを容器ごと入れます。この時、水面がはちみつの量より少し下になるくらいが適量です。 2.次に鍋に火をかけます。お湯の温度が50〜60℃くらいになったら、はちみつをかき混ぜ、結晶を溶かしていきます。はちみつは高温になりすぎると、成分が変化してしまうので、温度が上がりすぎないように注意が必要です。 3.途中、スプーンなどでかき混ぜて、ムラをなくすようにしましょう。 4.はちみつが元の状態に戻ったら、お湯から出して自然に冷やします。

電子レンジを使う

この方法は、温度調整が難しいためザラザラとした舌触りが残ったりすることもありますが、急いでいるときなどに手早くできるのでおすすめです。 使う分量だけ耐熱ガラスに入れて、電子レンジで温めます。 加熱し過ぎないよう短い時間から温め始め、様子を見ながら調整すると失敗なく溶かすことができます。また、電子レンジは温めムラができてしまうので、途中で時々かき混ぜましょう。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS