ライター : 白井シェル

フリーライター

お家で過ごすことが大好きなフリーライターです。料理やインテリア、生活雑貨など暮らしに関するジャンルが得意です。

パルミジャーノレッジャーノとは

※画像はイメージです
「パルミジャーノレッジャーノ」は、イタリアを代表するチーズのひとつです。800年以上昔から現在とほとんど変わらない品質で製造されており、「イタリアチーズの王様」とも言われています。日本でもイタリア料理には欠かせない、大人気のチーズなんですよ。

パルミジャーノレッジャーノの定義

パルミジャーノレッジャーノの定義は主にふたつあります。ひとつは、エミリア・ロマーニャ州をはじめとする北イタリア特定の地域で作られていること。もうひとつはパルミジャーノ・レッジャーノ協会がチーズの熟成期間中におこなう厳格な基準をクリアし、さらに2年以上の長い熟成に適した品質であること。条件を満たした一級品のパルミジャーノレッジャーノには「D.O.P」の刻印が押されています。(※1)

パルメザンチーズ(粉チーズ)とは別物?

日本では粉チーズの総称として呼ばれることの多い「パルメザンチーズ」。パルミジャーノレッジャーノと名前が似ていますが、実は別の種類なんです。パルメザンチーズは、イタリア名のパルミジャーノレッジャーノを英語名にした「Parmesan cheese」が由来。

また、パルメザンチーズはパルミジャーノレッジャーノと違い、産地に定義がない点にも違いがあります。(※2,3)

ほかのチーズとの違いは?どんな味?

※画像はイメージです

グラナパダーノとの違いは?

パルミジャーノレッジャーノとよく似た「グラナパダーノ」というチーズの名前を聞いたことはありませんか?グラナパダーノは、パルミジャーノレッジャーノと味わいや香りがとても似ています。では、どのような点が違うのでしょうか。

グラナパダーノとパルミジャーノレッジャーノの違いは熟成期間です。パルミジャーノレッジャーノは熟成させるために少なくても2年かります。一方グラナパダーノが熟成に必要な期間は、少なくても9ヶ月間です。こうした熟成期間の違いから、グラナパダーノはやさしい風味で、パルミジャーノレッジャーノはコクのある味わいになります。(※1,4)

味の特徴

パルミジャーノレッジャーノの味は、旨味と塩味が強いのが特徴です。水分が少なく、アミノ酸から作られる結晶がしゃりしゃりとした食感。ハードチーズに分類され、しっかりとした歯ごたえがあります。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ