ライター : きう

なにげない日々の暮らしを豊かに送りたいと考えています。休みの時間は、主に散歩や読書をして過ごしています。心と身体においしい食べ物の情報を中心にみなさんに伝えたいです。

チャーハンと焼き飯、ピラフは違う?

チャーハン、焼き飯、ピラフ……と、どれも似ている料理なのに呼び方がいくつかあるのを、疑問に感じたことはないですか?3つともお米と具材を炒めるという共通点はあるものの、実は明確に違いがあるんです。今回は、そんなみなさんの疑問を解決するべく、チャーハン、焼き飯、ピラフの違いをご紹介していきます。

そもそもチャーハンって?

家庭料理のひとつになっているチャーハン。幼いころにお家で食べた思い出がある人も、多いのではないでしょうか。 チャーハンは中国発祥で、お米と卵、野菜や肉類などを一緒に炒める料理です。あっさりとした味付けで、お子さんから大人まで人気のひと品。日本では一般的にお箸でお米料理を食べますが、パラパラとしたチャーハンにはスプーンやレンゲを使います。

チャーハンの歴史

チャーハンは中国の歴史とともにある料理です。その発祥は古く、7世紀前後の中国ではすでに食べられていた記録があるといいます。当時の技術の発達により、おいしいチャーハン作りにかかせない竃と鉄製品が生まれ、チャーハンは広まりました。

そもそも焼き飯って?

「焼き飯」は関東圏の人には馴染みの薄い言葉かもしれません。どちらかというと関西で親しまれている料理です。関西の中華料理屋では、チャーハンよりも焼き飯のほうが多く提供されているといいます。具材はチャーハンと同じで、お米や卵、ハムやソーセージなどの肉類、野菜などです。いったい、チャーハンとの違いはどこにあるのでしょうか。

チャーハンと焼き飯の違いとは

調理法の違い

チャーハンと焼き飯の違い。それはズバリ「卵」を入れる順番です。一般的に、チャーハンは具材や卵を先に炒めてからお米を炒めます。一方の焼き飯では、お米を炒めてから卵や具材を加えます。調理するとき卵をお米の炒める前か後どちらに入れるかによって、チャーハンと焼き飯に分けられるんですね。
Photos:7枚
昔懐かしいネギとじゃこの焼き飯
一覧でみる
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS