ライター : yuitoss

フリーライター

美容に関する記事を書くことが好きです。

アカマンボウとはどんな魚?

Photo by Shutterstock

アカマンボウとはアカマンボウ目アカマンボウ科に属する大型の深海魚。平たい形をしていて体高も高く、大きいものだと体長は2mほど、重量は300kg程度になることも。

その名の通りマンボウに似た姿をしていますが、マンボウの仲間ではなく、どちらかというとリュウグウノツカイに近い魚です。冷たい深海でも速く泳ぐことができ、そのスピードはマグロやメカジキと同じくらいだといわれています。

世界中の暖かい海域に生息しクラゲなどを食べて暮らしていますが、その生態には不明点が多く、旬についてもはっきりとしたことはわかっていません。

マグロに似てる?アカマンボウの味や食感

Photo by Shutterstock

アカマンボウは白身魚ですが実際の身は赤みがかっている部分が多く、クセがなく食べやすいのが特徴です。腹側には脂がのっていて甘味を強く感じる一方、背側は筋が多めでさっぱりとした食べ心地。

味わい・見た目は部位によって若干異なりますが、とくに胸部の身は赤みが強く、刺身にしても味わい・食感ともにマグロにかなり近いですよ。切り身にした際の見た目もマグロに似ています。

アカマンボウの流通量や産地は?

※画像はイメージです
アカマンボウは体長が大きく、平たい形をしているため、そのまま流通させることがむずかしい魚です。需要が少ないため専門に漁獲をおこなう業者は少なく、漁獲量・流通量はそれほど多くありません

日本ではマグロ延縄漁の際に一緒に水揚げされることが多いですが、そのままでは輸送しにくいため切り身にしたり、加工品にしたりして流通させるのが一般的です。

沖縄県で水揚げされることが多い

日本におけるアカマンボウの主な生息域は琉球列島や東シナ海、北海道から九州南岸の太平洋沿岸、津軽半島から九州南岸の日本海・東シナ海沿岸など。前述したとおり、温かい海域に生息しています。

日本では主に沖縄県で水揚げされることが多いですよ。そのほか、宮城県や高知県、和歌山県、神奈川県などマグロ漁の港がある地域も産地に挙げられます。

沖縄県では「マンタイ」と呼ばれ、東京都・高知県などでは「マンダイ」、和歌山県では「ヒャクマンダイ」という名で呼ばれています。これらの漁獲地域では、基本的に切り身にしてスーパーなどで販売されることが多いです。

アカマンボウの食べ方は?

アカマンボウは刺身や寿司、ソテー、揚げ物、焼き物など、いろいろな食べ方ができる万能食材です。刺身はクセがなくて食べやすく、とくに腹側の身は脂がのっているのでおいしいですよ。筋が多い背側は薄く切ってカルパッチョにすると食べやすいです。

また、身を適当な大きさに切って塩焼きや西京漬けにしたり、ムニエルやフライ、唐揚げにしたりするのもおすすめ。もちろん、和食の定番である煮付けにしてもおいしいですよ。

アカマンボウのおすすめレシピ3選

1. きのこソースで食べるアカマンボウのソテー

アカマンボウのソテーに、甘酸っぱいきのこソースをかけるレシピ。アカマンボウの切り身には塩麹を塗り数時間置いて焼くことで、やわらかくジューシーに仕上がります。ソースには酢のほかにオイスターソース、鶏ガラスープの素、しょうがのすりおろしを入れるのでうま味・風味もたっぷり♪
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ