秋の定番「かぼちゃ」の種類9品種!意外に知らないアレやコレ

秋野菜の定番、甘くてほくほくの「かぼちゃ」。 種類豊富でメインからデザートまで幅広く使える便利な食材です。食べるだけでなくハロウィンの装飾品としても人気。かぼちゃの種類って意外に多いってご存知ですか?そんなかぼちゃの種類を9品種お届けします。

2019年8月14日 更新

かぼちゃは大きく分けて3種類ある

かぼちゃは大きく分けて「西洋かぼちゃ」「日本かぼちゃ」「ペポかぼちゃ」 の3種類があります。西洋、日本と名称が付いているのですが、かぼちゃの原産地は中南米なんですよ。

スーパーなどでよく見かけるかぼちゃは、「西洋かぼちゃ」 煮物に適しているのが「日本かぼちゃ」 日本では園芸作物、北米南部の地域では春の訪れを告げる野菜として親しまれているのが「ぺポかぼちゃ」です。

もっとも一般的な「西洋かぼちゃ」

スーパーなどでよく見かけ一般的に馴染みが深い 「西洋かぼちゃ」 ほくほくしていて甘みが強いのが特徴的です。

また。収穫されるのは夏場ですが、貯蔵がきく代表的な野菜でもあります。 「冬至」 として食べる習慣は江戸時代から始まったそうですよ。

黒皮栗かぼちゃ

「みやこかぼちゃ」 や「えびす南瓜』「くりゆたか」 「九重栗南瓜」 などの品種群の総称が「黒皮栗かぼちゃ」になります。

名前の通り、黒っぽい濃い緑色の皮で、果肉は加熱して食べると栗のような甘さにほくほくした食感が特徴的です。

坊ちゃんかぼちゃ

坊ちゃんかぼちゃの特徴はなんといっても見た目です。手のひらサイズのかわいらしいかぼちゃは、電子レンジなどで丸ごと調理ができるのもうれしいポイント! なかをくり抜きグラタンや肉詰めなどおすすめです。
1 / 4

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

keiko39

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう