栄養満点の「コリンキー」とは?生でも食べられるサラダカボチャを徹底紹介!

かぼちゃの一種であるコリンキーはクセが少なく皮ごと食べられる野菜です。歯ざわりがよく、コリコリとした食感でなんと生食でも食べられますよ。珍しい野菜ですが、調理に取り入れやすいお手軽野菜。食べ方からサラダやスープなどレシピもご紹介します!

「コリンキー」とは?

みなさん、栄養満点のコリンキーってご存知ですか?コリンキーとは日本では珍しい変わりカボチャ。なんとこのまま生食でも食べられるそうです!果皮は鮮やかなレモン色で見た目もとってもきれいですね!
コリンキーは、山形県の山形セルトップとサカタのタネの種苗会社によって2002年に品種登録されたカボチャの一種です。オーストラリアのカボチャと日本のカボチャを掛け合わせて、生食用に開発されたカボチャです。オーストラリアのカボチャは色々な種類がありますが、水分が多いのが特徴ともいわれているそう。生食用の開発に、ぴったりな掛け合わせだったんですね。
カボチャの一種であるコリンキーのサイズは1つ500g~1kg程度。完熟させず、若取りすることでクセが少なく皮ごと食べられるのです。食べてみると歯ざわりがよくコリコリとした歯ごたえが特徴だとか!カボチャのような生臭い感じがないのでサラダや浅漬けにも最適だそうです。

おすすめの食べ方は生食!

コリンキーの最大の特徴はなんといっても生で食べられるという点です。完熟させず、若取りすることでクセが少なく水分も多めで食べやすくなります。

コリンキーのお味は?

コリンキーは生のまま食べることができるのでズボラな人にもおすすめ。とりあえず切って、食べてみるということができますよ。まずはサラダで食べるのがおすすめなんだとか。ズッキーニに似た食感で、カボチャというよりはキュウリに近い感じだという感想も!

こんなにすごいコリンキーの栄養

アンチエイジング

βカロテンが豊富に含まれています。βカロテンは体内でビタミンAに変わり、目の調子やお肌の調子を整えてくれます。また、βカロテンには強力な抗酸化作用があるため、体内で発生した活性酸素を除去する働きがあり、アンチエイジングにも期待できますよ。

デトックス効果

食物繊維と通常のカボチャよりも水分を多く含む野菜なので、便を柔らかくして、お通じをよくしてくれます。腸内に溜まった老廃物を除去することで、お肌も明るくなり美肌効果にも期待できます。

代謝の働きをサポート

また、ビタミンB1・ビタミンB2などビタミンB群も含まれています。ビタミンB群は、炭水化物や糖質、たんぱく質の代謝をサポートする重要な栄養素。例えば、ビタミンB1が不足すると糖質の分解が行われず、乳酸が溜まり疲れやすくなります。ビタミンB2は細胞の再生とエネルギー代謝に関わる栄養素。これが不足すると口内炎や肌荒れなどの原因になってしまいます。
その他にもビタミンC・カリウム・カルシウム・鉄などのミネラルも含まれてるので健康を意識している人にもおすすめですよ。野菜不足を感じている人は付け合わせの野菜としていかがでしょうか?

おすすめレシピもご紹介

コリンキーの彩りサラダ

コリンキー、なす、パプリカを角切りにして、油で素揚げします。お皿に盛って、輪切りのミニトマトをちらし、バージンオリーブオイルとレモン汁、醤油で作ったドレッシングをかけたら完成。

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

BBC

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう