生で食べられるかぼちゃ!?「コリンキー」の人気おすすめレシピ15選

コリンキーはかぼちゃの一種。食べてみると歯ざわりがよくコリコリとした食感が特徴です。様々なアレンジもできて栄養満点のコリンキー。皆さんもぜひ参考にして楽しんでみてはいかがでしょうか?いくつかおすすめのアレンジレシピをご紹介します。

コリンキーとは?

コリンキーはカボチャの一種。生でも食べられるように改良された野菜で、サラダかぼちゃとも呼ばれています。熟す前に若取りすることで、クセや苦味が少ないカボチャ。食べてみると歯ざわりがよくコリコリとした食感が特徴です。

コリンキーは栄養も満点なので、野菜不足を感じている人は付け合わせの野菜としてもおすすめですよ。今回はコリンキーのアレンジレシピをご紹介します。

コリンキーの詳細はこちらご覧ください。

下ごしらえとポイント

コリンキーの画像

Photo by Shutterstock

通常のかぼちゃと同じように、固い部分のヘタと種を取り除いてから調理します。皮や実が柔らかいので包丁が入りやすく、下ごしらえがとっても簡単!外側の皮も剥かずに食べることができます。

また、気にならなければ種も食べることができますよ。中綿と一緒に取り除いた種をボールに入れて、水を入れたらもみ洗いをします。数回水を取り替えて中綿から種を取り除きます。煮込み料理などに一緒にいれて柔らかくしてから食べたり、ココナッツオイルなどでカリッと香ばしく焼いて食べるのもおすすめです。

コリンキーのアレンジレシピ

1. コリンキーのグラタン風

コリンキーをグラタン風にアレンジしたレシピ。シュレッドチーズとパルメザンチーズをのせて丸ごといただいちゃいましょう!ボリュームが欲しい場合はホワイトソースで作るのがおすすめです。

2. コリンキーとパプリカのマリネ冷製スパゲッティ

コリンキーとパプリカのマリネの冷製スパゲッティ。だしも一緒にパスタに絡めるので、
野菜だけのパスタでも旨みたっぷり、大満足なひと品です。冷製仕上げなので、つるっといただけるのもうれしいですね。

3. コリンキーと仙台麩のちゃんぷるー

コリンキーを炒めて麩、出汁、うす口醤油、塩コショウを加えたら完成。コリンキーのシャキシャキ感を楽しみたいなら、炒めるのを最初ではなく最後に加えるのがおすすめです。お好みで小口ネギ、かつお節をかけてめしあがれ!

4. コリンキーの冷製ポタージュ

特集一覧

SPECIAL CONTENTS