ローディング中

Loading...

かぼちゃの一種であるコリンキーはクセが少なく皮ごと食べられる野菜です。歯ざわりがよく、コリコリとした食感でなんと生食でも食べられますよ。珍しい野菜ですが、調理に取り入れやすいお手軽野菜。食べ方からサラダやスープなどレシピもご紹介します!

「コリンキー」とは?

みなさん、栄養満点のコリンキーってご存知ですか?コリンキーとは日本では珍しい変わりカボチャ。なんとこのまま生食でも食べられるそうです!果皮は鮮やかなレモン色で見た目もとってもきれいですね!
コリンキーは、山形県の山形セルトップとサカタのタネの種苗会社によって2002年に品種登録されたカボチャの一種です。オーストラリアのカボチャと日本のカボチャを掛け合わせて、生食用に開発されたカボチャです。オーストラリアのカボチャは色々な種類がありますが、水分が多いのが特徴ともいわれているそう。生食用の開発に、ぴったりな掛け合わせだったんですね。
カボチャの一種であるコリンキーのサイズは1つ500g~1kg程度。完熟させず、若取りすることでクセが少なく皮ごと食べられるのです。食べてみると歯ざわりがよくコリコリとした歯ごたえが特徴だとか!カボチャのような生臭い感じがないのでサラダや浅漬けにも最適だそうです。

おすすめの食べ方は生食!

コリンキーの最大の特徴はなんといっても生で食べられるという点です。完熟させず、若取りすることでクセが少なく水分も多めで食べやすくなります。

コリンキーのお味は?

コリンキーは生のまま食べることができるのでズボラな人にもおすすめ。とりあえず切って、食べてみるということができますよ。まずはサラダで食べるのがおすすめなんだとか。ズッキーニに似た食感で、カボチャというよりはキュウリに近い感じだという感想も!

こんなにすごいコリンキーの栄養

アンチエイジング

βカロテンが豊富に含まれています。βカロテンは体内でビタミンAに変わり、目の調子やお肌の調子を整えてくれます。また、βカロテンには強力な抗酸化作用があるため、体内で発生した活性酸素を除去する働きがあり、アンチエイジングにも期待できますよ。

デトックス効果

食物繊維と通常のカボチャよりも水分を多く含む野菜なので、便を柔らかくして、お通じをよくしてくれます。腸内に溜まった老廃物を除去することで、お肌も明るくなり美肌効果にも期待できます。

代謝の働きをサポート

また、ビタミンB1・ビタミンB2などビタミンB群も含まれています。ビタミンB群は、炭水化物や糖質、たんぱく質の代謝をサポートする重要な栄養素。例えば、ビタミンB1が不足すると糖質の分解が行われず、乳酸が溜まり疲れやすくなります。ビタミンB2は細胞の再生とエネルギー代謝に関わる栄養素。これが不足すると口内炎や肌荒れなどの原因になってしまいます。
その他にもビタミンC・カリウム・カルシウム・鉄などのミネラルも含まれてるので健康を意識している人にもおすすめですよ。野菜不足を感じている人は付け合わせの野菜としていかがでしょうか?

おすすめレシピもご紹介

コリンキーの彩りサラダ

コリンキー、なす、パプリカを角切りにして、油で素揚げします。お皿に盛って、輪切りのミニトマトをちらし、バージンオリーブオイルとレモン汁、醤油で作ったドレッシングをかけたら完成。

コリンキースライスでバラの花サラダ

コリンキーをビーラーなどでスライスします。ボールに入れて塩を振り入れ、しんなりするまで時間を置きます。生ハムを半分に切ります。コリンキーと生ハムを交互にのせて、はじから巻いていきます。お皿に縦にして盛り付ければ、バラの花サラダの出来上がり!生で食べられる野菜ならではの、ゴージャスなアレンジレシピです。

コリンキーの簡単ピクルス

コリンキーは食べやすい大きさの薄切りに切ったら、塩、酢、オリーブオイル、赤唐辛子、ローリエ、粒こしょうに漬けておきます。冷蔵庫で冷やし数時間たったら出来上がり!コリコリした食感が楽しいさっぱりピクルスです。

コリンキーの器で冷製ポタージュ

コリンキーを半分に切り、タネとワタをくり抜きます。底が安定するよう少しカットします。スープの具になる部分をスプーンでかき出し、器は冷蔵庫で冷やしておきます。お鍋に水と薄切りにした玉ねぎ、コンソメ顆粒を入れて煮込みます。さらにコリンキーを入れてやわらかくなったらミキサーに移し、牛乳を入れて撹拌します。塩・こしょうをして味を整え、冷蔵庫でスープを冷やします。冷やした器にスープをよそったら出来上がり!

コリンキージャム

1センチ角に切ったコリンキーをお鍋に入れ、水と砂糖で15分ほど茹でます。コリンキーの形が残る状態でレモン汁を加え、消毒した瓶へ移します。煮沸消毒をして完成!カボチャの食感が残る楽しいジャムができますよ。
他にもいろんなレシピを知りたい方はこちらもどうぞ↓

栄養満点のコリンキーを食べよう!

以前はあまり流通していなかったために滅多に見かけない野菜でしたが、最近はスーパーなどで見かけるまでになっているそうです。もしかしたらあなたの近所のスーパーにもあるかもしれませんね!生でも食べられる野菜なので、暑い時期なら、火を使わず手軽にサラダにして取り入れることができますよ。さっそくコリンキーを探しに行ってみましょう。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

ほうれん草 まとめ

ほうれん草を常備したいなら、冷凍保存すればグンと長持ちすることをご存じですか?冷蔵庫で数日放置するとヘタッとなってしまい、意外と日持ちがよくないですよね…。そこで今回は、ほうれん草の冷凍保存を方法別にご紹介し…

じゃがいも レシピ

玉ねぎを電子レンジ5分で調理するねとめしが「絶品」とツイッターで話題になっています!使う材料は、玉ねぎ、コンソメやバター、ポン酢、黒胡椒のたった5種類。本当に簡単に絶品ねとめしが作れるのか、作り方やアレンジな…

レシピ おしゃれ

おつまみにもなりお野菜も食べられるバーニャカウダは女子に大人気!おもてなしにもおすすめです。今回は、バーニャカウダに合う野菜の種類、下ごしらえの方法、おすすめのレシピについてご紹介します。バーニャカウダで野菜…

かぼちゃ サラダ レシピ チーズ まとめ

夏野菜のかぼちゃを使ったサラダの人気レシピを一挙ご紹介します。チーズやレーズンをプラスして、さまざまなアレンジを効かせることができますよ!甘くて食べやすいサラダは、おいしいだけでなくおなかもいっぱいになり栄養…

スイカ

夏の風物詩、スイカ。大ぶりなものを見かけるとつい食べたくなりますね!でも、おウチの冷蔵庫で冷やすってちょっとむずかしくありませんか?そこで今回は、自宅で実践できるスイカの冷やし方をご紹介!キンキンに冷やして、…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

ランチ おやつ まとめ

食事の時間も予算も削ってアトラクションを楽しみたい! そんなアクティブ派のために気楽に食べられておいしいフード・ポイントをご紹介(๑╹ڡ╹๑)

チョコレート スイーツ まとめ

バレンタイン間近!チョコやお菓子作りに、大人なチョコレートリキュールを使ってみてはいかがですか?お酒としてそのままプレゼントするのもアリ!カクテルにしてもカフェ感覚でコーヒーで割っても美味しいですよ♪今回は、…

まとめ

自然と触れ合い、清々しい時間を過ごせる「ハイキング」はやっぱり春ですよね〜♡ 寒い冬とは違う、爽やかな空気と新緑を目にするとワクワクしてきます♪普段アウトドア派じゃない人や初心者さんも心配いりません!コレでポ…

まとめ B級グルメ

B級グルメは「安価で、庶民的でありながら、おいしいと評判の料理のこと」。そんなB級グルメを美味しい食材のとれる中部地方の各県別でまとめました。どれも美味しそうで面白い!料理ばかり。北陸・東海・甲信越にいく際に…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

うなぎ

自分へのご褒美としてプチ贅沢を楽しむ。これは誰でもしていることですね!土用の丑の日を間近に控えた今は、おいしいうなぎを食べることに血道を上げる「うな女」が増加中!彼女たちが望むうなぎの条件から、今年買うべきう…

かき氷 山梨 いちご

この夏、「サントリー南アルプスの天然水」がかき氷になります!食べられる場所は、同商品の採水地がある山梨県・北杜市市内。天然水でできた氷と贅沢で風味豊かなシロップ、かき氷マイスターのワザが生み出した逸品は、食べ…

まとめ

上手な魚の焼き方とコツを知れば、自宅のグリルやフライパンでも、パリッとした皮とフワッとした身の焼き魚に仕上がります。火加減、油や塩の使い方などなど、ご飯が進むおいしい焼き魚の作り方をご紹介します。今日からぜひ…

手に取りやすい価格が魅力のニトリ。そんなニトリから発売されている「唐茶削ぎ」シリーズをご存知ですか?手頃な価格だけでなく、どんな料理をのせても映えることからインスタでも大人気です。今回はとっても素敵な食器、唐…

BBC

ツイッターやインスタグラム、クックパッドやテレビなど、メディアで話...

ページTOPに戻る