ローディング中

Loading...

かぼちゃの一種であるコリンキーはクセが少なく皮ごと食べられる野菜です。歯ざわりがよく、コリコリとした食感でなんと生食でも食べられますよ。珍しい野菜ですが、調理に取り入れやすいお手軽野菜。食べ方からサラダやスープなどレシピもご紹介します!

「コリンキー」とは?

みなさん、栄養満点のコリンキーってご存知ですか?コリンキーとは日本では珍しい変わりカボチャ。なんとこのまま生食でも食べられるそうです!果皮は鮮やかなレモン色で見た目もとってもきれいですね!
コリンキーは、山形県の山形セルトップとサカタのタネの種苗会社によって2002年に品種登録されたカボチャの一種です。オーストラリアのカボチャと日本のカボチャを掛け合わせて、生食用に開発されたカボチャです。オーストラリアのカボチャは色々な種類がありますが、水分が多いのが特徴ともいわれているそう。生食用の開発に、ぴったりな掛け合わせだったんですね。
カボチャの一種であるコリンキーのサイズは1つ500g~1kg程度。完熟させず、若取りすることでクセが少なく皮ごと食べられるのです。食べてみると歯ざわりがよくコリコリとした歯ごたえが特徴だとか!カボチャのような生臭い感じがないのでサラダや浅漬けにも最適だそうです。

おすすめの食べ方は生食!

コリンキーの最大の特徴はなんといっても生で食べられるという点です。完熟させず、若取りすることでクセが少なく水分も多めで食べやすくなります。

コリンキーのお味は?

コリンキーは生のまま食べることができるのでズボラな人にもおすすめ。とりあえず切って、食べてみるということができますよ。まずはサラダで食べるのがおすすめなんだとか。ズッキーニに似た食感で、カボチャというよりはキュウリに近い感じだという感想も!

こんなにすごいコリンキーの栄養

アンチエイジング

βカロテンが豊富に含まれています。βカロテンは体内でビタミンAに変わり、目の調子やお肌の調子を整えてくれます。また、βカロテンには強力な抗酸化作用があるため、体内で発生した活性酸素を除去する働きがあり、アンチエイジングにも期待できますよ。

デトックス効果

食物繊維と通常のカボチャよりも水分を多く含む野菜なので、便を柔らかくして、お通じをよくしてくれます。腸内に溜まった老廃物を除去することで、お肌も明るくなり美肌効果にも期待できます。

代謝の働きをサポート

また、ビタミンB1・ビタミンB2などビタミンB群も含まれています。ビタミンB群は、炭水化物や糖質、たんぱく質の代謝をサポートする重要な栄養素。例えば、ビタミンB1が不足すると糖質の分解が行われず、乳酸が溜まり疲れやすくなります。ビタミンB2は細胞の再生とエネルギー代謝に関わる栄養素。これが不足すると口内炎や肌荒れなどの原因になってしまいます。
その他にもビタミンC・カリウム・カルシウム・鉄などのミネラルも含まれてるので健康を意識している人にもおすすめですよ。野菜不足を感じている人は付け合わせの野菜としていかがでしょうか?

おすすめレシピもご紹介

コリンキーの彩りサラダ

コリンキー、なす、パプリカを角切りにして、油で素揚げします。お皿に盛って、輪切りのミニトマトをちらし、バージンオリーブオイルとレモン汁、醤油で作ったドレッシングをかけたら完成。

コリンキースライスでバラの花サラダ

コリンキーをビーラーなどでスライスします。ボールに入れて塩を振り入れ、しんなりするまで時間を置きます。生ハムを半分に切ります。コリンキーと生ハムを交互にのせて、はじから巻いていきます。お皿に縦にして盛り付ければ、バラの花サラダの出来上がり!生で食べられる野菜ならではの、ゴージャスなアレンジレシピです。

コリンキーの簡単ピクルス

コリンキーは食べやすい大きさの薄切りに切ったら、塩、酢、オリーブオイル、赤唐辛子、ローリエ、粒こしょうに漬けておきます。冷蔵庫で冷やし数時間たったら出来上がり!コリコリした食感が楽しいさっぱりピクルスです。

コリンキーの器で冷製ポタージュ

コリンキーを半分に切り、タネとワタをくり抜きます。底が安定するよう少しカットします。スープの具になる部分をスプーンでかき出し、器は冷蔵庫で冷やしておきます。お鍋に水と薄切りにした玉ねぎ、コンソメ顆粒を入れて煮込みます。さらにコリンキーを入れてやわらかくなったらミキサーに移し、牛乳を入れて撹拌します。塩・こしょうをして味を整え、冷蔵庫でスープを冷やします。冷やした器にスープをよそったら出来上がり!

コリンキージャム

1センチ角に切ったコリンキーをお鍋に入れ、水と砂糖で15分ほど茹でます。コリンキーの形が残る状態でレモン汁を加え、消毒した瓶へ移します。煮沸消毒をして完成!カボチャの食感が残る楽しいジャムができますよ。
他にもいろんなレシピを知りたい方はこちらもどうぞ↓

栄養満点のコリンキーを食べよう!

以前はあまり流通していなかったために滅多に見かけない野菜でしたが、最近はスーパーなどで見かけるまでになっているそうです。もしかしたらあなたの近所のスーパーにもあるかもしれませんね!生でも食べられる野菜なので、暑い時期なら、火を使わず手軽にサラダにして取り入れることができますよ。さっそくコリンキーを探しに行ってみましょう。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

プリン

2017年5月8日(月)、「チェリオ 森永の焼プリン味」が発売されました!森永の人気2商品が出会って、どんな味わいに仕上がっているんでしょうか?チェリオファンも焼プリンファンも見逃せない新商品です。実食レビュ…

レシピ まとめ

あんかけ焼きそばは具をたっぷりと入れることができ、栄養バランスも整えやすいのがうれしいですね。ご自宅でも簡単に作ることができ、アレンジもしやすいです。今回は、海鮮系や肉系、アレンジ系など人気のレシピ15選ご紹…

かぼちゃ レシピ まとめ

かぼちゃを丸ごと買ったはいいものの、使い切れない!という経験はありませんか?そんな時は冷凍保存をするのが賢い方法。生のまま、加熱後、調理後など、シーン別に、かぼちゃの上手な冷凍方法や保存期間を解説します。活用…

乾物の大豆は一度水で戻してから調理するのが基本ですが、上手で簡単な戻し方ってご存じですか?実は、誰でも簡単に大豆を戻すことができるのです。今回は大豆の基本的な戻し方、短時間で戻す方法、そして大豆を使ったおいし…

じゃがいも

私達の食卓に並ぶことが多いじゃがいも。レンジで加熱する場合、時間はどのくらいがよいのでしょうか?蒸すなら何分ぐらい?今回は、じゃがいもにレンジで火を通す際の時間、蒸す方法、さらに時短レシピまで詳しくご紹介しま…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

ランチ おやつ まとめ

食事の時間も予算も削ってアトラクションを楽しみたい! そんなアクティブ派のために気楽に食べられておいしいフード・ポイントをご紹介(๑╹ڡ╹๑)

チョコレート スイーツ まとめ

バレンタイン間近!チョコやお菓子作りに、大人なチョコレートリキュールを使ってみてはいかがですか?お酒としてそのままプレゼントするのもアリ!カクテルにしてもカフェ感覚でコーヒーで割っても美味しいですよ♪今回は、…

まとめ

自然と触れ合い、清々しい時間を過ごせる「ハイキング」はやっぱり春ですよね〜♡ 寒い冬とは違う、爽やかな空気と新緑を目にするとワクワクしてきます♪普段アウトドア派じゃない人や初心者さんも心配いりません!コレでポ…

まとめ B級グルメ

B級グルメは「安価で、庶民的でありながら、おいしいと評判の料理のこと」。そんなB級グルメを美味しい食材のとれる中部地方の各県別でまとめました。どれも美味しそうで面白い!料理ばかり。北陸・東海・甲信越にいく際に…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

レシピ

コンパクトホットプレートで有名な「BRUNO(ブルーノ)」シリーズに、「グリルポット」が登場していることをご存知ですか?1台で「煮る・焼く・蒸す・揚げる」の4役をこなす電気鍋なんですよ!使用感やお手入れの様子…

食べ歩き 韓国料理 韓国

macaroniとDeNAトラベルのコラボ企画「韓国vs台湾 最新食べ歩きグルメを調査せよ」。おかげさまで多数のご応募をいただきました!今回は、当選した特派員によるレポートをお届け。食べ歩きグルメの最新トレン…

お酢に果物を漬け込むだけで、手軽に作ることのできる「フルーツビネガー」。さわやかな味で、暑い夏にぴったりの飲み物です。しかし、作る前にビンの消毒しっかりしないと、早く傷んでしまうことも…衛生的で…

まとめ

緑黄色野菜に含まれる栄養成分、ルテイン。目に蓄積する特性から、目の症状に効果的といわれています。なじみの少ない名前ですが、目を守る大切な働きを担っています。ぜひ覚えていただき、目のアンチエイジングに役立ててく…

BBC

ツイッターやインスタグラム、クックパッドやテレビなど、メディアで話...