ライター : ちあき

育児のかたわらライターをしています。元出版社勤務、料理も食べ歩きも大好きです。母になっても好奇心を大切にしていきたいと常々思っています。みんながハッピーになれるグルメ情報が…もっとみる

名脇役「カボス」の特徴

そっと添えてあるだけで、料理の格がワンランクアップするカボス。天ぷらなどの揚げ物には味をやわらげてくれたり、焼き魚においては生臭さを消してくれたりと、料理の味を引き立ててくれる名脇役ですよね。 カボスはゆずの近縁種で枝には鋭い刺があり、翼葉は大きく、緑色のうちに収穫されます。熟してくると黄色くなり、酸味が落ちてしまうとか。原産地はヒマラヤ地方で、日本には江戸時代の始めに渡ってきたと言われています。

旬の時期

カボスが旬を迎える季節は、主に夏から秋にかけて。6月ごろから収穫が始まり、9〜10月でピークとなります。産地によっても変わりますが、基本的にはこの辺りが旬であると言えそうですね。

主な産地

カボスは年間で、約5,500トンほど収穫されています。そのうちの約98%を占めているのが、大分県です。その次に愛媛県、福島県と続きますが、その差は圧倒的!大分県なくして、日本のカボスは語れないんですね。

カボスとすだちの違い

カボスもすだちも緑色の柑橘類で、どちらも薬味として使うので、お店で出てきたときにこれってすだち?カボス?と分からない方も多いのではないでしょうか。そんな、見た目も風味もよく似ているカボスとすだちですが、一体どのように見分ければいいのでしょうか?

カボス

・テニスボール大(150g) ・大分県産がほとんど ・上品な香り ・酸味が弱め

すだち

・ゴルフボール大(40g) ・徳島県産がほとんど ・清々しい香り ・酸味が強め
このように、実際に比べてみるとその違いは歴然で、見分け方は大きいほうがカボス、小さいほうがすだちです。それぞれテニスボール、ゴルフボールと考えておけば、分かりやすいですね!
Photos:7枚
テーブルの上にのせられたカボス
カボスを添えた冷やしうどん
白い食器に入ったトマトとたっぷりのポン酢
オレンジ色のマグカップに入ったカボスラテ
冷蔵庫を開けてものを取る女性
一覧でみる
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS