ライター : Raico

製菓衛生師 / スイーツ&フードアナリスト / フードライター

情報誌の編集・ライターとして出版社に勤務後、パティシエとしてホテル・洋菓子店・カフェレストランにて修業を重ね、デザート商品開発に携わる。一方でフードコーディネーター、ラッピ…もっとみる

はちみつ選び方のポイント

はちみつは「純粋はちみつ」「加糖はちみつ」「精製はちみつ」に分けられます。「純粋はちみつ」は豊富な栄養が入っていて、人工的に手を加えない天然のはちみつで、「加糖はちみつ」「精製はちみつ」は人工的に手が加えられたはちみつ風の甘味料になります。「純粋はちみつ」を選び、ラベルに「純粋」と書かれてあれば、天然のはちみつです。

産地

全世界で養蜂は行われており、中国、旧ソ連地域、アメリカの3か国で約半数を生産しています。場所が違えば特徴は異なり、その土地の風土を反映した特徴的なはちみつがあります。また外国製は生産コストの違いにより、特に東南アジアのものは安くなっています。

メーカー

ラベルを見て原産地名や原料名、採蜜花名をチェックしましょう。「精製はちみつ(蜂蜜)」、「異性加糖」「加糖はちみつ(蜂蜜)」と書かれ、添加物の記載があれば、純粋はちみつではありません。また養蜂場・養蜂家がはっきりと表記があれば、より信頼できるといえるでしょう。

コスパ

国産の純粋はちみつは高価になりますが、外国産の純粋はちみつは、国産よりも価格が抑えられています。「天然はちみつ」の国際基準は、水分量が20%以下などと決められており、輸入時にチェックされています。また、中国産のはちみつで「純粋はちみつ」でも、価格が安すぎるものは、人口的に手が加えられている可能性が高いです。国産のものや養蜂が盛んに行われ高品質なニュージーランド産、はちみつ作りの基準が厳しいヨーロッパ産の物を選ぶのがおすすめです。

はちみつの産地別!おすすめ商品4選

1. 国産 人気の「れんげはちみつ」

ITEM

はちみつ 専門店【かの蜂】 国産 九州 レンゲ 蜂蜜 600g 完熟 の 純粋 蜂蜜 (瓶容器)

¥2,942 ※2018年04月09日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

Amazonで見る

日本養蜂協会の定める品質規格があり、それをクリアしたものが「国産天然はちみつ」と謳え、安全安心の国産はちみつといえます。生産量が多いのは北海道で、長野、秋田、熊本が続きます。人気のあるアカシアやレンゲのほか、しなのき、なたね、とち、ミカン、リンゴなど様々な種類があります。

2. ハワイ 幻の白いはちみつ「レア・ハワイアン」

ITEM

【送料無料】レアハワイアンオーガニックホワイトキアヴェハニー 8oz(226.8g)幻の白いはちみつ ハワイ産 ホワイト

¥5,400〜 ※2018年04月09日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

楽天で見る

ハワイで生産されるはちみつの2.3%で、しかもハワイ島でしか採れない、幻の白いはちみつ「レア ハワイアン」。ホワイトハニーは舌触りがとても滑らかで、クセがなく甘みがすっきりしていて、後味もほんのり残るクリーミーハニー。ハワイのお土産としても人気のひと品です。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS