辛みと風味のスパイス「マスタードシード」でいつもの料理を本格的に

普段あまり購入することのないマスタードシード。意外とさまざまな料理と相性のよいスパイスなので、みなさんもいろいろなレシピに活用してみてはいかがですか?今回はマスタードシードの特徴や種類、使い方に迫りつつ、おすすめの商品もご紹介しちゃいます♪

マスタードシードを活用してみよう

マスタードシードとは

マスタードシードとは、アブラナ科の一年草の種子で、その種子を乾燥させたもののことを言います。見た目は直径1~2mmの小さな球形をしており、色は種類により、黄色または褐色、もしくは黄白色が一般的です。

原産地は中央アジアから西アジア、中東、地中海沿岸にかけて広く分布しており、さまざまな料理と相性のよい香辛料として、世界中で広く使われています。

味や香り

マスタードシードは粒のままでは無味無臭ですが、すりつぶして水分と練ることで特有の辛みと香りが発生します。

種類により、マイルドな辛み、刺激的な辛み、鼻にツンとくる鮮烈な辛みとさまざまな味わいがあり、40℃くらいのぬるま湯で混ぜると辛さがより引き立つそうです。

マスタードパウダーとの違い

粒状のマスタードシードをすりつぶして粉末状にしたものがマスタードパウダーです。こちらは、辛みの強いものとマイルドな辛さのものを組み合わせるなどして、数種類のマスタードをブレンドして使うこともできます。

使い方はいたってシンプルで、ボウルかコップに必要な分量のパウダーを投入し、ぬるま湯を少しずつ注ぎながらかき混ぜるだけです。時間が経つと辛みや風味が無くなってしまうので、使用する分だけをその都度作るようにしましょう。

マスタードシードの使い方

ドレッシングやマリネ液、ピクルスに

マスタードシードは乳化作用があるので、粗くすりつぶしてドレッシングに加えると混ざりがよくなります。また、マスタードシードにお酢とハチミツ、塩を加えて1週間ほど置いておくだけで、自家製の粒マスタードを作ることも可能です。

さらに、粒のままお酢やマリネ液に漬け込み、魚や肉料理の風味付けに使用するのもおすすめ。マスタードシードをお酢や数種類のハーブと合わせ、ピクルスとしていただくのもGOODです。

炒め物やカレーのスパイスに

マスタードシードは油との相性もよく、ホールのまま肉や野菜などの炒め物に加えて、その食感を楽しむという使い方もあります。

またインド料理では、すり鉢などですりつぶしてからカレーに加えることも一般的。最初の風味付け(スタータースパイス)として使ったり、熱した油に香りを移して(テンパリング)から使うこともあります。こうすることで香りと香ばしさが増し、カレーの仕上がりにより一層深みがプラスされるそうです。

マスタードシードの種類

マスタードシードは一般的に、ブラックマスタードシード、ブラウンマスタードシード、イエローマスタードシードの3種類に大分されることが多いようです。それぞれ味や風味が少しずつ異なり、適した料理もさまざまなので、その特徴や使い方について簡単にご説明しておきたいと思います。

ブラックマスタードシード

ブラックマスタードシードは、小粒で外皮の黒いマスタードシードのことを指します。別名「黒がらし」とも呼ばれ、3種類の中でもっとも辛み成分が強く、わさびにも似た鼻にツーンとくる辛さが特徴的です。

刺激的な辛みと風味が持ち味で、魚料理や肉料理との相性も抜群。粒マスタードの材料にも用いられています。

ブラウンマスタードシード

ブラウンマスタードシードはブラックマスタードシードと非常によく似ています。外皮の色は若干薄めですが、粒の大きさはほぼ同じ。刺激的な味わいですが、ブラックマスタードシードほどの強い辛みはありません

魚や肉料理はもちろん、カレーの香り・辛み付けにも使用されることが多く、幅広い料理に用いられている品種です。

特集

SPECIAL CONTENTS