キムチの賞味期限切れは食べてもいい?日持ちさせるポイントまとめ!

キムチの賞味期限知っていますか?キムチは韓国発祥の発酵食品ですが、日本でもすっかりおなじみになり、日々の食卓の人気もの。常備されていることも多いキムチ、皆さんはどうやって保存していますか。キムチは保存の仕方によって賞味期限がぐんと伸びます!

2018年12月4日 更新

ライター : ちあき

育児のかたわらライターをしています。元出版社勤務、料理も食べ歩きも大好きです。母になっても好奇心を大切にしていきたいと常々思っています。みんながハッピーになれるグルメ情報が…もっとみる

賞味期限が過ぎたキムチは食べられるの!?

ピリッとした辛さと、ほのかな酸味が特徴のキムチ。韓国発祥で、野菜と塩・唐辛子、魚介類等、ニンニクなどを主に使用した発酵食品です。日本で言うところの漬け物のような感覚でしょうか。白菜を浸けたものが最も有名ですが、この他にもキュウリや大根など、本場韓国では様々なキムチが見られます。 そのまま食べるのはもちろん、ご飯にのせたり、鍋に入れたりと昨今の韓流ブームもあってか、日本でもすっかりおなじみとなりました。そんなキムチの賞味期限について考えたことがありますか?キムチは日が経つにつれてどんどん酸味が増してきます。発酵食品ということで、一見長持ちしそうなような気がするものの、実際のところはどうなのでしょうか。 今回は、そんなキムチの賞味期限や保存方法についてご紹介します。体によいとされている発酵食品、正しい保存方法を知り、おいしくいただきましょう!

賞味期限ってどのくらいなの?

日本で作られているキムチの場合、本場韓国と比べると乳酸菌を少なめにして発酵を抑えているものが多いそう。そのため、賞味期限も本場と比べると短い場合が多いのだとか。商品や使っている材料にもよりますが、一般的なキムチの賞味期限は、未開封のもので約1ヶ月、開封済みのものは約2週間です。この期間を過ぎたからと言って体に害を与えるわけではありませんが、できる限り賞味期間内に食べ切る方がよいでしょう。

常温保存もできる!

キムチは、開封前であれば常温保存も可能です。しかし、湿度が高くなる梅雨時期や熱い季節はできるだけ避けましょう。未開封、かつ10度以下の場所であれば常温保存もできますが、季節を問わず冷蔵庫での保存が安全です。

賞味期限が過ぎても食べられるって本当?

できる限り、賞味期限内に食べた方がよいキムチですが、賞味期限が過ぎてしまっても食べることはできます。そもそも、賞味期限とは、各メーカーが保証するおいしく食べられる期間のことをいいます。この期間を過ぎた場合、風味や香りが落ちる可能性はありますが、食べること自体はできます。表示された正しい方法で保存をしたうえで、食べる際には必ず見た目やニオイを確認してくださいね。

賞味期限と消費期限

「賞味期限」と「消費期限」の違いについてはご存じでしょうか?先述の通り、「賞味期限」というのはおいしく食べられることができる期限のことをいいます。おいしさが保証されている期限といえます。賞味期限を過ぎたものは食べられないものではなく、定められた方法により保存した場合には、期待されるすべての品質が十分に保たれると認められた期限を示す年月日をいいます。 一方、注意が必要なのは「消費期限」です。「消費期限」は、期限を過ぎたら食べない方がよい期限のことをいい、安全性の保証期限ともいえます。定められた方法で保存した場合において、腐敗や品質の変化、劣化に伴い安全にそれらを食べられる期限を示す年月日になります。食品を購入する際は、上記2つの期間の違いを頭に入れておいてくださいね。

本場韓国では賞味期限すらない?

実は、韓国にあるキムチには賞味期限すらないといいます。理由は、製造方法の違いにあります。韓国のキムチの製造方法では、まず白菜を1日程度塩漬けにします。翌日、塩抜きし、白菜の葉に薬味をまぶして壺などに入れて、本漬けをします。本漬けの作業は、4〜5日ほどで完成します。 韓国のキムチは、日本のキムチと違って乳酸発酵するため、時間経過とともに、味や食感が変わり続けます。韓国のキムチの場合、いつまでに食べなければといった決まりはなく、好みの酸っぱさ(経過日数)で食べます。いつが最も美味しいか、いつまで食べられるかは、食べる人が判断するそうですよ。

特集

FEATURE CONTENTS