ローディング中

Loading...

キムチの賞味期限知っていますか?キムチは韓国発祥の発酵食品ですが、日本でもすっかりおなじみになり、日々の食卓の人気もの。常備されていることも多いキムチ、皆さんはどうやって保存していますか。キムチは保存の仕方によって賞味期限がぐんと伸びます!

賞味期限が過ぎたキムチは食べられるの!?

ピリッとした辛さと、ほのかな酸味が特徴のキムチ。韓国発祥で、野菜と塩・唐辛子、魚介類等、ニンニクなどを主に使用した発酵食品です。日本で言うところの漬け物のような感覚でしょうか。白菜を浸けたものが最も有名ですが、この他にもキュウリや大根など、本場韓国では様々なキムチが見られます。

そのまま食べるのはもちろん、ご飯にのせたり、鍋に入れたりと昨今の韓流ブームもあってか、日本でもすっかりおなじみとなりました。そんなキムチの賞味期限について考えたことがありますか?キムチは日が経つにつれてどんどん酸味が増してきます。発酵食品ということで、一見長持ちしそうなような気がするものの、実際のところはどうなのでしょうか。

今回は、そんなキムチの賞味期限や保存方法についてご紹介します。体によいとされている発酵食品、正しい保存方法を知り、おいしくいただきましょう!

賞味期限ってどのくらいなの?

日本で作られているキムチの場合、本場韓国と比べると乳酸菌を少なめにして発酵を抑えているものが多いそう。そのため、賞味期限も本場と比べると短い場合が多いのだとか。商品や使っている材料にもよりますが、一般的なキムチの賞味期限は、未開封のもので約1ヶ月、開封済みのものは約2週間です。この期間を過ぎたからと言って体に害を与えるわけではありませんが、できる限り賞味期間内に食べ切る方がよいでしょう。

常温保存もできる!

キムチは、開封前であれば常温保存も可能です。しかし、湿度が高くなる梅雨時期や熱い季節はできるだけ避けましょう。未開封、かつ10度以下の場所であれば常温保存もできますが、季節を問わず冷蔵庫での保存が安全です。

賞味期限が過ぎても食べられるって本当?

できる限り、賞味期限内に食べた方がよいキムチですが、賞味期限が過ぎてしまっても食べることはできます。そもそも、賞味期限とは、各メーカーが保証するおいしく食べられる期間のことをいいます。この期間を過ぎた場合、風味や香りが落ちる可能性はありますが、食べること自体はできます。表示された正しい方法で保存をしたうえで、食べる際には必ず見た目やニオイを確認してくださいね。

賞味期限と消費期限

「賞味期限」と「消費期限」の違いについてはご存じでしょうか?先述の通り、「賞味期限」というのはおいしく食べられることができる期限のことをいいます。おいしさが保証されている期限といえます。賞味期限を過ぎたものは食べられないものではなく、定められた方法により保存した場合には、期待されるすべての品質が十分に保たれると認められた期限を示す年月日をいいます。

一方、注意が必要なのは「消費期限」です。「消費期限」は、期限を過ぎたら食べない方がよい期限のことをいい、安全性の保証期限ともいえます。定められた方法で保存した場合において、腐敗や品質の変化、劣化に伴い安全にそれらを食べられる期限を示す年月日になります。食品を購入する際は、上記2つの期間の違いを頭に入れておいてくださいね。

本場韓国では賞味期限すらない?

実は、韓国にあるキムチには賞味期限すらないといいます。理由は、製造方法の違いにあります。韓国のキムチの製造方法では、まず白菜を1日程度塩漬けにします。翌日、塩抜きし、白菜の葉に薬味をまぶして壺などに入れて、本漬けをします。本漬けの作業は、4〜5日ほどで完成します。

韓国のキムチは、日本のキムチと違って乳酸発酵するため、時間経過とともに、味や食感が変わり続けます。韓国のキムチの場合、いつまでに食べなければといった決まりはなく、好みの酸っぱさ(経過日数)で食べます。いつが最も美味しいか、いつまで食べられるかは、食べる人が判断するそうですよ。

食べない方がよい状態のキムチとは?

韓国では賞味期限もないキムチ。日本でも未開封の状態であらばかなり長くその品質は保たれることがわかりました。しかし、そんなキムチももし以下のような状態になっていたら、食べるのを控えた方がよいでしょう。

すっぱくなりすぎている

購入した時より少し酸っぱい程度なら問題ありませんが、あまりにも酸っぱくなりすぎている場合には傷んでいるといえます。

カビが生えている

袋やタッパーなどから取り出し、緑色や青いカビが生えていたら、カビガ生えている証拠です。食べると体調を崩すなどの可能性が高いため、処分しましょう。

異臭がする

キムチは傷むと、独特のニオイの中に腐敗臭が混ざることがあります。酸っぱいニオイだけならば、発酵が進んでいるだけなのでまだ食べられます。しかし、嗅ぎたくないような腐敗臭が混じっているようであれば、傷んでいる可能性が十分に考えられます。 その際は、食べるのをやめておきましょう。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

ぶどう

そのまま食べてももちろんおいしいぶどうですが、冷凍すると長く保存できるだけでなく、甘味が増しておいしく食べることもできます。ぶどうの上手な冷凍保存方法と、保存期間(賞味期限)についてご紹介。ぶどうを買った際に…

里芋の皮むきって手間がかかって大変ですよね。ヌメりで滑ったり、手がかゆくなるという方も多いはず。そこで今回は、包丁・鍋・レンジの3つを使った、簡単な皮むき方法を大公開!面倒な皮むきが、これからはスムーズにでき…

キムチ レシピ まとめ

味がしっかりとしていて食べ応えのあるキムチ鍋。あなたはどのような具を入れていますか?キムチ鍋に入れる具によって、全体的な味わいが変わりますね。ここではキムチ鍋におすすめの具材をピックアップしてご紹介していきま…

さつまいも

甘くておいしいさつまいも。さつまいもの正しい保存方法を知っていますか。さつまいもの保存は洗わないことが長持ちの秘訣です。そのままの保存や冷凍保存方法、カットしたものはどうしたら?など、旬のさつまいもをぐっと長…

ハンバーグ

肉汁たっぷりなハンバーグを頬張ると、幸せな気持ちになりますよね。今回は、ハンバーグの基本の作り方を、タネのこね方から成形、焼き方まで細かいポイントもふまえてご紹介します。卵・パン粉なしでもおいしくできるハンバ…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

お土産 まとめ

「よかったら、どうぞ」と渡すものといえば、差し入れ。職場、取引先、バイト先…。シーンに合わせて喜ばれれば、そのイメージがそのままあなたのイメージになりますよ。 そこで今回は、「女子からの差し入れで、何を貰うと…

調味料 マヨネーズ まとめ

調味料はどこに保存していますか?常温で保存しているもの、冷蔵庫に入れているものなど色々あるかと思いますが、それは本当に正しいのでしょうか。カビの発生を防ぎ、劣化を遅らせて、風味をきちんと保つためにも、正しい保…

まとめ

野菜や果物ってすぐに新鮮さがなくなりますよね。そこで今回は知っておくと便利なキッチンライフハックを22選ご紹介します。野菜や果物のおいしさをキープして、新鮮な状態を長持ちさせる方法が知りたい方は必見ですよ。ぜ…

パン まとめ

コストコの人気定番商品『ディナーロール』。安いのにたっぷり入っており、冷凍しておくことで色々なレシピに使うことができるんです。今回はおいしく食べられる冷凍&解凍法と、アレンジレシピをご紹介!ぜひ買ってみてはい…

アメリカ まとめ

そのネーミングからか、アメリカオリジナルだと思っていた代表的な食べ物が、実はアメリカ人の発明ではなかった....そんな食べ物9選を紹介します。あなたは幾つご存知でしたか?

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

生茶にぴったりなお肉料理の写真をInstagramにアップするだけで、料理研究家・きじまりゅうたさんセレクトの高級お肉セットが当たる「#フォトジェ肉生茶」キャンペーンを開催します!とっておきの1枚で参加してみ…

魚介をおいしく食べるための「魚屋の鍋つゆ」シリーズが、鮮魚売り場でよく見る万城食品から発売されました!お魚やホタテ、エビなど、魚介のうまみを手軽に引き出せる鍋つゆなんですよ。4種類の鍋つゆを実際に試してみまし…

ローストビーフ

お肉料理と「キリン 生茶」のマリアージュをご紹介。「ワイルドな味わいに合うの?」と不思議に思うかもしれませんが、奥行きのある深い味わいが、お肉の繊細なうまみを引き立てるんですよ!料理研究家・きじまりゅうたさん…

ページTOPに戻る