冷凍あさりの解凍方法

冷凍のまま使う

殻付きの冷凍したあさりは、自然解凍では殻がうまく開かずにおいしく食べることができなくなってしまいますので、調理をする際には凍ったままの状態で使います。

一気に加熱する

調理時はじわじわと加熱するのではなく、強火で一気に火を入れます。そうすることによって、あさりの殻がしっかりと開きぷりぷりとした食感を楽しむことができますよ。 ※殻が開かないものに関しては、風味が損なわれていたり腐ってしまっていたりするので、食べないほうがベターです。

むき身あさりの冷凍方法

1. 砂抜きを済ませたあさりを耐熱容器に並べ、ラップをして600Wの電子レンジで2分加熱します。開かない場合は、30秒ずつ様子を見ながら加熱しましょう。 2. 殻が開いたら、スプーンやバターナイフで身を取り出します。出汁も出てきますので、そちらはひとつの容器にまとめて味噌汁の出汁としていただきましょう。 3. 粗熱がとれたら、フリーザーバッグに入れて平らに整え、冷凍して完成です。

自然解凍でもそのまま調理でもOK

むき身のあさりは殻つきの場合と違い、自然解凍でもOK。冷凍時に一度加熱していますので、自然解凍をした場合でもあさりは傷みにくく、風味が損なわれる心配がほとんどありません。自然解凍は、冷蔵庫にておこないましょう。 もちろん、殻つきと同様に凍ったまま調理することもできます。ぜひ、スープや炊き込みご飯、炒め物などにご活用ください。

あさりを冷凍して効率よく活用!

あさりは生ものですので、すぐに傷んでしまうイメージを持っていた方も多いのではないでしょうか。先述のとおり、冷凍保存すれば2ヶ月くらいはもちします。 むき身の冷凍は炊き込みご飯やお弁当のおかずにも便利ですし、殻つきは人が集まる機会にも見栄えがでるお料理に変身させられます。ぜひ、あさりを日々のお食事の機会にどんどん使って楽しんでみてくださいね。
▼あさりレシピを楽しもう♪
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS