ローディング中

Loading...

使い勝手が良く、定番人気のえのき。みなさんはえのきの保存、上手にできていますか?バターで炒めたりポン酢と和えたりと、おいしいえのきですが、保存期間はおよそ1週間ほど。でも、もっと長く保存できる方法があるんですよ!

えのきの保存どうしてる?

バター炒めはもちろん、お味噌汁やお鍋の具材など、様々な料理に使えるえのき。年間通して買えるものの、えのきは傷みやすいイメージがあるのでは。ポイントをおさえて上手に保存すれば、えのきはもっと長く食べられます。おいしいえのきを捨てずにすむ保存のコツをご紹介。

洗わず保存が基本!

一般的にきのこ類は水気に弱い特徴があります。保存の際は、洗わずにするのが基本です。また、えのきは冷蔵庫での保存が基本。常温で保存すると、すぐに傷んでしまいます。えのきは製造過程において最低3℃、最高8℃の低温環境で育ちますので、温度が高居場所では品質が落ちてしまいます。

袋のまま保存は避けて

多くの場合、えのきは袋に入って販売されていますよから、買ってきえのきを、袋入りのままポンと冷蔵庫に入れてしまう方もおおいのではないでしょうか。しかし、水気に弱いえのきは、袋のまま冷蔵保存すると、水滴が袋の中に充満し劣化を早める原因になります。買ってきた袋からは出して保存するようにしましょう。

冷蔵庫でまるごと保存する方法

準備するもの

・えのき
・新聞紙
・ビニール袋

手順

1.えのきを購入時のビニール袋から取り出し新聞紙で包みます。
2.新聞紙で包んだえのきをビニール袋に入れ冷蔵庫で保存しましょう。

保存期間

そのままのえのきを冷蔵庫で保存する場合には上記の通り、新聞紙に包んで保存すると1週間程度は保存ができます。ただし、購入時のビニール袋に入れたまま保存した場合には、3日程度が限界だと思っておきましょう。

ポイント

えのきを冷蔵庫で保存する際はできるだけ野菜室を利用してください。野菜室ではない冷蔵庫内に入れておくと、ドアを開け閉めする度に温度が変わってしまい水分が逃げ出しやすいため、えのきの傷みが早くなってしまいます。

残ったえのきの保存

残ってしまったえのきの保存は、石づきを外さず保存しましょう。

準備するもの

・残ったえのき
・新聞紙
・ビニール袋

手順

関連タグ

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

味の決め手に大活躍!簡単「海苔の佃煮」の活用レシピ7選

ただご飯に乗せるだけではもったいない!ということで、今回は「海苔の佃煮」を使った人気アレンジレシピ8選を紹介していきます。簡単に取り入れられるので、海苔の佃煮が冷蔵庫に眠っている方は、ぜひ活用してあげてくださ…

鮭フレークの作り方&簡単アレンジ12選!パスタやチャーハンだけじゃない!

パスタに和えたり、ご飯と混ぜてチャーハンにしたり。鮭フレークは、まさに家庭の味方です!そこで今回は、鮭フレークの作り方とアレンジレシピを、主食、おかず、おつまみに分けて12点ご紹介します。簡単なものばかりなの…

夏のマンネリ解消!「そうめん」のつけだれとアレンジレシピまとめ

夏の定番そうめんは、毎日食べると飽きてしまうもの。そこで今回は、トマトや豆乳などを使ったつけだれや、冷やしそうめんのアレンジレシピをまとめましたよ!どれも家にある材料で作れるものばかりなので、ぜひ料理の幅を増…

全て冷蔵保存はダメ!調味料を正しく保存して食の安全を確保しよう

調味料はどこに保存していますか?常温で保存しているもの、冷蔵庫に入れているものなど色々あるかと思いますが、それは本当に正しいのでしょうか。カビの発生を防ぎ、劣化を遅らせて、風味をきちんと保つためにも、正しい保…

簡単なのにおいしさ無限!レトルトカレーのアレンジレシピ!

時間がない日の食事に大助かりなレトルトカレー。同じ味にはもう飽きた……という方へ簡単アレンジレシピをご紹介!たまにはごはん以外で食べてみたい、そんな希望を叶えるレシピが盛り沢山!少し一手間加えるだけで、レパー…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

辛いつわりも軽減するかも?! つわり中に食べるべき『7』選

妊娠中の辛いつわり…人によって全然その加減は違うそうですが、実際に辛いつわりを経験した人たちが、そんなつわり中に「これを食べて楽になった!」という食べ物を理由付きで7つご紹介します♪是非、現在つわり真っ最中と…

気になる白髪を黒髪に!? 白髪の予防・改善に効果的な食べ物まとめ

白髪の原因については老化や遺伝、ストレスなど、多くあるようですが、最近の研究によって徐々に解明されつつあるそうです。今回は白髪の予防・改善に効果的な食べ物を紹介します。

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

連載記事

鍋ひとつでシャキシャキに!楽ちん『酢れんこん』レシピ

おせちやちらし寿司に使われることの多い酢れんこん。既製品は酢が強かったり、薄くスライスされていて歯ごたえがイマイチなこともしばしばです。でも、手づくりなら、絶妙なシャキシャキ感をキープできますよ!しかも、鍋ひ…

見るだけでお腹いっぱい!? 銀座「アメリカン」の超極厚サンドにうれしい悲鳴♩

過去最高といっても過言ではないほどサンドイッチがブームになっています。その中で多くのサンドイッチファンを悶絶させるサンドイッチが銀座「アメリカン」で提供されています。伝説と言われているサンドイッチをご紹介しま…

カレーは冷凍保存でグンと日持ち!保存期間と解凍のコツは?

家庭料理の定番料理、カレー。作りすぎて余ったカレーは冷凍保存こそ賢い!冷凍保存の上手な方法を覚えれば、常温や冷蔵よりもグンと日持ちします!今回は、カレーを冷凍保存する方法や保存期間について、また、解凍方法も併…

ページTOPに戻る