冷凍保存期間

冷凍保存した場合の賞味期限は、1か月程度です。しかし、日にちの経過とともに、風味は少しずつ落ちていきますので、なるべく早くいただきたいですね。

解凍方法

冷凍したニラを使う際は解凍せず、凍ったままの状態で火にかけて使うようにしましょう。その方がニラの風味や栄養を損なわず、おいしくいただくことができますよ。 ニラは、冷凍するとシャキシャキの食感が弱くなり、ペタっとしてしまいます。そのため、シャキシャキ感を残したい炒め物やサラダなどには向かなくなりますが、汁物の具材やニラ玉など、しっかりと火を通す料理には使えます。

【冷蔵】ニラの保存方法と保存期間(3〜4日程度)

冷蔵方法

1. 根元部分に塗れたキッチンペーパーをあてて、全体を新聞紙で包む。キッチンペーパーがない場合は、新聞紙で代用可能です。その場合は、濡れた新聞紙でニラ全体を包みましょう。 2. ポリ袋に入れ野菜室で保存する。

冷蔵保存期間

ニラをそのまま、もしくは食べやすいようカットのみして保存した場合は3から4日程度が保存期間とされています。一方、切って水に浸けた状態で保存した場合は1週間程度保存が可能です。 水に浸ける方法はひと手間かかるものの、直近でニラを使う予定がないのであればこちらがおすすめです。使用する予定や献立に応じて、さまざまな保存方法を試してみてくださいね。

注意点

ポリ袋に全体が入らないようなら、上からもポリ袋をかぶせましょう。こちらも、保存する際にニラを折らないよう注意してくださいね。

【常温】ニラの保存方法と保存期間(3日程度)

ニラの適正保存温度は0から5℃のため、常温での保存には適していません。しかし、冷蔵庫がいっぱいで入らないなど、どうしても常温で保存しなければならない場合は下記の方法で保存してください。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS