ニラは常温・冷蔵・冷凍が可能!? 保存方法のコツを掴んでおいしく長持ち!

栄養満点で様々なお料理に使えるニラ。日持ちしない野菜ですが、保存方法で長持ちさせることもできるんですよ。今回は、ニラの賢い保存方法と保存したニラをおいしく食べられるおすすめレシピをご紹介。ニラの使い方が変わるかもしれませんよ。

2017年4月28日 更新

ニラを長持ちさせるにはどうすればいい?

餃子や麻婆豆腐、ニラレバ炒め、チヂミなど……あらゆる料理に活躍してくれるニラ。独特のニオイがあるものの栄養価が高く、ビタミンA、C、カルシウムなどが豊富に含まれています。スタミナ増強や冷え症、貧血の改善、免疫力を高めるなどの期待ができるため、積極的に摂りたい野菜のひとつですよね。
しかし、ニラは傷みやすく、鮮度が落ちると香りや風味が落ちていきます。そのため、買ったあとは、できるだけその日のうちに使ッた方がよいでしょう。使う分量だけを買うのが1番ですが、1束単位で販売されているニラは、残ってしまうときもありますよね。そこで、今回はニラの保存方法と保存しておいたニラをおいしく食べるおすすめレシピをご紹介。少しでもニラを長持ちさせて、最後までおいしくいただきましょう。

新鮮なニラの選び方

ニラを長持ちさせるためには、新鮮なものを購入することが大前提。では、どのようなものを選べば新鮮なのでしょうか。選び方をご紹介します。

葉の色が濃いもの

ニラは、鮮度が落ちると、葉の色の緑が薄くなり、黄みを帯びてきます。そのため、購入時は、できるだけ葉の色の緑が濃く艶があり、しっかりしているものを選びましょう。また、手で束の根もとを持った時に、大きく曲がらずピンと立つものを選ぶと良いですね。しなびていたり、持った時にふにゃりと先が垂れ下がるようなものは食べ頃を過ぎてしまっている可能性がありますので、避けたほうがよいですよ。

切り口がみずみずしいもの

切り口がみずみずしく、新しいものを選びましょう。また、葉が折れるとそこから傷み始めるため、折れた葉がないものがいいですね。
1 / 5

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

ちあき

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう