食べ方の汚い人になってない?覚えておくべきキレイな食べ方のコツ

元気があるのとがさつであるのが違うように、何かを食べていても、おいしそうに思える人と不快に感じてしまう人がいます。食べた姿に失望されるのは避けたいものです。そこで今回は、ついついやってしまいがちな、汚い食べ方を紹介しましょう。

自分ひとりならいいけれど

長くつき合っていくうえで一致していないと厳しいものに、食べ物の好みがあります。それと同じくらい気をつけたいのは食べ方です。「好きなものを好きなように食べたい」と思うかもしれませんし、ひとりで食べるのならそれもいいでしょう。
でも人目につく場で食べたり、他人と食事をともにしたりするのであれば、見ていて不快に感じるような食べ方は避けたほうがいいはず。ひと頃から食生活も変化しましたし、TPOによってルールやマナーが変わることもありますが、注意したい食べ方をあげてみましょう。

お箸の使い方

昔からいわれているマナーにお箸の使い方があります。今回の汚い食べ方とは意味合いがやや異なるのですが、せっかくの機会ですので主なものを紹介しましょう。
刺し箸:料理に箸をつき刺して食べること。突き箸とも
立て箸:ご飯などに箸を突き立てること
探り箸:汁ものの具などを箸で探すこと
移り箸:箸でつまんだ料理を食べずに戻すこと。渡り箸とも
指し箸:箸で人や物を指し示すこと
寄せ箸:箸で食器を引き寄せること
にぎり箸:箸を正しい持ち方でなく、握るように持つこと
ねぶり箸:箸を舐めること
涙箸:箸や箸でつまんだ食べものから汁をポタポタこぼすこと
刺し箸や探り箸などは、無意識にしてしまっている人がいそうです。ねぶり箸や涙箸などは、今回のテーマにつながるものがありそうです。さらに論外なのは、にぎり箸。小さな子供なら微笑ましいかもしれませんが、大の大人であれば直したいもの。箸の持ち方を矯正する道具なども売っていますので、ぜひ正しい箸の持ち方を覚えてください。

食べ方が汚いと思われるのはこれ!

一概に“汚い食べ方”といってもいろいろあるのですが、まず「姿勢」、そして「口元」に注意しましょう。

「姿勢」は背筋を伸ばして

立っているときも座っているときも、さらには歩いているときも、ピンと伸びた背筋は見ていて気持ちがいいものです。これは食べている時も同じはず。食器に顔を寄せる「犬食い」がよくないことは昔からいわれてきましたが、片肘をついて食べるのも見た目によくありません。
特に最近は、スマートフォンを見ながら食事をしていると、画面を覗きこむために前かがみになったり、スマートフォンを持った手の肘をついて食べたりしてしまいます。こうした姿勢も避けたほうがいいですね。

「口元」は引き締めて

クチャクチャ音を立てて食べる人のことを「クチャラー」と呼びますが、食事で嫌われるナンバーワンではないでしょうか。また口いっぱいに頬張る「リス食い」や、舌を出して食べものを迎え入れる「迎え舌」なども好ましくありません。これらを解消するには、ひと口の量を少なくすることが肝心です。
そこでためしに口の中の大きさを測ってみましょう。水を入れたグラスと空のグラスを用意して、グラスの水を口に含み、空のグラスに戻すだけです。ただし「こんなに入るよ!」と目いっぱい口に含むのではなく、外見的(鏡で確認)に自然な口元に見えるくらいに留めてください。
かむことを考えれば、口に入っていた水の6~7割くらいが適当なひと口の量です。つまりそれ以上は頬張りすぎのため「迎え舌」や「リス食い」に、口を開けてかむことで「クチャラー」となる可能性が大きくなります。

他にも気をつけたいアレコレ

特集

SPECIAL CONTENTS