ライター : 駒吉

食にまつわる雑学と豆知識をお届けします。おいしい食事は、正しい知識から。

迎え舌で食べてない?

食事のときしてはいけないマナーのひとつに迎え舌があるのをご存じですか?あまり聞かない言葉かも知れませんね。
迎え舌とは食べ物を舌で受け止めてから食べる食べ方です。食べ物を口に運ぶとき大口を空け、舌をペロッと出す人たまに見かけたことはありませんか?
これはれっきとしたマナー違反なんです。同席した人に不快な感情を与えている可能性大です!あなたは大丈夫ですか?
口を大きく開けて舌から迎えにいくのって見ていて感じのいいものではありません。なにより品よく見えませんね。
もし自分が迎え舌かな?と思ったらぜひ改善しましょう。今回の内容は迎え舌の原因と治し方についてです。

迎え舌とは

「クチャクチャ音を立てて食べる」「犬食い」「箸の持ち方が悪い」などいくつかの食事のときしてはいけないマナーがあります。迎え舌もそのひとつです。でも意外と迎え舌の人って多いんですよ。
テレビを観ていると芸能人の方でも見かけますよね。特にグルメ番組では、その人の食べ方がよく現れます。グルメリポーターの方や出演している方が、迎え舌のような食べ方をしていると、ちょっと気になってしまうことはありませんか?
自分の好きなアイドルや俳優がそんな食べ方をしていたらちょっとがっかりかも、なんて人もいるでしょう。そして、気持ちが冷めてしまうかも知れません。
また、自分の恋人や、憧れている異性の場合でも、同様に幻滅してしまうこともあるでしょう。実際周りの人は迎え舌の人に対してどういう感情を抱いているのか、さまざまな人の意見を紹介したいと思います。

否定的な意見

迎え舌については、ネット上でさまざまな意見がみられます。やはり受け入れられないのか、不快に感じる人は「大きな口を開けて舌から向かうなんて嫌」なんだとか。そして、大好きなアイドルが、じつは迎え舌でがっかりしたという意見もありました。そして、何より親しくしている友人や彼氏・彼女が迎え舌で不快に思っているという人も。一緒に食事をするうえで逃れられないその癖は、周りの人にストレスを与えているのですね。。。

肯定的な意見

一方、迎え舌に肯定的な人の意見はどうなのでしょうか。ある人は、「なんとなくセクシーに感じる」から別にいいのではという意見や、「好きなアイドルがやっていたら別に気にしない」など、個々の感覚のなかで迎え舌は肯定されているようです。
しかし、世間では迎え舌の人に対して圧倒的にマイナスな印象。不満に感じている方が多いようです。また迎え舌を嫌がるのに男女差は関係ないようですね。
よい意見もありますが、好きなアイドルだから仕方ないといった諦めた感が。セクシーな感じがするという人もいるようですが、それほど多いとは思えません。

舌から迎えにいくのはマナー違反

今までの項でお伝えしてきたように迎え舌は人に不快な印象を与えるマナー違反です。なかには許せるという人もいるようですが、ほとんどの人は内心あまりよいイメージを抱かないようです。
問題なのは、迎え舌をしている本人が人に迷惑をかけているということに気づけないこと。自分の日常的なおこないを客観視するのって少しむずかしいですよね。その理由のひとつに迎え舌が世間であまり知られていないことが原因なのかもしれません。
先ほどグルメ番組のリポーターの話をしましたが、彼らの中にはわざと迎え舌をする人も多いらしいです。そのほうがおいしそうに見えるからとも言われています。そういうことも迎え舌がマナー違反だと認識されにくい理由でしょう。テレビごしではなかなか伝わらないことを伝えようとしているのでしょうか。表現とはむずかしいものですね。。。

なぜ迎え舌になってしまうの?

迎え舌のはっきりとした原因はわかっていません。ですがひとつには親のしつけと言われています。幼少の頃に親から食べ方を教わるとき迎え舌の癖がついた。その可能性はあります。
多くの人は一度身についてしまった癖はなかなか取れないものです。親が正しい食事のマナーを知っているか、子供の食べ方を治そうとしたかがポイントとなります。
もしあなたに小さいお子さんがいらっしゃるなら、幼少の頃からきちんとした食事のマナーを教えてあげてくださいね。大人になりすでに癖がついてしまってからだと、治すのはとても大変です。自覚させるのも、ひと苦労な時もあります。
Photos:6枚
スプーンでものを口に運ぶ食事中の女性
パンやスクランブルエッグなど軽めの食事をする女性
食事中の女性3人
テーブルに並ぶ料理
準備されたグラスやカトラリー
お皿の野菜をフォークとナイフで食べようとしている人
一覧でみる
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS