迎え舌の治し方はある!

長年身についてしまったクセを治すのは大変です。なので地道に正しい食べ方をして慣れる必要があります。
なぜ自分は迎え舌なのか考えたことはありますか?迎え舌をせず上手に食べ物を口に運ぶことができないという人は、一度に口に入れる量が多い傾向があります。そのため、口に運ぶ前に、舌を出して食べ物を取り込もうとしてしまうのだとか。まずは、今までのひと口を少なくしてみるといいですね。
箸やフォークなどで、普段よりも少量だけ取って口に入れる練習をする。スープ系は、スプーンで汁をすくうときもこぼれない程度にすくって口まで運ぶ。
当然はじめはなかなか上手くいかないと思いますが、諦めてはいけません。続けていけ舌を出さずとも、口にものが運べるということに慣れてきます。

食事のマナーを守りましょう

食事のマナーの中でも迎え舌については、知らなかったという人は多いでしょう。でもクチャラーや犬食いと同様にしてはいけないことです。
もしテレビで芸能人が大きな口を開けて迎え舌をしていても、正しい食べ方なんだと思ってはいけません。
男性の中には女性の迎え舌はセクシーと言う人もいますが、大抵は嫌悪感の対象でしかありません。やはり食事中は、上品な所作でおいしく食べたいですね。
何度も言いますが迎え舌はマナー違反です。自分の親しい人がこんな食べ方をしていたときは、やさしく注意してあげてくださいね。
▼ほかにも気をつけたいマナーをチェックしておきましょう!
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ