服装や食べ方の基本、忘れてない?「会食マナー」でオトナ美人を目指す

上司から会食に誘われたとき、動揺しませんか?社会人として大人の嗜みは身につけたいもの。でも案外知らない人も多いのです。今回は会食マナーに相応しい服装から和食、洋食ごとの食事の仕方や会計時の過ごし方までご紹介!これさえ読めば安心ですよ。

ビジネスの常識!会食マナー

社会人にもなると、もう立派なひとりの大人。会社の上司や仕事関係で出会った人から会食へ誘われる機会も多いはずです。そんなとき、きちんとした振る舞いができていないと恥ずかしい思いをしてしまいます。会食のマナーをきちんと知り、大人の女性として堂々と過ごしましょう。

会食マナーの服装は?

スーツ

最も無難なのがスーツです。外れがなく、相手にきちんとした印象を与えるでしょう。ただし就職活動中の学生が着るような黒いリクルートスーツでは地味すぎます。色合いが上品で、適度に華やかなものを選んでください。

フォーマルな私服

会食の席に馴れている人はフォーマルな私服でもいいですね。普段とは少し異なるやわらかな印象を、相手に与えられるでしょう。落ち着いたワンピースは女性らしく上品にまとまります。

これはNG

いくら仕事中ではなく食事の席といっても、相手とはビジネス関係であることには変わりません。「きちんと」した服装を心がてください。
まず気をつけたいのがスカート丈です。スカートは短かくならないように注意し、気持ち長めのほうがちょうどいいかもしれません。
目立つ色合いや露出の多い服装、派手なアクセサリーも控えるべきです。上品さを第一に考えましょう。

座る席は?

和食

和食は入り口から離れた席が上座で、入り口に近いほうが下座です。ただし一般的に花や置物を置く床の間がある場合、入り口に関係なく床の間に近いほうが上座と決められています。

洋食

洋食でもお店の入り口から最も遠い席が上座にあたります。西洋ではレディーファーストの文化が根付いてるので、男性よりも女性が先に座るのがマナーです。ただし上司よりも先に座るのは失礼にあたる可能性があるので、臨機応変に対応しましょう。

基本の和食マナー

箸の使い方を美しく

和食の基本中の基本は箸の使い方。食事のとき目につきやすいので、きちんと習得しておいたほうがよいです。
してはいけない箸の使い方は数多くありますが、料理に箸を刺す「刺し橋」箸の先から料理の汁を落とす「なみだ箸」器の中の料理を箸で探る「探り箸」などはしてはいけません。これらの行為は見ためもみっともないのでやめましょう。

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

きう

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう