【マナー】カジュアルだけど意外と難しい!?イタリア料理の食べ方まとめ

軽食として、カフェのメニューとして、親しまれているカジュアルなイメージのピザ、パスタ。しかし食べてみると意外と難しい。なんとなくソースが散ってたり…。イタリア料理を美しく食べましょう!デートや友達と気軽に食事をしているときにスマートに食べれたらかっこいいですよ!

2019年6月11日 更新

パスタの食べ方

数本をフォークですくうようにとってから、くるくると巻くのがよいとされています。コツは、口に入る大きさになるくらいのパスタを巻くことです。お皿の上にすこし空間を作ると、巻きやすくなりますよ。

ボンゴレなど貝殻がある場合

手を使っても特に問題はありません。右利きの人の場合、左手で貝を押さえ、右手のフォークでかき出します。手が汚れたら、おしぼりやナプキンで拭けばOK。

残った殻は、お皿の端、または別のお皿に集めて寄せておくのがベストです。

スープパスタの場合

両手にスプーンとフォークを持つのはNG。パンでも、両手に持って食べると欲張っているように見えて、すこし下品ですよね。

パスタとスープは別々で食べることを前提に、フォークとスプーンを交互に使いながらいただきましょう。

パンの食べ方

パンはそのまま頬張るのではなく、ひと口サイズにパン皿の上で手でちぎって食べましょう。また、バターをちぎらずに塗るのはNGです。ナイフでパンをカットするもタブーですので気をつけてくださいね。
1 / 3
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

BBC

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう