飲み会や会食で使える!大人美人の「お礼メール」術

皆さんは食事のあとのお礼のメール、いつ、どんな内容で送っていますか?ありがとうございましただけの短い文章を送っていませんか?お礼メールの仕方しだいでは、相手との関係も変わってくるかも!今回は、お礼メールのアレコレについてお教えします。

飲み会のあとお礼メールを送る意味

上司と飲み会や会食の時間……緊張しますよね。「何事もなく、無事に終わってよかった〜」なんて思っていませんか?本番は、ここからの24時間!飲み会や会食後の上司に送る、「お礼メール」で、あなたの印象を良くも悪くも変えてしまうかも!?

それではさっそく、上司にお礼メールを送るタイミングや内容について、詳しくご紹介します♪

お礼メールを送るタイミング

飲み会の解散後にお礼メール送る場合

飲み会の翌日も、仕事で顔を合わせる場合は、それまでにお礼メールを送りましょう。ただし、飲み会が終わる時間ってだいたい夜遅い時間ですよね。そのため解散後、上司の姿が見えなくなってから早めに送るようにしましょう。

家族がいる方も多いので、上司が家に着くまでに送るのがベストです!

飲み会後すぐに送れなかった場合

原則、その日に送るのが礼儀ですが、どうしても疲れてしまったり、酔ってしまったりした場合は、次に出勤する日の出勤時間以降に送るのがいいでしょう。仕事関係の人からの連絡は、何かと気を遣うもの。翌日が休日の場合は、上司をあなたもゆっくり休みましょう。

また上司が自分と違う出勤時間の場合は、上司が出勤する時間に合わせてメールを送るといいですよ。その際口頭でもお礼を言うといいでしょう。

お礼メールの内容

次に、肝心なお礼の内容ですが、どんな内容だと相手に好印象を与えることができるのでしょうか。「ありがとうございました」「ごちそうさまでした」だけの端的なメール内容では、丁寧さに欠けるので、次の4点を押さえて、お礼メールを作りましょう。

1. まずはお礼

お礼の言葉は、まず最初に入れたいですよね。飲み会や会食の場を設けていただいたことへの感謝、そしてごちそうになった場合は、そのことについてもお礼をしましょう。

2. 会食時のエピソードを書く

会食時にした話、料理の感想など、あなたにしか書けない文章を付け加えることができると、相手にも印象の残るお礼メールになるでしょう。

3. 仕事面の意気込みも添えて

最後に、「一日も早く会社に貢献できるよう精進していきます」など、仕事面の意気込みでメールを終えることができるといいでしょう。ぜひこのポイントを押さえて、相手に好印象を与えることのできる、お礼メールを送ってくださいね。

飲み会や会食後のお礼メールのNG!

1. 食事の金額には触れない

お礼の内容を送る際に、触れてはいけない内容が金額についてです。

食事をご馳走した側にとっては、金額をご馳走したのではなく、人に対してご馳走しているという認識のため、「○○円ご馳走になり、ありがとうございました」というのは印象がよくないのです。そのため、ご馳走になった相手に金額に触れたメールを送ることは失礼にあたるということを認識しておきましょう。

2. かしこまりすぎない

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

ニコライ

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう