嫌い箸・忌み箸はマナー違反!正しい「箸の使い方」をおさらいしよう

「嫌い箸(きらいばし)」「忌み箸(いみばし)」と呼ばれる箸使いのマナー違反を知っていますか?実は意外と知らないこともあるかもしれませんよ。今回は正しい箸の使い方をご紹介します。日本人ですから箸のお作法についてはきちんと知っておきたいですね。

2017年5月30日 更新

嫌い箸・忌み箸とは?

やってはいけない箸使いのことを「嫌い箸」「忌み箸」「禁じ箸」といいます。ご存知のものもあるでしょうが、結構してはいけない使い方がありますのでご紹介していきますね。美しくお箸を使ってマナー美人になりましょう。

握り箸

箸をにぎって持つことをいいます。自覚している方もいると思いますが、持ち方は改善できるので、日々努力しましょう。

刺し箸

食べ物を箸に刺して食べることです。これは有名かもしれないですね。

渡し箸

箸をお皿の上にまさに「橋」のように渡して置くことです。これはついやってしまいがちかもしれません。箸置きを購入しておくといいでしょう。
1 / 4
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

noranora69

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう