自由だからこそ気を付けたい!バイキングの基本マナーまとめ

食べ放題やビュッフェとも言われるバイキング。普段ではありえない品数の中から、好きな物だけを好きなだけ食べられるなんて、何だかワクワクしてしまいますよね。しかし、楽しみながらもマナーは守りたいものです。あなたは大丈夫でしょうか?

楽しいバイキング♪でも、マナーは大丈夫?

何種類も並べられた料理から、好きなものを好きなだけ食べられるバイキング料理は何だかワクワクしてしまいますよね。しかし、楽しみながらもマナーは守りたいものです。あなたは大丈夫でしょうか?

「バイキング」と呼ぶのは日本だけ

食べ放題やビュッフェとも言われるバイキング。しかし、私達日本人は、バイキングという言葉を、ビュッフェと同義として使っていますが、世界では珍しいみたいです。帝国ホテルが日本で初めてビュッフェ形式を採用し、そのときのレストランの名前を「バイキング」と名づけたのが由来と言われています。
食事を楽しみながらでも、マナーは守りたいですよね。早速、ビュッフェ形式でのマナーをチェックしていきましょう。

順番に注意!

ブッフェ台は右から左、つまり時計回りに進むのがマナーです。食べたいものがあるからといって、逆の方向へ回って列を乱すのはNG。

料理の順番にもマナーが

コース料理が順を追ってテーブルに運ばれてくるように、ビュッフェ形式でも、同じ順で取るのが、良いマナーとされています。なので、ビュッフェに関しても、冷たい料理、温かい魚・肉料理、デザート、コーヒー、という流れが正しいマナーなんです。
また、料理をお皿に取り分ける時には、並んでいる料理は左側から、積まれている料理は上から取りましょう。そして、盛り付けを崩さないように意識すると、綺麗なワンプレート料理ができますよ。

盛り付け方

お皿には自分が食べられる分量のみを取るのが原則です。また、料理の味を保つため、冷たい料理は冷たいお皿に、温かい料理は温かいお皿に盛り付けるようにしましょう。

オードブルは、2・3種類まで

色鮮やかなオードブルは思わず食欲がそそられますよね。しかし、勢いに任せて一皿に大盛りにするのは美しくありません。目安としては2、3種類を取るようにしましょう。

メイン料理は2種類まで

メイン料理の原則は、1皿1品です。多くても、2種類までにしましょう。それ以上の品数を盛ろうとすると、窮屈になってしまい、見た目も見苦しくなります。1種類でも、くれぐれも山盛りは控えましょう。2種類を取る場合に気をつけたいのは、温度差のある料理です。温かいものと冷たいものは、別々の皿に分けるように。

特集一覧

SPECIAL CONTENTS