メイン料理は2種類まで

メイン料理の原則は、1皿1品です。多くても、2種類までにしましょう。それ以上の品数を盛ろうとすると、窮屈になってしまい、見た目も見苦しくなります。1種類でも、くれぐれも山盛りは控えましょう。2種類を取る場合に気をつけたいのは、温度差のある料理です。温かいものと冷たいものは、別々の皿に分けるように。

ソースがあるものは、1皿1品

ソースがかかっていたり、汁気が多い料理などは、1皿に対して、1品を取り分けるようにしましょう。他の料理と一緒の皿に盛り付けてしまうと、ソースが混ざって味が悪くなってしまいます。

取ったものは完食する

ビュッフェスタイルではあれもこれもと、いろいろな料理を食べたくなってしまいますが、自分が取ってきた料理を残すのは、基本的にテーブルマナー違反。自分のお腹と相談しながら、上手に取りましょう。またやむを得ず料理を残してしまう場合には、皿の隅にまとめて置くのがテーブルマナーとなっているので覚えておきましょう。

お皿の交換のタイミング

ビュッフェスタイルでは、お皿は何枚使っても良いので、使用済みのお皿はサービス係の方に声をかけて、さげてもらいましょう。汚れた皿を持ってブッフェ台に向かうのは美しくないので、使った皿やグラスは散らかさず、隅に寄せたり重ねたりして、サービス係がわかりやすく片付けやすいように配慮しましょう。
みんなでワイワイとおいしい物を楽しめるビュッフェですが、大人としての最低限のマナーはおさえておいた方が良いですよね。美しくおいしい食事を楽しみましょう♪
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ