種類別しめじの賞味期限!冷蔵庫に入れて長持ちさせるコツとは

しめじの賞味期限についてご紹介します。バターで炒めたり、お味噌汁に入れたり様々な料理に使えるしめじ。他の食材と違って傷み具合が分かりにくいですが、目安となる賞味期限を覚えておいしく食べましょう!選ぶポイントや冷蔵庫で保存するコツも確認して!

2017年10月7日 更新

しめじ選びのポイント

1. カサの部分があまり開いていないもの(開き具合がそろっていたらなおよい)
2. カサに弾力があるもの
3. 軸の部分が太く、しっかりと弾力があるもの
4. しめじを覆っている袋に水滴がついていないもの

以上の4つを目印に選んでみましょう。

しめじの適切な保存方法

せっかく新鮮なしめじを買ってきても、保存方法を誤ってしまっては元も子もありません。しめじを少しでも長持ちさせるためには、どのように保存すればよいのでしょうか。

冷蔵保存

スーパーでしめじを買ってきたら、袋のまま冷蔵庫へという方も多いのではないでしょうか。ですが、そのままの状態で保存してしまうと、石づきの部分から腐りやすくなり、日持ちしなくなってしまいます。

そのため、直近で使う予定はなくても、購入後は早めに石づきを取り、食べやすい大きさにカットしたら、ジップロックなどの保存袋に入れて冷蔵庫で保存しておきましょう。本しめじの場合は肉厚なため、スライス後冷凍保存も可能です。ただし、冷凍のものは解凍せずにそのまま料理に投入する形で使用した方がよいそうです。

ひと手間かかりますが、あらかじめカットしておくことで日持ちもしますし、料理する時に時短にもなるため、効率的ですよ。しめじの種類にもよりますが、一般的には冷蔵庫に入れておけば1週間ほどは日持ちするそうです。

冷凍保存

意外に思われる方もいるかもしれませんが、しめじは冷凍保存することができるのです。冷凍保存することで賞味期限が長くなるだけでなく、風味も豊かになり、栄養価の吸収もよくなるのだとか。これは冷凍保存しない手はありませんね!

冷凍する場合は、石づきを切り落としてから小房に分け、袋に入れて冷凍庫へ入れます。使うときは、自然解凍か、必要な分だけ取り出して凍ったまま調理しても問題ありません。冷凍庫で保存しておけば約1カ月は持つそうですよ。
4 / 5

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

ちあき

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう