ローディング中

Loading...

しめじを冷凍保存した場合、どのくらいの期間おいしく食べられるかご存知でしょうか?種類にもよりますが、長いものだと最大1ヵ月近くまでその鮮度を保ったままおいしく食べられるんですよ。炒めたり煮たり蒸したり、万能食材しめじの保存方法を要チェック!

しめじを冷凍保存?

多くのキノコがある中で、「香り松茸味しめじ」といわれるようにしめじは味がしっかりとしており、様々な料理と相性抜群の食材です。

そもそもしめじは、北半球温帯以北の森や林に分布していました。日本には、古くから存在していたとも言われていますが、一般的に流通するようになったのはしめじの人工栽培がはじまった1970年代以降と言われております。この頃に流通したしめじが「ぶなしめじ」です。

また、しめじには疲れや気持ちのイライラを和らげるのに役立つビタミンB1をはじめとしたビタミンB群が豊富に含まれています。そんな栄養たっぷりのしめじの保存方法をご紹介をしましょう。

しめじって冷凍できるの?

しめじの保存方法はいくつかあり、そのうちのひとつに冷凍保存があります。自宅の冷凍庫で簡単に保存でき、きのこ類のほとんどは冷凍保存が可能なので覚えておくと便利ですよ。

きのこ類は水気に弱く、そのまま置いておくとすぐに傷んでしまいます。冷蔵庫の野菜室や常温で保存するより、冷凍保存した方が長持ちしやすく、安心なんです。また、冷凍保存することによってしめじはひとつひとつに分かれるので、調理しやすくなりますよ。

しめじを冷凍した場合の保存期間はどれくらいか

しめじは冷凍庫に入れておくと、最大1ヶ月の保存が可能だと言われています。水気に弱いしめじ(きのこ類全般)は常温や冷蔵庫の野菜室でもカビが生え傷みやすくなっているので、冷凍庫で1ヶ月保存できるのはうれしいですね。

冷凍することによって少量の利用が可能となり、比較的便利になっていきます。では次に冷蔵庫で保存した場合、どのくらい保存期間が変わるのかをしめじの種類ごとにご紹介していきます。

冷蔵庫で保存した場合、ぶなしめじは10日、ほんしめじは7日間、はたけしめじは3日。
冷凍庫で保存した場合、ぶなしめじは1か月、ほんしめじは1か月、はたけしめじは3週間となります。保存期間の差は一目瞭然。冷凍保存は、冷蔵庫で保存したときよりも保存期間がより長くなるんです。

しめじを冷凍するとこんなメリットが!

栄養を摂取しやすくなる

しめじはビタミンDやビタミンB1、ビタミンB2、ナイアシンといった栄養が豊富に含まれている食材です。ビタミンDにはカルシウムの吸収を助ける働きがあり、乳製品と一緒に摂取することで、その働きを高めていくことができます。

また、常温保存のしめじよりも冷凍保存したしめじの方がより効率的に摂取できるんです。冷凍保存することでしめじの水分が凍り栄養が外に出やすくなるから、通常よりも多くの栄養素を摂れるというわけ。

冷凍するとうまみが増す!

しめじは冷凍保存することによって、含まれている栄養素が通常よりもアップすると言われています。

それは、栄養素だけではなく旨味成分のグアニン酸、グルタミン酸、アスパラギン酸も栄養素同様に多く分泌されるため、通常のしめじよりも香り豊かで味もしっかりするんだそうです。栄養と味、そして風味が増す方法としても冷凍保存はおすすめの保存方法と言えます。

しめじの冷凍方法

生のままで冷凍OK

しめじは火を通さず、そのままで冷凍保存が可能。石づき(根元)を包丁できれいに切り落としてから、大きな株を手でひとつひとつ小分けにするだけで簡単に冷凍保存できます。ひとつひとつ分けて保存することにより、調理時にも少量で使いやすいのも魅力のひとつです。

冷凍の手順をご紹介

しめじの冷凍保存の方法として、下記の手順で保存していくと栄養素がさらにアップしますよ。

1. まずは包丁で石づき(根元)と切り落とします。
2. しめじを手で細かく割いていきます。
3. 密閉できる袋に使いやすい量を小分けにし、空気を抜いて密閉します。
※このときに、水洗いすると水気でしめじが傷むので注意しましょう。
4. 冷凍庫で6時間以上、冷凍します。

水洗いは必要なし

しめじに限らずきのこ類全般は、水洗いすると風味が落ちて傷みやすくなります。と言っても、きのこがきれいなのかどうか気になる場合は軽く水洗いをして水気を拭き取るといいでしょう。

水洗いをするとき、大量の水でバシャバシャ洗うと結果的に風味が落ちるので、少量の水でサッと洗う程度に。水気を取ったら、キッチンペーパーの上に乗せて念入りに水気を取りましょう。あとは生の状態と同様に密閉できる袋に入れて空気を抜き、冷凍庫に入れて6時間以上置くだけです。

しめじを冷凍する際の注意点

水洗いするならしっかりと水気をとる

しめじは水気や湿気に非常に弱いため、それが原因となってすぐに傷んだり風味が落ちてしまいます。そしてカビの繁殖などにもつながっていくので、冷凍保存をする際に水洗いせず冷凍してくださいね。

小分けする

しめじは、まとまって冷凍保存するとスペースをとったり、冷凍までに時間が掛かったりすることがあります。また、使うときにすべてのしめじを解凍しないといけなくなり、結果的に解凍時の水分で傷みやすくなってしまうことも。これを防ぐために、小分けにして冷凍保存するのがポイントです。

冷凍前に火はとおさない

しめじを冷凍保存する前に火を通す方がいらっしゃいますが、じつは火は通さないほうがいいんですよ。火を通すと余分な水分が出て水っぽくなり、風味や旨味を逃がす原因となてしまうからです。

風味を保つ秘けつは急速冷凍

しめじは冷凍されるまでの時間が短ければ短いほど、その風味と旨味をより保てます。金属バットに乗せて保存したりすることで、冷凍までの時間を短くしていくことができるんです。通常であれば冷凍までに6時間ほどかかりますが、金属バットに乗せて保存すれば時間短縮に。

しめじを解凍するときのコツ

電子レンジを使う場合

冷凍保存したしめじは、電子レンジで温めて解凍することにより風味と味を損なうことがありません。しかも解凍時間が短いから、しめじの水分が流れにくく旨味や栄養の低下防止にもつながるんです。

自然乾燥の場合

冷凍保存したしめじは、どうやって解凍していくのがいいのでしょうか?しめじは調理を開始する1時間ほど前に常温にもどしておきます。注意すべき点は、自然解凍してから調理開始までに間が空いてしまうと、水分によって傷んだり風味が損なわれたりする可能性が。解凍後はすぐに調理することをおすすめします。

しめじをよりおいしく

しめじは味がしっかりとしていて、コリッとした食感が癖になります。バターで炒めたり、煮込んだり、食べ方も豊富で食卓には欠かすことのできない食材のひとつとも言えるでしょう。そんなしめじの鮮度を保てる冷凍保存、今すぐにでも実践してみてください。
▼ほかのきのこも冷凍でもっとおいしく!

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

春巻き 揚げ物

春巻きは作りすぎてしまったら、賢く冷凍保存するのがおすすめです。でも、上手に冷凍保存をするためのコツって?保存期間は?冷凍保存した春巻きを上手に揚げるコツは?今回は、「春巻きの冷凍」について詳しくまとめました。

サニーレタスは冷蔵庫に入れても数日で傷んでしまいます。上手に保存するには、どんな方法がいいのでしょうか?冷凍?常温?意外にも、つまようじを使った方法で保存期間がのびるのです!サニーレタスのおすすめ保存方法や保…

じゃがいも

食卓に登場することも多いじゃがいも。みなさんは、じゃがいもの賞味期限を知っていますか?気がついたら芽がでていることも多いはず。冷凍はできる?食べないほうがよい状態は?賞味期限から保存方法まで、じゃがいもをおい…

かぼちゃ まとめ

かぼちゃの上手な保存法を知っていますか?そのままでも長持ちするイメージの強いかぼちゃですが、上手に保存すると期間を延ばすことができます。ここでは、おすすめの保存方法と保存期間の目安を詳しく説明します。

レシピ ホルモン

焼肉屋さんで見かけることも多いセンマイ。センマイ刺しは独特の歯ごたえも人気です。さて、このセンマイ何のどこの部位かご存じですか?人気の部位センマイについてとその食べ方、下ごしらえの仕方やおすすめレシピまでまと…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

日本酒 まとめ

昨今、海外でも日本酒人気が増えているのはご存知なことでしょう。ワインショップに行けば日本酒の取り扱いも増えており、スパークリングな日本酒やヨーグルトの酸味があるものも好評です。そんな外国の方が酒蔵に行く機会も…

女子会 合コン まとめ

これからの時期、本当に忘年会や新年会などの飲み会が多いですよね。そしてよくあるのが、ついつい終電を逃してしまった…なんて事態。そんな時に役にたつ対処法を5つあげてみました。是非ピンチの時に参考にしてみてくださ…

おしゃれ 花見 お弁当 まとめ

春はお花見の季節です。お弁当やお酒、料理を持ち寄る機会も増えることと思います。そこで、今秘かにブームな粋でかわいい風呂敷を「5」つご紹介!お酒の瓶や弁当箱など、どんなものでも一枚で包めて安定感抜群!分かりやす…

まとめ

美しくほっそりした足はやはり女性の憧れ!ですよね...でもどうしたらそんな足になることができるんでしょうか?露出が増えるこれからの季節気になりますね。足を細くするのに効果がありそうな食べ物を今回は調べてご紹介…

まとめ

夏になると食欲が落ちてしまうことありますよね?そんなときに胃に優しい、食べるといい食べ物についてご紹介します。今年の夏もおそらく暑くなりそう^^;なので、胃腸を大事に乗り切っていきましょう。もちろんよく噛むこ…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

おつまみ

大分の漁師たちの贅沢まかない飯「あつめし」。鮮度抜群な出来立ての味わいを家庭で楽しめるんですよ!きゅっと身がしまって脂ノリのよい大分産ブリが、丼に、お茶漬けに、サラダアレンジに……と大活躍!実際に食べた感想を…

家庭でおいしい天然水が飲めるウォーターサーバー。「ペットボトルのお水より贅沢……」と使うのを諦めていませんか?「プレミアムウォーター」なら、サーバーレンタル料、送料がかからないんです!飲み水や料理に取り入れて…

バター レシピ アメリカ スイーツ ビスケット

バターの味が香ばしくミルクが優しい味わいのバターミルクビスケット、アメリカの南部ではこれが作れれば一人前のお嫁さんとして認められるという大切な料理です。ケンタッキーフライドチキンのビスケットを連想してもらうと…

おつまみ レシピ

「焼き塩辛」がおいしいとTwitterなどのSNSで人気のようです。作り方はとっても簡単ですぐにできちゃいます!焼くことによってイカの生臭さがなくなり、独特の食感も変わるので、塩辛が苦手な人でも食べやすくおつ…

ニコライ

グルメライター。スイーツやお店の紹介、コラムまで食に関することは幅...

ページTOPに戻る