余りものでも実は優秀食材!ネギの青い部分の活用レシピをご紹介

ネギの青い部分を捨てていませんか?実はこれ、とてももったいないんです。栄養豊富なネギの青い部分は調味料からメインにまで幅広く使えます。今回はそんなネギの青い部分のレシピを、シンプルなものから凝ったものまでご紹介していきます。

2018年7月12日 更新

香りと彩りを添えて!長ネギの薬味レシピ2選

1. ひじきとツナの炊き込みご飯

ツナにひじき、そして青ネギがあればサクッと作れる簡単レシピです。お米を研いだらツナとひじきを入れて、炊飯するだけ!炊き上がったらよく混ぜて、青ネギをのせれば完成です。あっさりした中にツナのコクがプラスされ、食べやすいひと品です◎

2. ピリ辛がたまらない!台湾まぜそば

台湾まぜそばのレシピです。卵黄と青ネギをのせてガーッと混ぜれば、食欲をそそるひき肉の香りや、鼻を抜けるにんにくがたまりません。味が濃くなりすぎるのを防ぐため、少しずつ加えて上手く調整してくださいね。

料理のサポートに!長ネギの調味料レシピ2選

3. 調味料&薬味に!焦がしネギとネギ油

ネギの青い部分を余すことなく使った、焦がしネギとネギ油のレシピです。ネギ油を作る段階でできた、焦がしネギは唐辛子と組み合わせて薬味にすることもできます。チャーハンや焼きそばなど、さまざまな料理に活用することができますよ◎

4. 常備菜にもぴったりなネギ味噌

長ネギの青い部分を味噌、醤油などと一緒にフライパンで炒めます。ゴマ油で炒めれば、より香ばしいねぎ味噌になるでしょう。ごはんやお豆腐はもちろん、野菜スティックにも合いますよ。

嫌なにおいを抹消!長ネギで臭み消しレシピ2選

5. ひじきと豚レバーの煮物

豚レバーとひじき、ねぎの青い部分を煮込んだ鉄分たっぷりの料理です。貧血気味の人はもちろん、疲れやすい人にもぜひ食べてほしいひと品。レバーの臭みが苦手な人もこれならおいしくいただけるでしょう。

6. 鯖缶と長ネギのそぼろ

さば缶とネギの青い部分を炒め、醤油や生姜で味を調えます。ネギの青い部分によってさばの生臭さが和らぎ、食べやすくなるでしょう。栄養満点なさばとネギの青い部分を組み合わせたそぼろは、ごはんのふりかけ以外にも冷奴や卵焼きなどいろんな料理に合いますよ♪
3 / 4

特集

FEATURE CONTENTS