ライター : 白井シェル

フリーライター

お家で過ごすことが大好きなフリーライターです。料理やインテリア、生活雑貨など暮らしに関するジャンルが得意です。

まずはごぼうの下準備から

まずはじめに、土の付いているごぼうをきれいに洗いましょう。ごぼう全体に水を流し、付着した土に馴染ませます。その後、本来ならばたわしを用意してごしごしと洗っていくのですが、汚れたたわしをいちいちきれいにするのが面倒くさい……という方は、アルミホイルがおすすめですよ!

アルミホイルをくしゃくしゃと丸めれば、即席たわしのできあがり!アルミたわしでこすれば、おもしろいほど土の汚れが落ちますよ♪ これなら毎回きれいなもので洗えるので、衛生面も安心ですね。

「ごぼうのささがき」のやり方

Photo by macaroni

用意するもの

・水洗いしたごぼう(泥をしっかり落としたもの)
・包丁 or ピーラー
・ボウルに入れた水 or 酢水

包丁を使った切り方

Photo by macaroni

ささがきは「笹掻き」と書くことからもわかるように、笹の葉の形に似ているところから名づけられた切り方。細長い根菜を切る際によく使われる切り方で、主にごぼうやにんじんなどがあげられます。 1. 片方の手でごぼうを回しながら、もう片方の手で持った包丁を寝かせましょう。 2. 鉛筆を削るような感覚で薄く細く切ります。

ピーラーを使った切り方

Photo by macaroni

1. 断面の中心が十字になるようにごぼうの側面に2箇所切り込みを入れます。
2. 片手でごぼうを回しながら側面をピーラーで削ると、細かなささがきができます。
3. 切込み部分まで削ってしまったら、再び切り込みを入れて同じようにささがきします。
水をはったボウルの上でささがきすると、そのままアク抜きできるので便利です。風味を生かしたい場合は、皮はむかずにきれいに洗って使うのがおすすめですよ。

ごぼうを切ったあとは……?

アク抜き

ささがきしたごぼうはボウルに入れた水にさらします。水1リットルに対して小さじ1/3杯の酢水にさらすと色止めができ、白くきれいなささがきごぼうができます。最近のごぼうはアクが少ないので、水にさらさずにすぐ調理するか、さらしても短時間で済ませると、栄養素が失われにくいとも言われています。

編集部のおすすめ