そうめん弁当を作るコツ!おすすめ弁当箱とアイデアレシピ

暑い日でもツルっと食べられるそうめん。お弁当にそうめんを持って行く「そうめん弁当」は、運動会などのイベントにもピッタリ!ちょっとしたコツを抑えれば、お弁当でもおいしいそうめんが食べられますよ。レシピから専用のお弁当箱まで紹介します。

2017年8月7日 更新

8. アスパラとたっぷりオクラのそうめん弁当

茗荷とえごま、おくらのそうめん弁当。薬味をたっぷり使うことで、食欲がなくなった時にもするっといただくことができそう♩別でおかずも用意すれば、ボリューム感もアップしますね。

そうめん以外でひんやり麺弁当!

冷やし中華のお弁当

麺をそうめんではなく中華麺に変えれば、簡単に冷やし中華弁当の完成ですよ。食欲旺盛なお子さまには、おにぎりも追加してあげれば大満足ですね。夏は食中毒が気になるので、ゆで卵の黄身はしっかりと火を通しましょう。

トマトごろごろ冷製パスタ弁当

冷製パスタもお弁当に詰めちゃいましょう!このパスタはトマトと青じそ、青じそベースのドレッシングベースでできた和風パスタ。お弁当箱に具材を詰めるだけで簡単に完成します。お弁当の蓋を開けたら、爽やかなシソの香りが広がりますよ。

冷やし麺弁当箱(専用容器)も出現!

お弁当箱もどんどん進化していて、通常のお弁当箱ではなく麺弁当向きのお弁当箱がたくさん発売されているんですよ!なかでもおすすめなお弁当箱を厳選してご紹介します。麺弁当専用のお弁当箱を使えば、液だれの心配もないので麺弁当を作る方はぜひ参考にしてみてくださいね。

とにかく保冷効果にこだわりたい人におすすめ

「クール麺ポット」は完全に麺専用のお弁当箱。6度以下を1時間、10度以下を5時間も保冷することができるのでお昼のお弁当の時間には、ひんやりとした冷たい麺を楽しむことができます。上段に麺つゆやタレ専用の容器がついているので、液だれしないので安心して持ち運べます。

麺以外にも使用可能!マルチな機能を求める人におすすめ

このお弁当箱には蓋や保冷剤、電子レンジ使用可能のタレ容器などの9つがセットになっています。麺はもちろん、牛丼などの汁が多い丼ぶりでも大活躍しますよ。カラーは全部で7種類展開されているので、家族やカップルで色違いで揃えるのも魅力的ですね。

特集

FEATURE CONTENTS