まとめ買いも安心!「鶏肉の冷凍保存」で時短・長持ちを叶えよう♩

リーズナブルなお値段で、子供から大人まで人気の「鶏肉」。そんな鶏肉ですが、冷凍保存をするとメリットがいっぱいなんですよ!今回は鶏肉の冷凍保存の方法や保存期間、解凍法、下味のつけ方、さらに冷凍鶏肉のおすすめレシピまで詳しくご紹介します。

鶏肉を冷凍保存したい!

ほかのお肉と比べて、比較的リーズナブルな鶏肉。料理にも使いやすいので、スーパーで大量に購入したものの、使い切れなかったり、買ったことを忘れて余らせてしまったりすることもありますよね。

そんなときは余った鶏肉を冷凍保存して、毎日の食卓で賢く利用してみましょう。今回は、鶏肉の冷凍方法や、冷凍鶏肉のおすすめ料理をまとめましたよ!

鶏肉って冷凍してもいいの?

鶏肉の冷蔵での保存期間は2~3日が目安と言われています。これは、鶏肉に限ったことではありませんが、やはり冷蔵の場合は保存できるにも限度がありますし、冷蔵庫は扉を開閉するため、そのたびに温度が変動し、日持ちが悪くなってしまいます。

そのため、すぐに使わない場合は冷凍保存するのがおすすめです。しかし、冷凍保存すると味や食感が落ちてしまわないか心配ですよね。ここで正しい冷凍保存方法を知って賢く冷凍し、おいしく冷凍鶏肉をいただきましょう。

冷凍保存の場合賞味期限はどのくらい?

品質や食感を落とさずに冷凍保存できる期間は、2~3週間が目安です。もちろん鶏肉を1カ月前後冷凍保存しても品質的には問題ないですが、冷凍庫のにおいが移る可能性もあるので、2週間程度で食べきるのをおすすめします。

鶏肉を冷凍するメリット

いつまでもおいしさをキープ

鶏肉の旨味成分を含むお肉の水分が、常温や冷蔵では乾いてきてしまい、パサパサしてしまいます。さらに徐々に変色するなどして味も落ちていきます。

ですがきちんと冷凍保存することで、旨味成分を含む水分が凍り、乾燥しにくく旨味もそのまま残るんですよ。冷凍保存をして、いつまでもおいしさをキープしましょう。

使いたい時に使いたい分だけ取り出せる

鶏肉を大量に買った際、皆さんはどのように保存しますか?余った鶏肉をひとまとめにして冷凍するより、あらかじめ小さく切って冷凍しておけば次回使う際、使いたい分だけ取り出して調理することができます。

和洋中、どんな料理にも使いやすい鶏肉なので、毎日のひと品に使いたい分だけ使える小分け冷凍はとても便利ですよ。

食中毒になりにくい

冷凍保存は細菌の増殖を防げるので、食品の保存法として安全で食中毒になりにくい方法です。特に週末に食材をまとめ買いしているという方には、非常におすすめしたい保存方法のひとつです。

だからと言ってもともと存在していた菌を殺菌できるということではないので、解凍や調理の際は十分に気をつけて行ってくださいね。
▼新鮮な鶏肉は、どんなふうに見分ければいい?

【部位別】鶏肉の冷凍方法

鶏もも肉、鶏むね肉、鶏ささみ

鶏肉の筋の方向にそって、薄く平らにそぎ切りをします。クッキングペーパーなどで水気を取って、一個ずつラップでくるっと巻いて急速冷凍してください。唐揚げやサラダなど、使いときに使いたい分だけサッと取り出すことができますよ。

手羽先

骨と肉の間に切り目を入れます。あとは鳥もも肉などと同じように、水気を取った後にラップみ、冷凍庫へIN。

小分けにしてラップをした鶏肉を、まとめてジッパー付きの保存袋に入れて冷凍保存すると、さらにおいしさが長持ちしますよ。

下味をつけて冷凍するメリット

特集

SPECIAL CONTENTS