ライター : bambi

グルメ主婦ライター

奈良県在住、小学生2人を持つ主婦ライターです。奈良県と言えば鹿のイメージが強いと思いますが、美味しい食材もたくさんありますよ。

黒豆を使うリメイクごはんものレシピ4選

1. やさしい甘さ。さつまいもと黒豆の炊き込みごはん

黒豆とさつまいもを使う、炊き込みごはんのレシピです。お正月に余った甘煮を使用するときは、塩を少し多めに加えるとバランスのよい味わいになりますよ。ほんのりとした甘味とほっくり食感を楽しんでくださいね。

2. シンプルな具材で。黒豆炒飯

黒豆さえあれば、手軽に作れる炒飯。小口ねぎと卵というシンプルな具材のみなので、すぐに挑戦できます。黒豆煮の味を活かすため、やさしい甘さが楽しめますよ。忙しい日のランチにもおすすめです。

3. 彩り鮮やか。黒豆と野菜の炒飯

とうもろこし、ブロッコリー、ウインナーソーセージなど、食材をこれでもかと詰め込む炒飯。彩りが豊かなので、食卓に並べると華やかになりますよ。仕上げにゴーダチーズをトッピングすれば、大満足のひと皿が完成します。

4. レトルトカレーで。カレー黒豆ごはん

余った黒豆とレトルトカレーを合わせる、リメイクごはんです。炊飯器に材料を入れて炊き込めばOK。スイッチひとつで完成する手軽さがうれしいですね。スパイシーな仕上がりにしたい場合は、カレー粉を加えるとよいですよ。

黒豆を使うリメイクおかずレシピ6選

5. 甘じょっぱい味わい。黒豆のかき揚げ

黒豆を天ぷら粉で揚げる、簡単レシピ。黒豆はしっかりと煮汁を切ってから、衣を付けてくださいね。食べる際は、軽く塩をかけるのがおすすめ。甘じょっぱい味わいがあとをひくおいしさです。おつまみやおやつにもどうぞ。

6. 揚げずに作る。黒豆と里芋のコロッケ

黒豆と里芋を合わせるコロッケです。鶏ひき肉を加えるので、食べ応えもありますよ。タネにしっかりと味付けをするため、そのまま食べてもおいしいです。お好みでソースをかけてもGood。里芋のホクホク感と黒豆の甘さのハーモニーを、楽しんでみてくださいね。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ