ライター : 塚本 晴香

管理栄養士

大学にて栄養学の勉強をした後、調理師専門学校で調理についても本格的に学ぶ。その後、カフェにて勤務し新メニューの開発などにも関わる。現在は、ライターとしてたくさんの人に食べる…もっとみる

黒豆を食べるだけで痩せるわけではない

黒豆を食べるだけでダイエットができるの?それなら黒豆を食事に取り入れたい!そう考える方もいるのではないでしょうか。しかし、そんな魔法のような話はありません。ただし、ポイントさえ押さえればダイエットにも役立ちます。

さっそく、黒豆ダイエットのやり方について詳しく見ていきましょう。

黒豆ダイエットのやり方

一般的なやり方

黒豆ダイエットに使用するのは乾燥黒豆。乾燥黒豆を水にひと晩浸し、しっかりとふやかします。食べるときに、ふやかした黒豆を15分ほど蒸せば完成です。そのままはもちろん、スープや炒め物に入れたりアレンジもOKです。一日あたり70g(乾燥)を目安に摂取すれば、ほかは特に食事制限はありませんよ。(※1)

管理栄養士おすすめのやり方

ダイエットは、バランスの良い食事・適度な運動・規則正しい生活が基本です。特定の食品しか食べなかったり、食事を抜いたりする極端な食事制限は、リバウンドや栄養不足のおそれがあるためやめましょう。

黒豆には100gあたり14.6gの不溶性食物繊維が含まれています。不溶性食物繊維は、繊維質で自然と良く噛んで食べるため満腹感が得られます。そのため、食べ過ぎ対策として食前や間食に取り入れるのがおすすめですよ。(※2,3,4)

黒豆はなぜダイエットに効果的?

腹持ちが良い

黒豆には、100gあたり水溶性食物繊維が1.4g、不溶性食物繊維が14.6g含まれています。なかでも、水溶性食物繊維は胃腸内をゆっくりと進むので消化に時間がかかります。そのため、黒豆は腹持ちが良い食材です。(※3,4)
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ