ダイエットをサポートする栄養素が豊富

黒豆には、ダイエットをサポートする栄養素が豊富に含まれています。例えば、脂肪の吸収を抑えるアントシアニンや、筋肉の材料となるたんぱく質、糖代謝に欠かせないビタミンB1など。黒豆は、ダイエット中におすすめの食材です。(※5,6,7)

黒豆の栄養と効果効能

脂肪の吸収を抑える「アントシアニン」

アントシアニンとは、ポリフェノールのひとつで青紫の色素のこと。そのため、黒豆をはじめブルーベリーやなすなどに豊富に含まれています。アントシアニンには、ダイエットの大敵である脂肪の蓄積を抑えるはたらきがあります。また、目の健康を保つ作用も広く知られていますよ。(※5)

筋肉の材料「たんぱく質」

黒豆(乾燥)には、100gあたり33.9gのたんぱく質が含まれています。

たんぱく質は、身体を構成するために重要な栄養素です。筋肉や臓器もたんぱく質から作られています。なかでも筋肉は、エネルギー代謝が活発な組織です。筋肉量を増やすことで基礎代謝が上がり、脂肪が貯まりにくくなります。(※3,6,8)

糖代謝に欠かせない「ビタミンB1」

黒豆(乾燥)には、100gあたり0.73mgのビタミンB1が含まれています。

ビタミンB1は、糖質をエネルギーに変換する際に欠かせません。ある研究によると、ビタミンB1を投与したラットは、脂肪の蓄積が抑えられたという結果も。ヒトにおいてはまだまだ研究段階ですが、ビタミンB1の積極的摂取が肥満対策に役立つと考えられていますよ。(※3,7,9)

抗酸化作用を持つ「ビタミンE」

黒豆(乾燥)には、100gあたり3.1mgのビタミンEが含まれています。

ビタミンEは、脂溶性のビタミンで強い抗酸化作用を持つことで知られています。主にLDL(悪玉)コレステロールの酸化や、過酸化脂質の生成を抑制するはたらきがあります。また、細胞を酸化から守るため老化対策も期待できる栄養素です。(※3,10,11)
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ