芸術の秋はパイもアート風に!「パイの編み方」アレンジをご紹介

パイを作るとき、面倒なのでついついそのままパイ生地を被せてしまうだけになりがちですが、パイ生地をさまざまな形に編むと、パイがアート作品のように変身するんですよ。パイアートのアレンジをご紹介しますので、ぜひマスターしましょう!

2016年9月13日 更新

ライター : TK

海外に住んでいるので外国のレシピをメインに記事を書いています!

パイでアート作品を作ろう!

ついついワンパターンになってしまいがちなパイですが、少し手間を加えることでかわいさが倍増するのを知っていますか?格子模様を作っているものはよく見かけますが、そのほかにもフォークやスプーンを使ったり、型抜きを使ったりすることで豊富なアレンジができるんです。知っておくとさらにホームメイドパイが楽しめるアレンジをご紹介します。

ふちだってこんなにアレンジできる!

パイ生地のふちって、どうしていますか? 特に何もせず、ただ平凡にパイ皿に押し付けているだけ、という方必見!ほんの少しの工夫で、平凡なパイが何倍もおいしそうに見えるんですよ。この機会に、ホームメイドの良さが生かせる何種類かのパイ生地のアレンジ方法をマスターしちゃいましょう。まずは簡単にできる、ごくシンプルなパイのふちのアレンジ方法をご紹介します。
A. 指先を使い、生地を上につまむようにしてひだを作ります。ひだができたら、フォークで模様をつけます。 B. フォークで、縦、横に2回押さえ、格子模様をつけます。 C. 3本の細い生地を三つ編みにし、卵液を塗った土台になる生地のふちに貼りつけます。 D. 一番オーソドックスな模様で、フォークで押さえ、縦の形をつけます。 E. 指先で、生地を少しずつつまみながら、引いていきます。 F. 生地に切り込みを入れ、ひとつ置きに上に持ち上げます。 G. スプーンの先をずらしながら2回押します。 H. 葉っぱのクッキー型で生地を抜き、ナイフで模様をつけ、卵液で貼りつけます。

三つ編みアレンジ

パイ生地を三つ編みにすると、応用の幅が広がります。パイ生地は市販のものでも、ホームメイドでもどちらでも大丈夫!パイ生地を広げ、ピザカッターかナイフで同じ幅に細長く切ります。それを3本、台の上にのせ、三つ編みにしていきましょう。 作業する台に、少量の小麦粉をふると、生地が扱いやすくなります。あまり時間をかけすぎると、三つ編みが上手くできなくなりますので、手早く作業するのがコツですよ。

1. 三つ編みの幅を変えて

こちらの写真のパイの三つ編みは、それぞれ幅の違いのあるパイ生地で編み込んだものを並べてあります。ふちは、土台になるパイ生地に、卵液をブラシで塗り、その上に三つ編みを軽く押さえながらつけていきます。パイの中身はもちろんお好みのものでOK!幅の違う三つ編みを並べるだけでこんなにオシャレに変身するんです。

2. ホームメイドの域を超えそうな見栄え

三つ編みをそれぞれ、交互に上下に並べていくと、同じ三つ編みでも、また違ったイメージに仕上がります。見かけはかなり手の込んだパイになりますよね!お友達に「どうやって作ったの?」なんて聞かれるかも。

3. 周りだけでも十分かわいい!

三つ編みをたくさん作るのが面倒な場合は、このようにふちだけを三つ編みにする方法でも、ぐっとおしゃれな感じのパイが焼けます。これならほんのひと手間で仕上がるのでそんなに時間も取らず仕上げることができますよ。

特集

FEATURE CONTENTS