「おみおつけ」という呼び方

「おみおつけ」は室町時代の女房言葉から派生した言葉で、「おみ」は「味噌」「おつけ」はご飯と一緒に出される汁物を意味していました。 「おみおつけ」は「御御御つけ」と、何重もの丁寧語で書かれるほど、大切なお料理として扱われました。江戸時代に江戸に伝わってからも、とても価値のある食べものとされていました。「おみおつけ」はすっかり庶民の暮らしに定着していき、これが次第に全国に広がっていったようです。

おみおつけと味噌汁の違い

厳密には違うといわれる「おみおつけ」と「味噌汁」。 呼び名以外では、何が違うのでしょうか。それぞれをどんなものなのか、整理してみたいと思います。

味噌汁

日本料理で、ご飯とともに出される汁物のひとつ。昆布やかつおなどでダシをとったものをさらに味噌で調味し、色々な野菜や豆腐、油揚げなどの具を入れたスープのようなものです。

おみおつけ

漢字では「御御御付」、または「御実御汁食」と書きます。 【御御御付について】 室町時代の女房や貴族が使った言葉で、ご飯と一緒に出す汁物を丁寧に言った「おつけ」に、「味噌」をあらわす女房言葉である「おみ」が頭について味噌汁を表現したもの。また、「おつけ」に、接頭語の「御御(おみ)」をつけてさらに丁寧に表現したものともされます。 【御実御汁食について】 「おみおつけ」と読み、味噌汁の丁寧語。元は具沢山の味噌汁のことを言います。 「御御御付」「御実御汁食」どちらの言葉も「御」を重ねて使っており、具を沢山使った贅沢なもの……例えば現代でいう、ゴボウや、大根、芋などの野菜や、豚肉、コンニャク、豆腐など具材を豊富に使った「とん汁」や「けんちん汁」などのような、栄養たっぷりな食べものであったかと考えられています。 このように見ていくと、一汁一菜で汁物が大事な栄養源であった時代に、「おみおつけ」は具を多く使った高貴な食べ物だったのでしょうか。

おみおつけは方言?

「おみおつけ」という言葉は、主に東日本で使われます。西日本でいう「味噌汁」を、江戸っ子は「おみおつけ」と呼ぶのが一般的。そのため「おみおつけ」は、東京弁ではないかとも言われますが、これは女房詞(女房言葉)で、室町時代初期頃から宮中に使える女房が使い始めた丁寧で上品な言葉です。方言ではなく、古い時代からの中央語ということになります。 女房詞で使われていた「おみおつけ」が略されて、特に京阪神では味噌汁のことを「おつけ」とも言われるようになりました。

たまには「おみおつけ」と呼んでみよう

私は子供の頃から、「お味噌汁」の呼び名を当然のようにして育ちました。「おみおつけ」の言葉の語源や、味噌汁との違いなどについては諸説ありますが、昔から人は、健康でいるための食材を作り出し、大切に保存して活かすことに努力してきたことが伝わってきます。 毎日のお味噌汁をいただくとき、「おみおつけ」を作り守って来た人たちの思いも一緒にいただきたいと思いました。
▼日本人なら知ってて当然?
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ