日本人なら知ってるはず!「御御御付け」の意味と味噌汁との違い

同じ漢字が並んでいる「御御御付け」、読めるでしょうか?実はこれ、毎日食卓に上がっているものなんですが、意外と知らない人が多いかもしれません。今回は、そんな御御御付けの正体とその語源について探ってみました。知らないあなたは要チェックです!

2017年6月15日 更新

おみおつけとは?

「おみおつけ」とは、味噌汁を丁寧に表現したことばです。
これは古くは女房詞(女房言葉)から派生して、今では一般化し特に関東地方で多く使われる言葉なのだとか。

味噌汁がなぜ「おみおつけ」と呼ばれることになったのか、おみおつけの語源や歴史、味噌汁との違いなど、おみおつけにまつわる話をご紹介していきたいと思います。

「御御御付け」の読みが「おみおつけ」

「御御御付け」は「おみおつけ」と読みます。これは、先ほども書いた通り、室町時代の女房詞(女房言葉)から派生したものです。なぜ頭に「御」が3つ続くのかについては、次のような説があります。

名前の由来にはいろんな説が

女房詞に“膳の飯につけて出す汁物”と言う意味の「つけ」に、接頭語「御」をつけた「おつけ」という言葉があります。その「おつけ」をさらに丁寧にして「御御(おみ)」をつけたものが「御御御つけ」(おみおつけ)であるという説。

また、「おみ」は味噌の女房言葉であり、本来は吸い物のことであった「おつけ」に、味噌の意の「おみ」をつけて味噌汁を「おみおつけ」と呼ぶようになったという説。

ひとつの言葉の由来でも、いろんな説があるんですね。

丁寧語には「おみ」をつける

「“おみ”ことば」、というものがあります。
例えば、「足」を丁寧に表現した「御御足(おみ足)」ということば。頭に「お」だけをつけても「み」だけをつけても、意味が変わったり言いにくかったりします。「おみ」という接頭語の重ね表現だと、しっくりした言葉になりますね。

この「おみ」を頭に着けて表現する言葉に、「御御足(おみ足)」「御神酒(おみき)」「御神輿(おみこし)」「御神籤(おみくじ)」などがあります。「御神酒(おみき)」の元になる言葉も「御御酒(おみき)」で、「御御(おみ)」は丁寧語「お」と「み」を重ねてひとつの接頭語として使われたものと考えられています。

ほかにも「御御(おみ)」の語源には諸説あるようですが、正確な語源はわかっていないとされています。
1 / 3

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

ニコライ

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう