湯むきトマトのおすすめレシピ5選

1. 作り置きにおすすめ。トマトのピクルス

Photo by macaroni

調理時間:10分 ※冷まして味をなじませる時間は除く
ミニトマトで作る、ピクルスです。色とりどりなトマトを使うと、カラフルで見映えがしますね。トマトは湯むきすることで、調味料がぐっとしみ込みます。やや固めのトマトを使うのがポイント。湯むきしても形が崩れにくいですよ。付け合わせや箸休めにぴったりで、作り置きしておくのがおすすめ。

2. 和えるだけ。トマトの簡単キムチ

Photo by macaroni

調理時間:10分
和えるだけでできる、ミニトマトの簡単キムチです。湯むきトマトで作ると、しっかりと味が染みるだけでなく、食べやすくなるのもいいところ。包丁の角を使い、トマトに切れ目を入れます。韓国食材の粉唐辛子を使うと、辛味と甘味がありおいしく仕上がりますよ。簡単にできるのもうれしいですね。

3. ふわふわ卵に仕上げて。トマトの卵炒め

Photo by macaroni

調理時間:15分
中華料理の定番、トマトの卵炒めです。トマトはそのまま炒めると皮がはがれてくるため、湯むきすると見た目がきれいに仕上がりますよ。水分の多いトマトは卵と分けて炒め、あとから一緒に合わせてくださいね。トマトは炒めると甘味が引き立ち、ふわふわな卵とよく合いますよ。

4. いそがしい朝に。トマトとレタスの卵スープ

Photo by macaroni

調理時間:10分
ぱぱっと作れる、トマトとレタスの卵スープです。トマトをそのままカットしてスープに入れると、皮だけ浮いてくることがありませんか。スープに使う場合は、湯むきトマトで作るのがおすすめ。ひと手間で、舌ざわりがぐっとよくなりますよ。このレシピはあっさり仕立てで、朝食にぴったりです。

5. つるつるっと食べやすい!ツナトマトうどん

Photo by macaroni

調理時間:10分
つるつるっとした食感がおいしい、ツナトマトうどんです。湯むきトマトを使うのが、このレシピのポイント。ツナの旨味や調味料がよく絡み、口当たりがアップしますよ。冷凍うどんを使えば、ゆでる手間がかからず、レンチンでOK。ツナのコクがたっぷりで、トマトの酸味でさっぱりと食べられます。

味がよく絡む♪ トマトの湯むきをマスターしよう

トマトを湯むきすると、口当たりがよくなるだけでなく見映えもアップ。調味料の味も絡みやすくなります。皮付きのままでも食べられますが、マリネや漬け物などの生で食べる料理のほか、炒めたり煮たりといった加熱料理は、皮を取るのがおすすめ。皮だけ口の中に残ることがありません。

湯むきする方法はとても簡単。ひと手間かけていつものトマト料理を、おいしく仕上げてくださいね。

編集部のおすすめ