ライター : usagime

ローフードマイスター・野菜ソムリエ・オーガニックコンシェルジュ

通関士として商社勤務後、美容師・ローフード認定校講師として働きながら、天然酵母パンとスイーツを製造販売しています。不調や不安をやわらげる、心と体にやさしいものを追求中。趣味…もっとみる

レッドアイとは?

レッドアイとは、ビールベースのカクテルで、ビールをトマトジュースで割ったものです。居酒屋のドリンクメニューでよく目にしますが、そもそも、名前の由来は何なのでしょうか?

レッドアイの由来

名前の由来は諸説ありますが、二日酔いで目がうさぎのように真っ赤になっている様子を描写し、レッドアイは翌朝の迎え酒だったという説が一般的です。

また、トム・クルーズ主演の映画「カクテル」のなかで、ビールをトマトジュースで割り生卵とスパイスを落として飲むシーンがあり、それが真っ赤な液体に浮いた黄身が目のように見えたことから命名されたという説もあります。

アルコール度数とカロリー

ウォッカやジンなど比較的強いお酒をベースにするため、アルコール度数は高いことが多い、カクテル。レッドアイは、ビールをベースにしているため、アルコール度数は2~4度程度と、ほかのカクテルに比べてとても低いのが特徴です。ウォッカベースのカクテルはアルコール度数が10度前後なので、かなり差があることが分かります。

また、レッドアイはトマトジュースのカロリーが非常に低いため、1杯あたり約53kcalです。ほかのお酒と比べ、カロリーの心配をする必要は少ないかもしれませんね。(※1)

レッドアイの作り方

材料(1人分)

・トマトジュース……100cc
・ビール……100cc

おいしく作るためのコツ・ポイント

おいしく作るコツは、材料とグラスをしっかり冷やしておくこと。レッドアイの美しい赤色が見える透明なグラスがあったらベストです。

ビールとトマトジュースの割合は、1:1が一般的ですが、お好みで変えてもOK。トマト感を前面に出したい場合は、トマトジュースの分量をビールに対して多めに設定するといいですよ。ビールが好きな人やビールをしっかり味わいたい場合は、ビールを多めに入れるとGOOD。

編集部のおすすめ