辛いだけじゃなかった!実は体に良いハバネロの魅力まるわかり◎

激辛として知られている唐辛子の一種、ハバネロ。最近までは世界一辛い唐辛子とされていました。ただ辛いだけと思われがちなこのハバネロですが、実はさまざまな嬉しい効果があったのです。今回は、そんなハバネロの知られざる効果とおすすめレシピをご紹介!

ハバネロとは

ハバネロとは、実の大きさが2~6cmほどの唐辛子の一種です。かつては世界で一番辛い唐辛子として辛党の人々には欠かせないものとされていましたが、さらに上をいく「ジョロキア」や「ペッパー・X」などの品種が登場しています。

とはいえ、わたしたちが普段食卓やレストランで口にする唐辛子と比べると、はるかに辛いハバネロ。ただ辛いだけと思われがちですが、実は意外な健康効果があったのです。

ハバネロの特徴

ハバネロはメキシコのユカタン半島発祥とされていますが、ブラジルやアメリカ、コスタリカなどの南米地域でも栽培が可能なうえ、日本でも少し栽培されています。通常の細長い唐辛子と比べると丸みがあり、辛みもさることながら、フルーティーな香りが特徴です。

夏が収穫時期とされており、収穫の目安としては花が咲いてから2週間以上経ったものが旨みが詰まっているのだとか。

一般的な唐辛子と比べると流通量も少ないことから、値段は少々高めの30gで300円ほど。しかし、主に香辛料などのスパイスとして少量使用されることが多いため、さほど不便さは感じないのかもしれませんね。

ほかの唐辛子と比べてどれくらい辛い?

唐辛子の辛さを示す数値に、「スコヴィル値」というものがあります。このスコヴィル値でハバネロの辛さを表すと、10万~35万スコヴィルに値するのだとか。国産の唐辛子が4万~5万スコヴィルということを考えると、いかにハバネロが辛いかが分かりますよね。

最近までは世界一辛い唐辛子としてギネス記録にもなっていたハバネロですが、2006年以降次々とハバネロを上回る唐辛子が出回っており、このスコヴィル値が今後どこまで上昇していくのか少し楽しみですね。

ハバネロの効果・効能

食欲増進

食欲の落ちがちな夏に辛い物を食べてスタミナをつけるというのはよくあることですが、これにはきちんと理由があるのです。ハバネロの場合、辛み成分であるカプサイシンが口や胃を刺激し、唾液の分泌を促すことで食欲をアップさせる効果があるといわれています。(※1)

食欲がなくなるとアイスや麺類などのさっぱりしたものを好んでしまいがちですが、そんなときこそ辛いものを食べてエネルギッシュに過ごしたいですよね。

代謝を高める

辛い物を食べると汗が出てきますよね。これは辛み成分であるカプサイシンが大きく関わっており、カプサイシンが体内に吸収されると、神経を通して副腎から興奮物質とされているアドレナリンが分泌し、脂肪の代謝を促進させます。(※2)

一時期カプサイシンダイエットが流行したのも、こういった体の仕組みがあるからなのですね。

注意点もある!ハバネロの副作用は?

粘膜を痛める

ハバネロに多く含まれている辛み成分カプサイシンは、触れた部分に刺激を与えてしまうため、自宅のプランターで育てる場合や料理をする場合は気をつけてください。目や鼻の粘膜にカプサイシンが触れると、涙や鼻水が止まらなくなることもあります。(※2)

過剰摂取による胃腸炎

カプサイシンは適量を食べている分には問題ありませんが、過剰に摂取すると胃腸の粘膜を刺激し炎症をおこしてしまったり、胃食道逆流症などの症状が見られる恐れがあります。(※2)

ドイツ連邦リスク評価研究所では、カプサイシンは無害であるとされる限度が体重1kgあたり8.3mgとされています(※2)が、これはあくまで目安。量に注意して、適度に摂取するようにしましょう。

ハバネロの食べ方

気になるハバネロの食べ方ですが、チリソースに使用されることが多く、そのほかには本場ではピクルスサルサソースとしても使われています。

多くは香辛料や料理のスパイスとして少量使用する程度ですが、「それでは物足りない!」という辛党さんはスープ煮込み料理に使用すれば、よりスパイシーさを感じられるのでおすすめです。

その際、一度に大量のハバネロを入れると場合によっては辛すぎて食べられないこともありますので、調理しながら少しずつ加えていくと良いでしょう。

ハバネロを使った人気レシピ3選

特集

SPECIAL CONTENTS