ワインでダイエット!? 気になるカロリーとあなたに合った選び方

ワインでダイエットができるって本当でしょうか?カロリーや糖質を確認して、普段の食事量と照らし合わせ、体質や体型に合わせて赤か白を選ぶことがポイントです。ワインダイエットの効果、選び方、やり方、注意点をまとめましたのでぜひ試してみてください。

2018年10月4日 更新

ワインダイエットとは?

料理に合わせて赤を選んでみたり、白をチョイスしてみたり、料理とのマリアージュを楽しむ代表的なお酒といえば、ワインです。やさしい口当たりと爽やかな風味はあまり人を選ばないので、お酒は基本的に苦手だけどワインならおいしく飲める、という人も少なくないと思います。

じつはワインってダイエットにも良いと聞いたら、みなさんはどう思いますか?ワインはポリフェノールだけでなく、ダイエットに効果的な成分をたくさん含んでいるんですよ。しかも、赤ワインと白ワインはそれぞれ異なる成分を持っていますから、体質や体型によって飲み分ければ、より効果を実感しやすいといえるんです。

これまで何気なくワインを飲んでいた人は、ぜひワインダイエットのやり方を理解して、楽しみながら減量に役立ててみてくださいね。

気になるワインのカロリー

まずは、ワインのカロリーを確認しましょう。100mlあたり73キロカロリーあります。これは、赤も白も同じカロリーです。ほかのお酒と比べると、ビール(淡色)は同量で40キロカロリー、日本酒は約100キロカロリーあります。ワインは、ビールと比べて2倍弱カロリーがあるんですね。

ワイン1杯あたり125mlとして計算すると、91キロカロリーになります。もちろん銘柄によって多少異なり、度数が高くなるとカロリーも高くなりますよ。

ちなみに、ロゼやスイートワインになると甘く作られているため、ロゼは100mlあたり77キロカロリー、スイートワインは同量で133キロカロリーあります。

糖質

ダイエットをするなら、糖質もチェックしておきたいところ。白ワインは2グラム、赤ワインは1.5グラム、ロゼは4グラム、スイートワインは13.4グラム含まれています。

上記で挙げたお酒の中で、カロリーに関してビールが一番低い数字でしたが、糖質は赤や白ワインより高く3.1グラムあります。また、お米が原料である日本酒は、純米酒・吟醸酒で3.6グラム、純米吟醸酒で4.1グラム、本醸造酒で4.5グラム含まれています。

ワインダイエットに効くのは赤?白?

カロリーや糖質もおさえた上で、では、どのようにワインでダイエットをするのでしょうか。

まず、ワインダイエットに効くのは赤ワインか白ワインか……じつはどちらも別の理由で効果があるといえます。脂肪太りの人は赤ワインを、むくみ太りの人は白ワインを、というのが正解です。その理由を以下にまとめました。
1 / 3
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

tep

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう