脂肪太りなら赤白どっち?「ワインダイエット」で楽しくやせよう

お酒好きに朗報!「ワインダイエット」は体質や体型に合わせて赤か白を選び、1日1〜2杯をおいしく飲むだけで気軽にやせる夢のような減量法です。ワインダイエットの効果、選び方、やり方、注意点をまとめましたので、ぜひ試してみてください!

ワインダイエットとは?

料理に合わせて赤を選んでみたり、白をチョイスしてみたり、料理とのマリアージュを楽しむ代表的なお酒といえば、ワインです。やさしい口当たりと爽やかな風味はあまり人を選ばないので、お酒は基本的に苦手だけどワインならおいしく飲める、という人も少なくないと思います。

ワインの健康・美容効果というと、まずまっさきに思い浮かぶのはポリフェノールかもしれません。赤ワインに多く含まれている成分で、アンチエイジングに役立つことでよく知られています。

ところで、じつはワインってダイエットにも良いと聞いたら、みなさんはどう思いますか?ワインはポリフェノールだけでなく、ダイエットに効果的な成分をたくさん含んでいるんですよ。しかも、赤ワインと白ワインはそれぞれ異なる成分を持っていますから、体質や体型によって飲み分ければ、より効果を実感しやすいといえるんです。

これまで何気なくワインを飲んでいた人は、ぜひワインダイエットのやり方を理解して、楽しみながら減量に役立ててみてくださいね。

ワインダイエットに効くのは赤?白?

ワインダイエットに効くのは赤ワインか白ワインか……じつはどちらも別の理由で効果があるといえます。脂肪太りの人は赤ワインを、むくみ太りの人は白ワインを、というのが正解です。その理由を以下にまとめました。

ワインダイエットの効果

赤ワインの効果

赤ワインに豊富なポリフェノールの一種ピセアタンノールという成分は、若い脂肪細胞が生まれるのを遅らせたり、脂肪細胞の成長を防いだりする効果が期待できます。また、インスリンというホルモンに作用して、脂肪細胞を作り出す細胞の活性化を阻止する働きが注目されていて、肥満をコントロールできるかもしれない、というんです。実際、パデュー大学食品科学科助教授のキー・ホン・キムさんは、この研究結果を学術誌に発表しています。

また、冒頭で述べたポリフェノールには、脂質の吸収を抑える効果が見込めます。一般的に赤ワインは脂質の多い肉料理に合う、といわれていますが、これは栄養面から見ても理にかなっているといえるんですね。

これらの作用を見るかぎり、脂肪太りの人にはぜひ赤ワインがおすすめなんです。

白ワインの効果

赤ワインと比べて、白ワインの特徴はデトックス作用が強いことです。カリウムという体内の水分代謝を整える成分が豊富なので、余計な水分を排出させてむくみ太りの予防・対策になります。

果実や野菜から作られる酸のことを「有機酸」と呼びますが、白ワインにはブドウ由来のリンゴ酸や酒石酸などが含まれています。有機酸は腸内の善玉菌を残したまま、悪玉菌を減らす効果があるといわれ、腸内環境を健やかに整えてくれるんです。腸内環境が悪ければ老廃物が溜まり、体のむくみの原因になります。

体のむくみや便秘に悩んでいる人は、白ワインのデトックス作用を上手く活かしてみましょう。

ワインダイエットのやり方

飲む量

いうまでもありませんが、ワインはお酒ですから、飲みすぎはNG。たくさん飲めば健康を損なう可能性もあります。1日にワイングラス1〜2杯程度の適量を守りましょう。また、休肝日も必ずもうけるようにしてください。

飲み方

飲む量だけでなく、飲み方もダイエットを成功させるコツ。ワインはビールやチューハイなどのように一気に飲むお酒ではなく、おつまみなどと一緒にゆっくりと味わいます。時間をかけて飲むことで、脳の満腹中枢が刺激されるため、早食いや食べ過ぎを防止。食事量が自然と減りますから、摂取カロリーも低く抑えられるんですよ。

ワインダイエットの注意点

繰り返しになりますが、ダイエット効果を期待するあまり、飲みすぎてしまうのは厳禁。内臓に負担をかけて、健康害になる可能性があります。赤白を問わず、1日1〜2杯を目安にすること、休肝日を作ること、このことを徹底してくださいね。また、お酒が飲めない体質なのに、無理して飲むことも控えましょう。

ヨーグルトワインダイエットとは?

ダイエット効果が期待されているワインと、便秘対策に役立つヨーグルトを合わせた「ヨーグルトワインダイエット」を試している人も多いようです。ヨーグルト100gと、大さじ2杯の赤ワインをまぜたものを、夕食前に摂ったり、夜食として摂ったりするだけ。それだけで腸の調子を整える作用がのぞめます。使用する赤ワインの量が少ないので、お酒があまり飲めない人にもおすすめの方法です。

お酒好きの人にぜひおすすめ!

特集

SPECIAL CONTENTS