ワインでダイエット!? 気になるカロリーとあなたに合った選び方

ワインでダイエットができるって本当でしょうか?カロリーや糖質を確認して、普段の食事量と照らし合わせ、体質や体型に合わせて赤か白を選ぶことがポイントです。ワインダイエットの効果、選び方、やり方、注意点をまとめましたのでぜひ試してみてください。

ワインダイエットとは?

料理に合わせて赤を選んでみたり、白をチョイスしてみたり、料理とのマリアージュを楽しむ代表的なお酒といえば、ワインです。やさしい口当たりと爽やかな風味はあまり人を選ばないので、お酒は基本的に苦手だけどワインならおいしく飲める、という人も少なくないと思います。

じつはワインってダイエットにも良いと聞いたら、みなさんはどう思いますか?ワインはポリフェノールだけでなく、ダイエットに効果的な成分をたくさん含んでいるんですよ。しかも、赤ワインと白ワインはそれぞれ異なる成分を持っていますから、体質や体型によって飲み分ければ、より効果を実感しやすいといえるんです。

これまで何気なくワインを飲んでいた人は、ぜひワインダイエットのやり方を理解して、楽しみながら減量に役立ててみてくださいね。

気になるワインのカロリー

まずは、ワインのカロリーを確認しましょう。100mlあたり73キロカロリーあります。これは、赤も白も同じカロリーです。ほかのお酒と比べると、ビール(淡色)は同量で40キロカロリー、日本酒は約100キロカロリーあります。ワインは、ビールと比べて2倍弱カロリーがあるんですね。

ワイン1杯あたり125mlとして計算すると、91キロカロリーになります。もちろん銘柄によって多少異なり、度数が高くなるとカロリーも高くなりますよ。

ちなみに、ロゼやスイートワインになると甘く作られているため、ロゼは100mlあたり77キロカロリー、スイートワインは同量で133キロカロリーあります。

糖質

ダイエットをするなら、糖質もチェックしておきたいところ。白ワインは2グラム、赤ワインは1.5グラム、ロゼは4グラム、スイートワインは13.4グラム含まれています。

上記で挙げたお酒の中で、カロリーに関してビールが一番低い数字でしたが、糖質は赤や白ワインより高く3.1グラムあります。また、お米が原料である日本酒は、純米酒・吟醸酒で3.6グラム、純米吟醸酒で4.1グラム、本醸造酒で4.5グラム含まれています。

ワインダイエットに効くのは赤?白?

カロリーや糖質もおさえた上で、では、どのようにワインでダイエットをするのでしょうか。

まず、ワインダイエットに効くのは赤ワインか白ワインか……じつはどちらも別の理由で効果があるといえます。脂肪太りの人は赤ワインを、むくみ太りの人は白ワインを、というのが正解です。その理由を以下にまとめました。

ワインダイエットの効果

赤ワインの効果

ワインの健康・美容効果というと、まずまっさきに思い浮かぶのはポリフェノールかもしれません。赤ワインに多く含まれている成分で、アンチエイジングに役立つことでよく知られています。
そのポリフェノールの一種ピセアタンノールという成分は、若い脂肪細胞が生まれるのを遅らせたり、脂肪細胞の成長を防いだりする効果が期待できます。また、インスリンというホルモンに作用して、脂肪細胞を作り出す細胞の活性化を阻止する働きが注目されていて、肥満をコントロールできるかもしれない、というんです。実際、パデュー大学食品科学科助教授のキー・ホン・キムさんは、この研究結果を学術誌に発表しています。

また、冒頭で述べたポリフェノールには、脂質の吸収を抑える効果が見込めます。一般的に赤ワインは脂質の多い肉料理に合う、といわれていますが、これは栄養面から見ても理にかなっているといえるんですね。

これらの作用を見るかぎり、脂肪太りの人にはぜひ赤ワインがおすすめなんです。

白ワインの効果

赤ワインと比べて、白ワインの特徴はデトックス作用が強いことです。カリウムという体内の水分代謝を整える成分が豊富なので、余計な水分を排出させてむくみ太りの予防・対策になります。

果実や野菜から作られる酸のことを「有機酸」と呼びますが、白ワインにはブドウ由来のリンゴ酸や酒石酸などが含まれています。有機酸は腸内の善玉菌を残したまま、悪玉菌を減らす効果があるといわれ、腸内環境を健やかに整えてくれるんです。腸内環境が悪ければ老廃物が溜まり、体のむくみの原因になります。

体のむくみや便秘に悩んでいる人は、白ワインのデトックス作用を上手く活かしてみましょう。

ワインダイエットのやり方

飲む量

いうまでもありませんが、ワインはお酒ですから、飲みすぎはNG。たくさん飲めば健康を損なう可能性もあります。1日にワイングラス1〜2杯程度の適量を守りましょう。また、休肝日も必ずもうけるようにしてください。

飲み方

飲む量だけでなく、飲み方もダイエットを成功させるコツ。ワインはビールやチューハイなどのように一気に飲むお酒ではなく、おつまみなどと一緒にゆっくりと味わいます。時間をかけて飲むことで、脳の満腹中枢が刺激されるため、早食いや食べ過ぎを防止。食事量が自然と減りますから、摂取カロリーも低く抑えられるんですよ。

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

tep

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう