フライパンでさらに簡単!ぎゅうぎゅう焼きの基本レシピと作り方のポイントをおさらい

ツイッターでの投稿が話題を呼び、今ではSNSで多くの写真がシェアされ続けている「村井さんちのぎゅうぎゅう焼き」をご存知でしょうか?フライパンでも簡単にできるぎゅうぎゅう焼きの基本のレシピとアレンジを紹介します。

2019年2月26日 更新

ライター : brokiga

海と森に囲まれた西スウェーデンの街に住んでいます。お庭や近くの森、海でとれる食材を使った料理に夢中です。

話題の村井さんちのぎゅうぎゅう焼き

ツイッターでの投稿が話題を呼び、今ではFacebookやインスタグラムでも多くの写真がシェアされ続けている「村井さんちのぎゅうぎゅう焼き」をご存知でしょうか?オーブンのバットいっぱいにお肉やお野菜など色鮮やかな具材がゴロゴロと並ぶこのお料理。「好きなお野菜をバットに敷き詰めてオリーブオイル、塩、ハーブなどで味付けしてオーブンで焼くだけ」と簡単なのに華やか。そのままサーブすることもできるので洗い物も少ない上に、素材の味を活かしたヘルシーさも魅力です。

SNSで人気に火がつき料理本も出版

元々は滋賀県大津市に住む翻訳家の村井理子さんがツイッターに料理写真を投稿したことからSNSで一気に拡散し、レシピ本も発売されるまでになった「村井さんちのぎゅうぎゅう焼き」。コメントは「今日の晩ご飯」というだけの軽い気持ちの投稿だったそうですが、インパクトたっぷりのお料理に、リツイートやシェアの数がどんどんと増えていきました。
「村井さんちのぎゅうぎゅう焼き」のレシピ本はこちらから購入できます。

冷蔵庫の余った食材を敷き詰めるだけ

SNSで人気になった秘密としては、大きく切った様々な具材がバランスよく並べられ、見た目にインパクトがあること、冷蔵庫の中にある野菜やお肉、パンまで、カットして並べて焼くだけと簡単にできることなどが考えられます。珍しい材料を揃えなくてもすぐできるから作ってみたくなりますし、華やかにできあがったら写真を撮ってシェアしたくなりますよね。

ぎゅうぎゅう焼きの基本のレシピ

材料

鶏むね肉、キャベツ、エリンギ、シイタケ、人参、ピーマン、じゃがいも、ミニトマト、塩、粗挽き胡椒、オリーブオイル

作り方

鶏肉は一口大に切り塩で下味を付け、じゃがいもも一口大に切って茹でておきます。野菜は適当な大きさに切りクッキングシートを敷いた天板にランダムに盛り付けます。茹で上がったじゃがいもと 鶏肉も乗せ粗挽き胡椒、オリーブオイルをかけ、予熱したオーブンで180度、40分焼きます。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS