ライター : ☆ゴン

カフェやレストランなど外食関連の紹介記事を中心に、豆知識やおいしい料理のレシピなど、皆さまのお役に立つ情報を発信したいと思います。

【主食】冷やごはんの人気アレンジレシピ11選

1. リメイク料理の定番。冷やごはんで作るチャーハン

残っている冷やごはんを料理に使用するとき、もっともよく作られるのがチャーハンではないでしょうか。冷やごはんリメイクの定番ともいえるメニューで、失敗が少なく、おいしくできる料理のうちのひとつ。冷蔵庫に入っていた冷たいごはんは、レンジで少し温めておくことをおすすめします。

2. 表面をカリッと。しょうゆが香ばしい焼きおにぎり

Photo by macaroni

残って時間がたったごはんや冷たくなったごはんに、炊き立てごはんのような風味や食感は望めません。そんな場合は、しょうゆの焦げた香ばしさが際立つ焼きおにぎりにすることで、おいしく食べられます。冷やごはんを少しレンジで温めてあげると、ごはんがほぐれるため握りやすいです。

3. 冷やごはんで簡単にできる。おこげの鶏だし茶漬け

Photo by macaroni

冷やごはんをレンジで温めて、お茶漬けにしてもあまりおいしくありません。なぜなら、ごはん本来の風味が飛んでしまっているからです。冷やごはんを調理する際のポイントは、しっかり加熱・調味すること。レシピのようにフライパンで焼いておこげにして、鶏のつゆをかけることで風味よくいただけます。

4. 野菜がたっぷり。牛こま肉入りのライスバーガー

ハンバーガーの具を挟む丸いパン、バンズをごはんで代用するレシピ。いまでは大手ハンバーガーチェーンのメニューにもある、ライスバーガーとしてよく知られています。もちろん、炊き立てではなく、冷やごはんでOK!レシピでは野菜と牛肉を挟みますが、ハムや卵など、お好みの具でかまいません。

5. 冷やごはんを炒めて作る。カニかま入りの天津飯

ごはんにカニ玉をのせる天津飯の作り方で、そのままの冷やごはんでは当然ながらおいしくありません。レシピではごはんを炒めて、軽い味付けのチャーハンにします。チャーハンに卵をのせる天津飯は、お店でもよくあるメニュー。炒めたごはんの香ばしさにとろりとした卵、甘酢あんがベストマッチです。

6. 米でなくごはんで。濃厚なカルボナーラ風リゾット

Photo by macaroni

イタリア発祥のリゾットは本来、生米にスープを加えながら煮て、アルデンテに仕上げる料理です。それを炊いたごはんで作ると時短になるうえ、味わいが濃厚なので冷やごはんでも問題ありません。ベーコンや玉ねぎを具に粉チーズと卵を加える、カルボナーラ風のリッチな味わいを楽しめます。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ