ライター : 白井シェル

フリーライター

お家で過ごすことが大好きなフリーライターです。料理やインテリア、生活雑貨など暮らしに関するジャンルが得意です。

冷ごはんをフル活用!

ぴったりとなくなるようにごはんを炊ければいいのですが、その日の気分やおかずによって食べる量が異なるので、ごはんが余ってしまう……。家族が増えればなおのこと、気が付いたら冷凍庫が残りごはんで占領されている、なんてことありませんか?

そんなときには、冷ごはんを使ったアレンジレシピでおいしく余ったごはんを消費しちゃいましょう。とっても早く簡単にできるレシピもあるので、この機会に作ってみてください。

冷ごはんリゾット

Photo by chiroramu

味気ない白い冷ごはんが、ちょっと手を加えるだけでおしゃれなメニューに早変わり!お好みでドライトマトやパプリカ、きのこ類などを入れてもよりおいしいリゾットになりますよ。冷蔵庫の残り野菜と合わせて簡単に手早く作ることができるので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

材料

Photo by chiroramu

・冷ごはん……1合半分
・牛乳(豆乳)……400ml
・玉ねぎ……1/2個
・にんじん……1/4本
・ハム……2枚
・バター(油)……10g
・チーズ……50g
・コンソメ……2個
・ブラックペッパー……適量
・バジル……適量

作り方

1. 玉ねぎ、にんじん、ハムをすべてみじん切りにし、バターを溶かしフライパンでしんなりとするまで炒めます。にんじんが1番かたいので、にんじんがやわらかくなるのを目安にするといいですよ。

2. 野菜がやわらかくなったら、冷ごはん・牛乳・チーズ・コンソメを入れます。冷ごはんが凍っているものの場合は事前に解凍しておいてください。

3. 水分が少なくなり、ポテッとした感じになればOKです。器に盛りブラックペッパーとバジルをお好みで振りかけて完成です。

冷やごはんをもっとアレンジ7選

1. 5分で作れるイタリアン

ごはんにケチャップをまぜて丸めてチーズをのせてオーブンへ!こちらはとっても簡単なステップで、手軽にイタリアンの気分を味わうことができるライスボールのレシピです。丸くにぎることで、食べやすく見た目もかわいらしい料理になっていますね。シーチキンや焼き鳥缶なんかを一緒に混ぜても手軽に作れておいしくいただけそうです。

2. “ゼラチン”でパラパラチャーハン

こちらは冷ごはんで作ることのできるチャーハンのレシピです。実はこのチャーハン、通常チャーハンの作り方とは少々異なり、パラッとさせるために “ゼラチン” をふり混ぜているんです。お米がひと粒ずつゼラチンでコーティングされることにより、パラッとした仕上がりのチャーハンになるようですね。なんとも意外なアイデアです。ぜひ試してみたいですね。

編集部のおすすめ