徹底解説!甘いカクテル「アイリッシュコーヒー」の正しい飲み方

甘くてほろ苦いアイリッシュコーヒー。今回は基本の作り方から正しい飲み方、アレンジレシピまで、アイリッシュコーヒーについて丸ごとご紹介!名前は聞いたことがあるけど、詳しく知らない人はきっと多いのでは。東京で飲めるおすすめ店もご紹介します。

2017年11月13日 更新

どんな味なの?

アイリッシュコーヒーのベースは熱いコーヒーとウィスキー。そこに砂糖と生クリームが入ります。コーヒーの苦みとウイスキーの芳醇な香り、そして砂糖の甘みがマッチします。飲みやすいのが特徴のカクテルです。

アイリッシュコーヒーの正しい飲み方

ホットの場合の飲み方

アイリッシュコーヒーには正しい飲み方というものがあるのです。アイリッシュコーヒーの上には生クリーム、またはホイップしたクリームが浮かんでいますが、このクリームとコーヒーは混ぜずに飲むのが正しい飲み方だそうですよ。

まず冷たいクリームに口をつけた後に入ってくるコーヒーの熱さと苦み、砂糖の甘み、そしてウイスキーの香りを楽しむのが正しい作法と言われています。

また、アイリッシュコーヒーを頼むと、バーテンダーが火を点けてくれることがありますが、これにもパフォーマンス以外の理由が。実は、火を点けることでウイスキーのアルコールが少し飛び、口当たりがまろやかになると共に、コーヒーが冷めにくくなるのです。アルコールが飛ぶということは度数も少し減るので、お酒が苦手な人でも楽しめるカクテルになります。

アイスの場合の飲み方

アイリッシュコーヒーという冷たいカクテルが存在するのをご存知ですか?こちらもホットと同じく、まずは混ぜずに飲んでみて、クリーム、コーヒー、ウイスキーが口の中で交わる様子を味わってみてください。アイスアイリッシュコーヒーも、火を点けてもらうと、更に飲みやすくなりますよ。

アイリッシュコーヒーの美味しい作り方

アイリッシュコーヒーの美味しい作り方

Photo by https://cookpad.com/recipe/3107298

アイリッシュコーヒーは、他のカクテルと比べて作るのが難しいのですが、家でも挑戦してみたいですよね。そこで、家で作るアイリッシュコーヒーのレシピをご紹介します。

用意するのは一杯のホットコーヒーと、砂糖とウイスキー、そして生クリーム。本格的なアイリッシュコーヒーに近づけるには、砂糖はブラウンシュガーを、ウイスキーはアイルランドのものを使うのがおすすめです。

はじめに、温かいコーヒーに砂糖を入れてサッと溶かします。次に濃厚なコーヒーシロップを作ったら、耐熱グラスにコーヒーとウイスキーを注ぎ、その後、生クリームをそっと注いで完成です。作る前にグラスにお湯を入れて温めておくと、さらに温かいアイリッシュコーヒーを楽しめます。

アイスのアイリッシュコーヒーも、使う材料はホットと変わりませんが、コーヒーを水出しコーヒーにして、混ぜる砂糖はシュガーシロップなどを使うと、コーヒーによく混ざりますよ。
2 / 6
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

ニコライ

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう