コーラ

ペットボトル飲料といえば、コーラも人気の高い飲み物のひとつですよね。実は、コーラには紅茶と同じくらいのカフェインが含まれているとされています。暑い時期や運動後は炭酸飲料を飲みたくなりますが、カフェイン量を意識して飲む量を考えましょう。(※1)

ココア

最後に、ココアのカフェイン量です。甘くてやさしい味わいのココアにもまた、紅茶やコーラと同じくらいのカフェインが含まれています。世代を問わず味わいやすい飲み物ですが、やはり多量に飲むことは避けたほうがよさそうですね。(※1)

一日に摂取していいカフェインの量

コーヒーだけでなく、身の回りのさまざまな飲み物に含まれているカフェイン。習慣的に摂取しているという人も少なくないと思います。そこで、一日に摂っていいカフェイン量を調べてみました。

一日のカフェイン摂取量

成人を迎えた健康な大人の場合、カナダや米国、欧州では一日に400mgまでならカフェインを摂取しても問題ないとされています。このカフェイン量は、コーヒー約一日4杯ほどになります。しかし一般的な安全性の研究では、300mgが推奨されています。具体的な数字に直してみると、生活習慣を見直しやすいですね。(※2)

妊娠中のカフェイン摂取量

妊婦さんや授乳中の方の場合は、一日の摂取量が変わってきます。胎児や母乳を飲む赤ちゃんに影響がないとされている量は、一日あたり200mg以下。コーヒーに換算すると、2杯ほどです。(※2) 最近ではカフェインレスやデカフェのドリンクが多く販売されているので、そちらを試してみるのもいいかもしれませんね。
上の情報は、どちらもヨーロッパで公表されているものです。害がないとされるカフェインの摂取量は個人差が大きく、日本では未だ設定されていません。上記はあくまでも参考とし、ご自身の体調に合わせて控え目に摂取することをおすすめします。

コーヒー(カフェイン)のメリット

※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ