ライター : motte

都内に住む主婦です。1歳&4歳の娘と、日々育児という名の格闘中です♡好きなことはおいしいものを食べること、食品サンプルを眺めること、旅行、編みもの。英語とフランス語が大好きです…もっとみる

コーヒードリッパーは種類が豊富!

コーヒードリッパーとは

おいしいコーヒーを淹れるときに欠かせないコーヒードリッパー。みなさんよくご存じのとおり、コーヒーを抽出するときに使うあの器具のことです。基本的にはドリッパーの中にコーヒーの粉を入れ、その上からお湯を注いでコーヒーを作ります。ツウによると、このドリッパーによってもコーヒーの味が左右されるのだそうですよ。

メーカーもさまざま

カリタやメリタなどの有名コーヒー専門メーカーはもちろんのこと、最近ではいろいろなメーカーでコーヒードリッパーが扱われています。コーヒーが好きな方は、ハリオやコーノなども名前を聞いたことがあるのではないでしょうか。最近では家具メーカーや雑貨メーカーからもドリッパーが販売されており、選択肢が豊富になってきています。

コーヒードリッパーの注目ポイント4選

材質

材質は大きく分けて4つ。初心者向けのプラスティック、保温性の高いホーロー、デザイン性重視のガラス、そして上級者向けの金属です。コーヒーを淹れるのが初めての方は、軽くて扱いやすいプラスティックのものがよいでしょう。少し慣れてきたら、ほかの材質のものにチャレンジするのもおすすめです。

ドリッパーの形

ドリッパーの形は大きく分けて「台形」と「円錐形」の2つがあります。ペーパーフィルターを使う場合には、ドリッパーの形に合わせて使います。ドリッパーの形が違うと変わってくるのは、お湯の流れ。台形は広範囲にコーヒーが抽出されるのに対し、円錐形はななめに一直線にお湯が落ちていきます。これによってコーヒーの味も変わってくるのだそう。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ