今すぐ使いたいおすすめコーヒードリッパー7選!もう選び方に迷わない

コーヒー好きさんがぜひこだわりたいアイテムのひとつといえば、コーヒードリッパー。でも、ドリッパーってどう選べばいいか迷いますよね。今回はそんなあなたのために、コーヒードリッパーの選び方をご紹介しちゃいます。さっそくチェックしてくださいね。

コーヒードリッパーは種類が豊富!

コーヒードリッパーとは

おいしいコーヒーを淹れるときに欠かせないコーヒードリッパー。みなさんよくご存じのとおり、コーヒーを抽出するときに使うあの器具のことです。基本的にはドリッパーの中にコーヒーの粉を入れ、その上からお湯を注いでコーヒーを作ります。ツウによると、このドリッパーによってもコーヒーの味が左右されるのだそうですよ。

メーカーもさまざま

カリタやメリタなどの有名コーヒー専門メーカーはもちろんのこと、最近ではいろいろなメーカーでコーヒードリッパーが扱われています。コーヒーが好きな方は、ハリオやコーノなども名前を聞いたことがあるのではないでしょうか。最近では家具メーカーや雑貨メーカーからもドリッパーが販売されており、選択肢が豊富になってきています。

コーヒードリッパーの注目ポイント4選

材質

材質は大きく分けて4つ。初心者向けのプラスティック、保温性の高いホーロー、デザイン性重視のガラス、そして上級者向けの金属です。コーヒーを淹れるのが初めての方は、軽くて扱いやすいプラスティックのものがよいでしょう。少し慣れてきたら、ほかの材質のものにチャレンジするのもおすすめです。

ドリッパーの形

ドリッパーの形は大きく分けて「台形」と「円錐形」の2つがあります。ペーパーフィルターを使う場合には、ドリッパーの形に合わせて使います。ドリッパーの形が違うと変わってくるのは、お湯の流れ。台形は広範囲にコーヒーが抽出されるのに対し、円錐形はななめに一直線にお湯が落ちていきます。これによってコーヒーの味も変わってくるのだそう。

穴の数と大きさ

穴の数は、1つのものと3つのものが多いそうです。わずかな違いに見えますが、実はこの穴の数がコーヒーの味に大きく影響するのです。穴が1つのものはお湯がゆっくり入るので濃い目のコーヒーになりますが、対して穴が3つのものは薄めのコーヒーに。同じひとつ穴のものでも、穴が小さいものはより濃い目のコーヒーが淹れられます。

リブの形状

リブとは、ドリッパーの内側にある溝のこと。このリブの役割は、お湯の流れを調節することです。リブの形状はメーカーによってそれぞれ違い、穴に対して直線が描かれているものもあれば、渦を描いたような曲線で溝がついているものもあります。ぜひ飲み比べをしてみて、お好みのリブを見つけてみてください。

コーヒードリッパーの選び方

値段もさまざま

コーヒードリッパーのお値段の相場は、およそ2,000円前後と言われています。こだわると、ものによっては10,000円を超えるものもあるのだそうです。まさに上級者向けですね。意外とお手軽に手に入るものもありますので、初心者さんでも手が出しやすそう。安いものなら、複数のドリッパーを試せちゃいますね。

どんなコーヒーを飲みたい?

いちばん大切なのは、どんなコーヒーを飲むかということ。それは、どんなドリッパーを使うかということにつながります。さまざまな意見がありますが、コーヒー初心者さんには穴が3つで台形のものが安定して使いやすく、また浅煎りが好きな方には円錐の形のものがおすすめという説もあります。参考にしてみてくださいね。

生活におしゃれをプラス

もちろん、コーヒードリッパーはただ単にコーヒーを淹れるためだけのものではありません。最近ではおしゃれなものも多く、インテリアとしての役割を果たすものもあるのだそうですよ。特にペーパーレスのものはフィルターを使う必要もなく、ビジュアルもスマート。デザイン性で選ぶというのもひとつのポイントですね。

特集

SPECIAL CONTENTS